本州の旅、再開。千葉県北東部へ。【日本一周223日目2018.11.06】

本州の旅、再開。千葉県北東部へ。【日本一周223日目2018.11.06】

千葉県北東部を進む。

本州の旅、再開。千葉県北東部へ。

こんにちは。内地に戻ってきたかつおです。さて、今日は小笠原諸島から戻ってきて再び本州を巡って行きます。

ルートは以下の通り。

【出発】茨城県龍ヶ崎市→①千葉県神崎町→②香取市→③東庄町→④銚子市→⑤旭市→⑥匝瑳市→⑦多古町→⑧芝山町→⑨横芝光町→⑩山武市→【到着】東金市
番号のついた10個の市町村で写真を撮りました。それでは行ってみましょう。
 

①千葉県神崎町

まず最初は茨城県の龍ヶ崎市を出発して千葉県神崎町へ。龍ヶ崎ではとあるご家庭に小笠原諸島へ行っている間バイクを置かせていただき、ホントに長期間にわたってお世話になりました。またいつか、もうひとまわりふたまわり成長して帰ってきたいです。本当にありがとうございました。

さて、神崎町では道の駅へ。

道の駅こうざき
ひと休憩しましょう。

発酵の里ということで樽が。
まだ雨は降らない。

 

②東国三社巡り、香取神宮ー香取市ー

次は香取神宮へ。息栖神社、鹿島神宮と合わせて東国三社巡りと呼ばれています。香取神宮へ行ったことで3つ全ての神社へ参拝できました。

お宮へ歩いて行く。
見えてきた。
菊であったり、色んなお花が飾られてた。
本殿にて参拝。
似てるけど、違うみたい。
品評会的なのもやってた。
きっとこだわりがある。
御神木
イチョウ

 

③東庄町

次は東庄町(とうのしょうまち)。町を歩く。

郵便局。

隙間。

千葉ってこんな感じで細くてウネウネ道が多い。

 

④犬吠埼ー銚子市ー

次は銚子市。千葉県の一番東にある町です。犬吠埼という岬へ向かいます。

線路。
銚子観光のシンボル、犬吠埼灯台。
目の前は海。

平日だから空いてたけど。
ポストも白色。

 

この辺りは三方を海に囲まれた海食台地で、断崖絶壁の下に横たわる無数の岩礁で荒波が砕けてました。さすがジオパーク。

⑤刑部岬ー旭市ー

次は旭市の刑部岬へ。ぎょうぶ、と読みます。

港の方は漁船が並ぶ。


今度は岬から。いい眺め。
平野だなぁ。
ちばてつやが育った町。

 

⑥匝瑳市

千葉県も地名が色々難しいなと思いますが、そうさと読みます。

役所へ。
タクシー。
静かな町。
匝瑳は植木産業が古くから盛んで、日本有数の栽培面積を持ってる。

 

⑦多古町

次は多古町。たこまちです。

道の駅へ。
全体的に洗練されてた。
雨がパラパラと。
コントラスト。

 

⑧はにわ博物館ー芝山町ー

次は芝山町、ここには「はにわ博物館」があるということで、行ってきました。

外にもはにわが。
お邪魔します。
展示もしっかり。
解説は漫画調にもなってた
色々な土器。

 

そもそもはにわとは死者のお墓の周囲に埋めたもので、お墓を守る役目を担っていたそう。

人型もいれば
動物型もいる。


昔の格好。
出入り口は横穴式だった。

 

芝山周辺でも土器は出土していて、当時の歴史や文化を勉強することができました。

⑨横芝光町

あともう少し。次に来たのは横芝光町(よこしばひかりまち)、長い名前だ。

役場へ。
来るとき土砂降りだった。
役場近辺に市民館や体育館や機能が集中してた。

変わった天気です。

 

⑩山武市

そして最後は山武市へ。道の駅に向かいます。

道の駅 オライ はすぬま
雨なので。


パイナップルみたい

雨粒。

途中雨に降られて、なんだか懐かしい気持ちになったのは旅の功。

コメントを書く

*

日本一周

色々な記事




最近の記事

全ての投稿から探す

ひがしひろしまの旅

広島大学の位置する東広島市には、

合わせて47の地域があります。

2017年11月から約2ヶ月、

一つ一つのまちを巡った旅の記録。
旅について見る

【new 2018年3月20日現在】
写真集が完成しました!販売もしています。詳しくはこちら↓↓
写真集について見る

よく読まれているもの

【00】行ったことがある都道府県

【00】行ったことがある都道府県

ただ、個人的なこと。いざ、日本一周をすると言っておきながら、これまでにどれだけ行ったことがあるんだろう。そう思ってちゃんと行った記憶のある都道府県を調べてみまし...

Follow me