ふるさとの手帖

市町村一周の旅

日置市から南さつま市へ。薩摩半島を進もう。【旧市町村一周の旅(鹿児島県|3月10日―339日目)】

日置市から南さつま市へ。薩摩半島を進もう。【旧市町村一周の旅(鹿児島県|3月10日―339日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【86/171】

86/171
50.29%
訪れた旧市町村の数【901/2,094】
901/2094
43.03%
総計【987/2,264】
987/2264
43.60%

スーパーカブの総走行距離
24315km

旧松元町→旧伊集院町→旧東市来町→旧日吉町→旧吹上町→旧金峰町→旧加世田市、の7つ。

前日まで、東シナ海に浮かぶ甑島に滞在していて、午前の船でいちき串木野市へ戻ったあと、夕方には日置市で開かれた映画上映会『ひとしずく』に伺った。

監督である山下大裕(@eigadaisuke)さんとは、前回の市町村一周の旅でお会いしたことがある。そして、4年ぶりに再会することが出来た。以前と変わらない爽やかさとエネルギーを持つ山下さんにお会いできて、すごく嬉しかったのだった。

甑島から、船に乗る。
紙テープも。

またね!

その後、日置市の旧伊集院町へ。
上映会の前にマルシェが開かれていた。

上映会にて。地域おこし協力隊がテーマの映画だ。
会場は温かな空気でいっぱい。一番右手が山下監督で、そのほかの方々は映画に登場する俳優さんたち。

都会からやってきた主人公が、鹿児島の大隅半島の小さなまちで奮闘する物語。ほんとうはいろいろなことが、自分にとっても他人事のようでそうではない。と感じたのでした。みなさんも是非、映画との出会いがありますように。

あったかいハンドルカバーを付けて、7時半に鹿児島市内を出発した。住宅街の奥には桜島のてっぺんが見える。噴煙が朝日に照らされ、その姿を見るとドキッとするけれど、これも鹿児島の日常だ。
 
まずは、旧松元町に向かった。『都市農村交流センターお茶の里』の交差点に差し掛かると、菜の花が路面沿いに咲き美しい。上伊集院駅の周辺に移動すると、大きな団地が広がっていた。団地のほかにも新しい戸建ての住宅が建っていて、ここにも暮らしがたくさんあるのだと。
旧松元町へ。『都市農村交流センターお茶の里』。まだ営業前。
菜の花たち。
瓦と顔。
団地だ。
上伊集院駅。
お茶もって行こうぜ!

戦国島津ゆかりの地。ー旧伊集院町。(日置市)

次にやって来たのは、旧伊集院町。昨日も映画の上映会で訪れたけれど、今日もあらためて歩いてみよう。
 
日置市は戦国島津のゆかりの地である。と、伊集院駅の垂れ幕にも書かれてある。伊集院駅前には、堂々たる島津義弘公の銅像が建っていた。
 
徳重神社にも訪れた。祀られているのは島津義弘公。島津義弘は、九州で腕を鳴らした戦国武将で、九州を治めた島津家は、豊臣秀吉の時代を経て、江戸時代には薩摩藩の藩主となった。
伊集院駅。
風格ある町。
島津義弘の銅像。
徳重神社。
城山公園にも向かった。高校生ぐらいの青年がとても気持ちの良い挨拶をしてくれて、温かい気持ちになった。
ザビエルがここで島津貴久に謁見したという。
見晴らしの良い公園だ。
奥には桜島。

薩摩焼の里、美山と湯之元温泉へ。ー旧東市来町。(日置市)

次にやって来たのは、旧東市来町。隣には“東”ではない旧市来町(いちき串木野市)があり、現在はお互いの市が違うので、同じ「市来」でも、合併では事情があったのかなあと思う。
 
そして、まずは薩摩焼の里である美山地区へ訪れた。『沈壽官窯(ちんじゅかんがま)』という窯元にお邪魔してみる。ギャラリーとショップがあって、どちらも見たけれど、薩摩焼の特徴である「白もん」の焼き物を見て、ほんとうにすごいと思った。シンプルでほぼ無地なのに、器がオーラを発していて。美しかった。
美山地区へ。
沈壽官窯(ちんじゅかんがま)へ。
美しい空間だった。
ギャラリー。繊細な装飾に驚く。薩摩焼の香炉や花入、茶入は見たことがない形をしていた。
通りの生垣が、鹿児島県はずっと見事だ。

美山地区を訪れたあと、湯之元温泉の周辺も散策した。大きな温泉街で、まちなみも広く感じられる。温泉の看板もあちこちに立っていた。

湯之元温泉へ。
あたらしい建物もあった。
元湯。

穏やかな山があれば、東シナ海もある。ー旧日吉町。(日置市)

海沿いの道を南へ進み、旧日吉町を目指した。途中、江口蓬莱館という海沿いの物産館に休憩で立ち寄ったけれど、バイクも車もたくさん停まっていて賑わいがあった。建物の奥は青い海で気持ち良くて。
 
そして、日吉支所まで着くと、今度は山が身近にある穏やかなまちなみが広がっていた。小さな盆地で見晴らしもよく、空も広い。海だけではないと感じられる。
 
その後、吹上浜という砂浜まで行ってみると、堂々たる東シナ海が広がっていたのだった。聞こえるのは波の音とウグイスの鳴き声。遠くでは釣りをしている人も多かった。
日吉支所へ。
緑が広がっている。
穏やかだなあ。
吹上浜へ。
ドン、と海だ!
風が強かった。

見事な大汝牟遅神社の千本楠。ー旧吹上町。(日置市)

次にやってきたのは、旧吹上町。まずは大汝牟遅(おおなむち)神社という神社へ向かってみる。楠木が有名みたいで、どんな場所なのだろうと駐車場に着くと、車が満車状態でびっくり。すごい人気だ……。
 
さらに、境内へ向かう途中、「42番!」
 
と聞こえて、近くにお蕎麦屋さんがあって呼ばれているのかなと思ったら、神社の境内からの声で、春の大祭の抽選会が行われていたのだった。そうか、駐車場に停まっていた車は、おまつりで集まった車なんだ。子どもたちもたくさんいて、とても優しい空気が境内を満たしいていた。
 
神社の参道にある大きな楠は「千本楠」と呼ばれている。周囲の木々も含めた緑の空間が良くて、森のような気配になっていた。これまたすごかった。
大汝牟遅(おおなむち)神社へ。
春の大祭の日だった。
千本楠。立派だったなあ。
その後、吹上支所へ。
まちの交差点。

広い空の下、流れる時間。ー旧金峰町。(南さつま市)

旧吹上町から5kmほど南へ下って、南さつま市の旧金峰町へ入った。まずは主要道路沿いにある「道の駅 きんぽう木花館」まで向かう。
 
着いたときに、「あっ!」と思った。ここ、来たことあるなあと。
 
道の駅の向こう側には、低丘陵の木々が見えるだけ。広い青空と、手前の水田風景が抜群で、前回の旅でもここで写真を撮ったことを思い出したのだ。とても懐かしい気持ちになった。
道の駅へ。
この景色、ほんとうに空が広い。
遅めの昼ごはんも食べた。おそば。
金峰支所へ。
周辺の雰囲気。
鹿児島では「分遣隊」の文字を見かける。消防団の小隊ってことかな。

平穏な暮らしと、万世特攻平和祈念館。ー旧加世田市。(南さつま市)

最後にやってきたのは、旧加世田市だ。今まで、南さつま市のイメージはぼんやり持っていたけれど、元々は「加世田」というまちで、しかも「市」であったことを意識したことがなかった。
 
そして、まずは海に向かって進み、吹上浜海浜公園を散策した。駐車場はとてつもなく広く、大型のショッピングモール以上じゃないかというぐらい、車が停まっていた。公園ではローラースケートをしている家族、自転車の練習をしている子ども、数コートで行われている少年たちのサッカーの試合、ほかにもあらゆる日常が溢れていて、こんなにも平和な時間はないと感じられた。
 
その後、万世特攻平和記念館へ向かう。鹿児島には知覧だけではなく、加世田にも特攻平和記念館があるのだ。展示されている20歳前後の若者の写真を見て、その眼差しにショックを受ける。なんて澄んだ目だろう。彼らは平和な世の中を願っていたはずだ。さっきあまりに平和だと感じた、吹上浜海浜公園の光景がありありと浮かんだ。彼らは、この日常を、どんな眼差しで天から見ているだろう。
吹上海浜公園へ。
観戦。
背中。
万世特攻平和記念館へ。
館内で、特攻の展示をゆっくり見た。手を合わせる。
その後、加世田の市街地も散策した。
大きなまちだなあ。
南さつま市役所。

というわけで、今日の散策はここまで。現在は鹿児島市、日置市、南さつま市とそれぞれ成り立っているまちだけれど、解像度が少しずつ上がっていくようだった。もちろん、ほんの僅かな変化だろう。でも、そこには驚きと発見が満ちている。知らないことはいつも足元にあるようで。そんなことを感じた1日でした。
 
本日のひとこと
薩摩焼の「白もん」とっても好きでした。いつか買えるといいな。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me