ふるさとの手帖

市町村一周の旅

甑島と生きている。【旧市町村一周の旅(鹿児島県|3月8日―337日目)】

甑島と生きている。【旧市町村一周の旅(鹿児島県|3月8日―337日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【86/171】

86/171
50.29%
訪れた旧市町村の数【894/2,094】
894/2094
42.69%
総計【980/2,264】
980/2264
43.29%

スーパーカブの総走行距離
24185km

旧里村→旧上甑村→旧鹿島村→旧下甑村、の4つ。

にわか雨が降った夜だったが、朝には何ごともなかったかように晴れていた。今日は「甑島」という東シナ海へ浮かぶ島へ向かう。

上甑島、中甑島、下甑島と連なる甑島列島は、もともと4つの村が存在していた。2004年に旧川内市をはじめとするまちと合併し、現在は薩摩川内市になっている。

だから、前回の市町村一周の旅では、本土の薩摩川内市のみを訪れたので、甑島は訪れたことがなかった。そのとき「いつか行ってみたいな……」と強く思ったのであった。

そして、4年経った今日、いよいよ甑島へ向かう日になった。


フェリー乗り場の串木野新港へ向かう。出港時間よりもかなり早く港に着いた。まだ港には静けさがあるが、駐車場には多くの車が停まっている。

やがて、乗船券を買う窓口が開いた。乗船券を買う時間が最もドキドキする。島によって手続きが異なるし、島の人たちは自分たちの方法に慣れているので、初心者のぼくは迷子になるのだ。今日も車検証が必要ですとアナウンスがあったけれど、カブには車検証無いよな…と思った。

とはいえ、電話でカブの積載の予約は済ませていたので、順調に券を買えた。車検証のことも言われなかった。カブに貼る紙には名前が書かれていて、電話で伝わった名前は「ニシナカツキキ」だった。キツツキ科みたい。

それはさておき、船に乗れさえすればいいのだ。港にやってきた船は、結構大きいなあと思った。そして、出港時間よりもかなり早く、バイクや車の乗船が始まった。確かに、この船の大きさだと、時間がかかりそうだ。

そして、1時間15分の船旅が始まった。実質1時間ぐらいだが、港を離れて外海に出るとかなり揺れたので、寝るしかなった。一度寝てしまえばあっという間に、到着である。

串木野新港へ。
待合にて。
ここに貼る、と書かれていたけれど、メーターが見えないので困った。
お弁当を買った。お母さんたちが優しくて、飴をいっぱいもらった。

船がやってきた。
船のデッキから。
出港だ。
いい光。
途中の景色。
里港へ到着した。結果的に、午後の高速船は時化で欠航したぐらいなので、かなり揺れた船旅だったけれど、無事に着いてよかったのだった。
 
旧里村は上甑島の玄関口にあたる。今日の宿も旧里村の地域だ。そこでまずは、ここから最も遠い下甑島を先に目指して、最後に旧里村の集落を歩くことにした。旧里村から下甑島の長浜港までは、30kmちょっとあるのだ。
 
ただ、次に訪れる旧上甑村を目指す前に、「長目の浜」と呼ばれる場所へ立ち寄った。急な山道をのぼった先からは、壮大な砂洲が見えて驚いた。天橋立のようだと思ったけれど、この景色は、ここに来ないと見られない。やはり唯一無二凄だと感じられた。
旧里村の集落。トンボロ地形だ。
なんだ、この鳥は!
あとで調べたら、「ヤツガシラ」という鳥でした。出会えてうれしい。
またね!
長目の浜。すごい砂洲の地形だ。
木漏れ日と。

まちなみと甑大明神橋と。ー旧上甑村。(薩摩川内市)

次にやってきたのは、旧上甑村。道中は山が険しくて、風も強く、遠目からでも海は波立っている。長目の浜を、さっきとは反対側の「田之尻展望所」で眺めたあと、集落の中心地へ訪れた。
 
まちなみはいろいろ混ざっていると思った。屋根、壁、石垣、家の形……集落の中で、似ているようで違う。でも、バラバラなのではなく、統一感がある。つまり、似ている家並みだけが、まちの雰囲気をつくりだしているのではない。周辺の山や海、隣の集落との距離、そういった何でもない要素が、めぐりめぐってまちの気配を生み出しているように感じた。
 
細い路地と呼べそうな道も、車は慣れた感じでどんどん通過していった。それに、ヤマトのお兄さんが軽くちわーっすと笑顔で挨拶してくれたのも印象的だった。
長目の浜を通過していく。
田之尻展望所から。すごい景色だなあ。
集落を歩く。
港だ。
KOSHIKI TERACE
石垣と細い道。
赤色。
まるしかく。
次の旧鹿島村へ向かう途中、甑大明橋を通った。なんじゃこのダイナミックな橋は!と思った。

下甑島の、静かな暮らし。ー旧鹿島村。(薩摩川内市)

さらに甑大橋を渡り、旧鹿島村へ入った。旧鹿島村は下甑島の北東部に位置するまちだ。中甑島と下甑島を結ぶ甑大橋は、令和2年に開通した橋で、これまたびっくりたまげるダイナミックな橋だった。風が相当強くて、とてもとてもゆっくり走った。
 
鹿島支所の周辺は、落ち着いたまちが広がっていた。赤や青の瓦屋根があったり、集合住宅があったり。雰囲気も上甑島や中甑島と似ているようで違う。元々、4年前に橋でつながった下甑島なのだ。そのときの暮らしの香りは、きっとまだあるだろう。
甑大橋。なんて壮大なんだ。
鹿島支所へ。
集落を散策した。
小学校だ。
海もやっぱり近い。

長浜港の集落を歩こう。ー旧下甑村。(薩摩川内市)

旧鹿島村からさらに南へ進み、旧下甑村の長浜港周辺の集落へ、やっと着いた。橋のおかげで陸路で行くことができたけれど、元々はそれぞれの島だったわけだ。同じ甑島列島でも、違う暮らしがいろいろと広がっていたのだろうということを、旧下甑村でもあらためて思った。
 
やや曇りがちの空から、たまに日差しが出る瞬間があって、そのときに見えるまちなみの姿はとても美しかった。ほんとうは下甑島の最南端にある手打集落まで訪れて、武家屋敷群のまちなみを見たかった。ただ、風が本気で危ないと思ったので、今回は市街地の長浜集落だけお邪魔させてもらった。ちょっと風で飛ばされながら、走っていたから。
長浜の集落へ。
長浜港。
喫茶だ。
母はいちごのごとく、父はもぐさのごとく。
山の斜面に。

里麓武家屋敷群へ。ー旧里村。(薩摩川内市)

そして、30kmちょっと走って、上甑島の旧里村の集落を目指す。とにかく風が強いので、戻るのにかなり時間がかかった。
 
ようやく集落まで戻ってきて、里麓武家屋敷群へ訪れた。石垣のみならず、生垣も整然とし、集落の雰囲気に吸い込まれていく。この景観が、あたりまえに広がっていると思ったら大間違いだろう。ここで暮らす地元の方々が、きっとこの空気感を守っている。それがどれだけすごいことで、美しいことか。
武家屋敷群へ。
見事だ。
山下商店さん。
すごいなあ。
甑島の写真集があった。とても良かった。かけられた時間の長さに感動した。

写真集を拝読し、島の雰囲気に触れることができた。ぼくが今日出会った景色というものは、あまりにも一部にしかすぎない。何より暮らしとは人の営みであり、写真集からは、島の方々の声が聞こえてきた。

今日は、FUJIYA HOSTELさんに宿泊。
とても優しいオーナーさんだった。
「右から左にかけて、どんどんいもっこくなっていきます」と教えてもらった。すごい。
夜、山下商店甑島本店さんに行った。豆腐の味に感動した。
アロエビールを飲んだ。美味しかった。ぼくはビール一本でギリギリです。

というわけで、今日の散策はここまで。この日は金曜日の夜で、山下商店甑島本店が夜間営業をしていたので、思い切って行ってみた。日によって違うだろうけれど、訪れた時間帯はぼくだけだった。それでもお店のお兄さんが、ずっと話し相手になってくださった。さりげなく、いろんな気遣いをしてくださる方だった。
 
ちなみに山下商店さんは、とうふ屋だ。なので、おつまみメニューの「とうふ3種盛」をいただいて、その美味しさにたまげた。「美味しい!」と心底感じられる豆腐に出会えるって、とても幸せなことだと思った。
と、甑島に訪れることができて、とにかくありがたい1日でした。ここで生きている方々がいる。ぼくが知らない喜びや幸せも、きっと知っているでしょう。そもそも、そこに優劣はない。生きる喜びは、おのおのの心の泉から、湧き出るものだから。お店でお兄さんのささやかな、やさしい話を伺って、そんなことを思ったのでした。
 
本日のひとこと
ヤマトの配達のお兄さんと島で2回会って、2回とも笑顔で挨拶してくれて、すんごくうれしかったです。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me