ふるさとの手帖

市町村一周の旅

旧蘇陽町から、山を下っていく。【旧市町村一周の旅(熊本県|1月30日―299日目)】

旧蘇陽町から、山を下っていく。【旧市町村一周の旅(熊本県|1月30日―299日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【82/175】

82/175
46.86%
訪れた旧市町村の数【836/2,094】
836/2094
39.92%
総計【918/2,269】
918/2269
40.46%

スーパーカブの総走行距離
22919km

旧蘇陽町→旧清和村→旧矢部町→旧砥用町→旧中央町→旧泉村→旧東陽村、の7つ。

旧久木野村(南阿蘇村)の朝。

前日は予定があり、旧久木野村(南阿蘇村)で1日を過ごした。ただ、朝は雲ひとつない晴れ間が広がっていて、起きた瞬間に外へ飛び出したのだった。しびれる寒さの中、水路から蒸気が湧き上がっていたり、田んぼが凍っていたり、朝日が差し込んで草木が輝いていたり、阿蘇の山並みもくっきりと姿を見せて、真骨頂に出会ったようだった。
冷え込んだ朝に散歩した。

昼、道の駅にて。
ちゃんぽんを食べた。

幣立神宮と馬見原の商店街へ。ー旧蘇陽町(山都町)

さて、今日は山都町方面へ向かっていく。阿蘇外輪山の峠を越えていくので、路面を気にしながら進んでいった。国道は大丈夫だったけれど、脇道にはまだアイスバーンが残っている箇所もあった。標高の高さも空気の冷たさで感じられる。
 
旧蘇陽町では『道の駅 そよ風パーク』に立ち寄ったあと、幣立神宮へ訪れた。高い木々に包まれた気持ちの良い神社だった。その神社の看板に、「離れ門前町」として馬見原の商店街が載っていた。門前町が離れていることもあるのか。
 
その馬見原の商店街まで行ってみると、宿場町のまちなみが残っていた。地面が石畳なのもいい。宮崎県との県境にこうしたまちなみがあったのだなあ。
旧蘇陽町へ。
道の駅 そよ風パーク。
蘇陽支所。
幣立神宮。
石段を登って参拝した。
手水は凍ってた。
馬見原の商店街。
若山牧水の歌碑だ。
火伏地蔵堂。
JUGAAD BROS DOUGHNUTSさん。

人間浄瑠璃「文楽」の里を歩く。ー旧清和村(山都町)

今度は国道218号線を西へ下っていく。旧清和村では『道の駅清和文楽邑』へ。今日は定休日だったけれど、人形芝居である文楽の定期公演があるそうだ。同じ敷地に立派な劇場があって、演者たちの顔写真がカッコよく飾られていた。お若い方の写真もあった。
道の駅へ。人形の像だ。
合併記念碑。
清和文楽館。
瓦屋根も壁面も立派だ。
資料館も併設されている。
その後、清和支所周辺のまちなみを歩いた。支所は小高い場所にあり、集落を見渡せる。畑と家並みには落ち着きがあり、穏やかな風景が広がっていた。
支所周辺へ。
清和支所。

通潤用水、小笹円形分水から。ー旧矢部町(山都町)

次にやってきたのは旧矢部町。まずは『通潤用水 小笹円形分水』と呼ばれる場所へ。通潤橋よりもやや北東に位置し、里山を流れる小さな水路の上流に小笹円形分水があった。取水が難しかった地域にも水を送るためにつくられたのが、この小笹円形分水だ。通潤橋方面と、台地の集落へ水を送るために、円形の分水となっている。神奈川岩手でも、円形分水を見たし、平等の精神があらわれているので見ていて心があたたまる。
旧矢部町へ。
小笹円形分水。敷居の比率は水田面積に合わせて調整されていた。
その後、矢部市街地と通潤橋へ訪れる。山都町に入ってからは、国宝になった通潤橋の幟があちこちに掲げられていた。石積みの姿は大きな城のようで、橋の太さ、高さ、密度は迫力がある。これほどの大きな橋が市街地から近いということも驚きだった。
市街地へ。
通潤橋方面へ。
長さは約78m。

堂々たる霊台橋。ー旧砥用町(美里町)

ここからは、美里町へ入っていった。旧砥用(ともち)町で最初にやってきたのは、霊台橋。通潤橋と似た石橋だが、訪れたときの大きさに驚いた。通潤橋と変わらないのではないか? というぐらい大きかったからだ(やや霊台橋の方が長かった)。
 
そして、ここでは石橋の上を歩くことができた。ほとんどの車は通り過ぎていくわけだが、ぼくはこの霊台橋の堂々たる姿がとても好きだった。
霊台橋を歩く。
とても立派だった。
その後、砥用庁舎へ。
山並みと。

八角トンネルや佐俣の湯へ。ー旧中央町(美里町)

次にやってきたのは、旧中央町だ。このまちには『日本一の石段』がある。その数は3333段で、ぼくも前回の旅で登った。あまりにしんどかったので、今回は登らないでおく。すみません。
 
さて、旧中央町では「八角トンネル」へ最初に向かった。近くにはやはり石橋があり、立派なので、この周辺の地域の石橋群には感動するばかりだ。八角トンネルは木々に囲まれた薄暗い道の先にあって、怖いなあと思いながら辿り着いた。太い柱が連続して続いており、いずれも八角形だった。
 
そのあと、『道の駅 佐俣の湯』と美里町役場へ。役場の方まで行くと山を抜けて久しぶりに平野が広がった。そして、美里町役場の庁舎も石造で西洋建築のような佇まいだった。
二俣橋。立派だ。
この先に八角トンネルがある。ちょっと怖い。
あった。佇んでいる。
柱が連続的に続いている。
さまたの湯。
森のぱんやさんでパンを買った。
左の赤ちゃんのおしりパン、カスタードパンですごく美味しかった。
今回は温泉には入らず。
足湯もあった。
久しぶりに空が広い。
美里町役場。石造だ。

山の中に佇む暮らし。ー旧泉村(八代市)

次にやってきたのは、八代市の旧泉村だ。有名なのは『五家荘平家の里』で、平家落人ゆかりの地である。ただ、ものすんごく遠くて、路面が大丈夫なのかもわからないので、今回は控えた。いつか訪れる機会があれば良いなあと思う。
 
そして、旧泉村に入って、「ふれあいセンターいずみ」に立ち寄る。お茶の商品が多くて、海産物も売られていた。八代市は海も山もどちらも広く有している。
 
その後、泉支所の周辺を歩いていると、下校した小学生たちがたくさん集まっていた。警察官や地元のおじさんもいて賑やかだ。どうやらみんなでバスを待っている。一緒にバスを待つ放課後かあ。近くに行って邪魔をしてはいけないので、Uターンした。
 
やがて、その小中学校の名前が載ったスクールバスが、ぼくの横を通り過ぎていった。
ふれあいセンターいずみへ。
山道を進む。
泉支所周辺へ。
泉支所。
丘の上に小中学校があった。

石橋とまちなみ。ー旧東陽村(八代市)

そして、最後にやってきたのは旧東陽村だ。旧泉村から八代市街地へ向かう道中に、旧東陽村のまちなみは広がっていた。旧泉村では山深かった景色も、旧東陽村ではだいぶ道がひらけて、近くには小さな石橋も架けられていた。道の駅と支所も近くにあったので、それらをそれぞれ散策したのだった。

旧東陽村へ。

家屋に統一感がある。
道の駅 東陽。

東陽村石橋公園。

東陽支所。


というわけで、今日の散策はここまで。山間部にいた朝から、徐々に山を下っていき、内陸の暮らしの広がりを感じた1日でした。
 
本日のひとこと
パン屋さんで食べたパンが美味しかったので、持ち帰り用のパンをもう一度買ったときに「元気が出ました」と伝えたら、お店の人は喜んでくれて、またさらに元気が出ました。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me