ふるさとの手帖

市町村一周の旅

三大山城に国宝そして白い廃校。過去の旅振り返りの巻。〜岡山県編〜

過去の旅振り返りの巻。〜岡山県編〜

こんにちは、かつおです。

9ヶ月間の旅が終わり、小さな旅をしたり近場を回ったり色々としているのですが、ふと「旅よりも昔に行ったことのある場所をどうするか問題」が浮上しまして、というのも訪れた市町村数を数えていた時に「ここホントは行ったことあるんだけどなぁ。」という箇所が特に地元中心にチラホラとあったからです。

結論として、「そのまちで写真を撮った場所」を数に含めることにしました。ですので今回の記事で載っている場所は数年前に行ったところが多めになりますが、写真を通してアーカイブとしてさらっと流し読みでも結構ですので見ていただけたらと思います。こちらの記事は岡山県、僕のふるさとです。

①備中松山城と吹屋ふるさと村ー高梁市ー

最初は高梁市にある備中松山城と吹屋ふるさと村です。
備中松山城、とっても有名なお城ですね。日本100名城であると同時に、「日本三大山城」の一つに数えられています。あと2つは岐阜の美濃岩村城と奈良の大和高取城。奈良の大和高取城には今回の旅で行きましたが、めっちゃ怖かったのをよく覚えています。

日本のマチュピチュと言いますと最近では竹田城跡(兵庫県)がとっても有名ですが、天守閣が現存するお城に限りますと、ここ備中松山城や、越前大野城(福井県大野市)ぐらいでしか見れません。大野城は真夏に行きました。

城に向かって登っていく。

 

行ってのは数年前の夏の日、暑かったのを覚えています。

あつー
夏らしい。
高校の写真部メンバー3人で行きました。
やっと着いた。
小窓。鉄砲を撃つところ。
そしてこちらが天守閣。
青空と石垣。

 

実際に天守閣を見ると、おそらくそこまで大きくないと感じると思います。ですが山城ですのでここに天守閣がある意味は当時の争いにおいても非常に大きく、そして今では素晴らしい景色として私たちを出迎えてくれます。

景色を一望。標高は430mほど。

 

プチハイキングをするもよし、雲海を狙って行って見るのもよし、本当に素晴らしいお城です。

②旧閑谷学校ー備前市ー

そしてお次は閑谷学校。特別史跡に指定され、講堂は国宝に指定されている、とっても歴史ある史跡です。1670年、岡山藩主池田光政により創建された学校で、庶民のために開かれたものですが、旧弘道館(茨城)、足利学校跡(栃木)、咸宜園跡(大分)とともに日本遺産第一号だそうでもあるそうです。(この中では足利学校にしか行っていません。)岡山県民の方はきっとニュースで一度は目にしたことのある場所です。

備前市へやってきた。
のどかな景色が続く。
放課後
閑谷学校へやってきました。
こちらの右の講堂が国宝です。
真夏だ。
講堂の中から。
威厳ある中で、庶民のための場。
まさに寺子屋。
高校の同級生と見に行きました。
こちらは資料館。

 

明治38年に私立閑谷中学校(旧制)の本館として建てられたもので、レトロな雰囲気がそのままに残されています。

 

③菩提寺の大銀杏ー奈義町ー

そして次は奈義町。ここには岡山県で一番大きなイチョウがあります。イチョウが眩しい秋の終わり頃、チーム写真部で行ったときのことです。

レンズに収まらない大きさ。
いい季節ですよね。
黄色い絨毯

幹がどれだけ太いかわかるでしょうか。
本当に立派なイチョウでした。
帰り際に虹。

 

④白い廃校ー赤磐市ー

最後は赤磐市にある白い廃校。奈義の大銀杏と合わせていきました。他では見ることのない白い校舎がネットで話題になったことでとても人気のスポットになりましたが、マナーの問題から空いてたり空いてなかったり、管理者さんの苦労も垣間見える場所でもあります。行くならマナー良く、です。

白い廃校。床も真っ白。

本当にすごいですよね。

影の薄い岡山県ですが、結構いろんなところがあるんですよ?

だって、大都会岡山ですから(自虐)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me