ふるさとの手帖

市町村一周の旅

海から空に届く真っ白な水平線。”オホーツク流氷の旅編”

海から空に届く真っ白な水平線。”オホーツク流氷の旅編”

こんにちは、かつおです。正月気分がようやく抜けたもののまだまだ氷点下が続く1月末の頃、弾丸1泊2日で北海道へ行ってきました。理由は単純で「流氷を見たい」と思ったからです。いつかは生で見てみたいと思っていましたが、「今年まず行ってみろ」と心の中のリトルかつおが訴えてきたんですね。

最も厳しい時期の北の大地へ。

 

もちろんこの頃の北海道は一番寒い時期で、場所によって氷点下15度は当たり前、ー30度にもなったりします。そもそも冬の北国へ行くこと自体が初めてで、僕にとっては本当に新鮮な旅でした。果たして寒さには耐えられるのでしょうか。流氷とは出会えるのでしょうか。

①砕氷船と一か八かの賭け。

何もかもうまくいくことが旅とは限りません。今回、流氷を見にいくということでその舞台は「網走」というオホーツクのまちなのですが、そこで乗りたいと思っていた砕氷船の予約がほぼ「満席」だったんですね。

網走は黄色丸の一番下あたりです。
流氷をかき分けて進む、砕氷船。

 

網走、紋別、知床あたりの地域において流氷は大人気の観光資源ですから、僕が砕氷船を調べ始めた1月初旬ごろにはすでに予約で埋まってしまっていたというわけです。旅行会社が結構買い占めてるのかなーとも思いましたが。もちろん砕氷船に乗らずとも流氷が接岸すれば誰でも見ることはできるのですが、流氷で埋め尽くされた大海原を、船の上から肌で直接感じてみたいですよね。

そして僕は、「1月末」の砕氷船を予約することに成功します。しかし、その日は去年ならば流氷がまだ接岸していない日でした。流氷のメインシーズンは2月で、1月末は年によって波があるということですね。去年であればまだ流氷が岸まで到達していない時期だったからこそ、予約の空席があったわけです。これは僕にとって、一つの大きな賭けでした。

②もう一つの賭け、天気。

そしてもう一つ、今回の旅でもターニングポイントは「天気」でした。気温は低くてもなんとかなるかなと思っていましたが、天気はどうしようもありません。砕氷船に乗る日は変更できませんから、その日が果たして晴れるのか曇りなのか、はたまた雪、吹雪なのか。砕氷船は曇りでも運航はしますがせっかくなら晴れて欲しいですし、海が時化れば船は出航しません。そもそも北海道行きの飛行機が無事に飛ぶかすら怪しいところではありました。

そして実際、僕が行った時期の道東(北海道東部)は天気が「荒れ」ていました。道東は本来”晴れ”やすく、気候も安定するのが冬の特徴なのですが、ちょうど雪が結構降ったり吹雪いたり、不安定だったんですね。

砕氷船に乗る前日、羽田空港から女満別空港へ向かいましたが、天候不良による条件付きのフライト。風は強く、たま〜に吹雪でした。

いざ、北海道へ。

到着しました。天気は曇り、たまに雪、吹雪。

 

条件付きでしたがなんとか無事に女満別空港に着陸、ひとまず一安心です。ここからバス、電車に乗って弟子屈という町を目指します。網走からさらに200kmほど離れた町なのですが、前回の旅でお世話になった宿があり、そちらで宿泊させていただくためです。

北の大地だなぁ。
走れ〜
電車にも乗ります。

 

バスの到着が予定より遅れて、全力駆け込み電車でなんとか間に合いました。携帯落として割れたけども。

初めて見る流氷、そして青空。

 

釧網本線に乗って弟子屈を目指しますが、道中少しだけ晴れてくれました。そして写真の先に広がるの景色は同じ白色ですが、中段の白色は海です。つまり、流氷。

流氷!?

❶1つ目の賭け、行った当日に接岸した流氷。

まず一つ、流氷が果たして接岸しているかは分からないという話をしました。そして北海道へフライトで向かった際は天候不良、条件付きでしたね。実はこの日の天候不良、すなわち北風によって、流氷が見事、網走の海岸へ接岸したんです。

昨年・平年より4日早い網走流氷接岸初日でした。
そんな上手くいくわけあるか、って思うじゃないですか。でもたまたまです。

明日の天気が晴れることを祈って、今日はそのまま移動を続けます。

雪で視界不良。
大変です。

 

そして電車に乗ること2時間ほど、弟子屈町に到着しました。

すっかり日も落ちた。

 

お世話になる宿(旅人宿 昭栄)のオーナーさんが車で迎えにきてくださりました。

凍結道路をガンガン進む。

 

こんなに簡単にスリップするんだと思いましたね。

ライトアップ。

 

弟子屈町にある川湯温泉という地域で夜のライトアップがあり、連れて行ってくださりました。

極寒のアート。
雪もちらほら。
雪が星のように降ってくる。
幻想的でした。

 

その後食事へ。

摩周駅。弟子屈で一番大きい駅。
駅の近くのお店で豚丼を食べました。超美味しかった。
お店のオーナーさんも素敵な方でした。
北海道だなぁ。

 

お食事、ご馳走になりました本当にありがとうございます。


❷天気の賭け、雲ひとつない快晴。

そしてもう一つ、ずっと気にかかっていた「天気」でしたが、

最高だ。

 

これ以上ない快晴。ホントについてるなと思いましたね。ちなみにこの次の日は曇りだったので、

フライト:曇り(雪)
流氷:晴れ
翌日:曇り

流氷を見るなら今日しかない、完璧だ。

朝、景色がいい場所に連れて行っていただきました。本当にありがとうございます。
これ以上ない朝日。
雪面。

 

北海道の空の色ってやっぱり本土とは違うなと思います。気候が違うからなのかなぁとか考えるのですが、北海道の方が「淡い」印象です。ホントに神秘的。

電車に乗って、再び網走へ。

 

そしてここからは再び電車に乗って網走へ向かいます。車窓からみる景色も圧巻でした。

網走に到着。

 

そしてここから砕氷船乗り場へ向かいます。

まちなみ。
道の駅、流氷街道網走。

 

ここでいよいよ予約してた券を購入、砕氷船に乗ります。

砕氷船、おーろら。

 

砕氷船は本来北極海や南極海、凍結河川など氷で覆われた水域を航行するために、設計・建造された船ですが、こちらのおーろら号は観光用に造られた船です。

乗船しました。まもなく。
船内に展示されてた。

 

そして、出航です。よければ写真で。

さざ波。
流氷と知床の山々。
場所によって流氷の形も少しずつ違う。
360度、一面が流氷だ。
船によって砕かれていく。
みんな釘付け。
テレビでしか見ることのなかった景色が目の前にある。
確かに今、流氷の中にいる。
一緒に。
館内からも見ることができます。
そろそろ港へ戻っていく。
天然記念物のワシもいました。
言葉もいらなかった。

 

乗船時間は1時間ほどですが、時間なんて忘れて無我夢中で。ガリガリと低い音を立てながら流氷が次々と割れていく。港を離れれば離れるほど流氷は形を変えるように大海原を覆い尽くしていき、ここが陸か海か分からなくなる。奥に見える世界遺産・知床の山々、真っ青な水平線、時折気づく氷点下の冷たい風。

なんて幸せなんだろうと思いました。日本にはこんな景色もあるのかと。

帰りのフライト前の流れ星。

 

実際色々な流氷のレビューを見ていると、「リベンジ」という言葉が結構多かったです。天候不良だったり予約が取れなかったり。そもそもなかなかお仕事等ある中で北海道へ簡単には行けないですよね。

こんなに最高の条件で観れた流氷、人生の宝物です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お世話になった宿。
(旅人宿 昭栄)さん。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. My spouse and I absolutely love your blog and find nearly
    all of your post’s to be just what I’m looking for. Would
    you offer guest writers to write content available for you?

    I wouldn’t mind creating a post or elaborating
    on many of the subjects you write regarding here. Again, awesome blog!

  2. Attractive section of content. I just stumbled upon your site and in accession capital to
    assert that I acquire actually enjoyed account your blog posts.
    Any way I’ll be subscribing to your feeds and even I achievement you access consistently quickly.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me