ふるさとの手帖

市町村一周の旅

暮らしの中にある横浜。【旧市町村一周の旅(神奈川県・32日目)】

暮らしの中にある横浜。【旧市町村一周の旅(神奈川県・32日目)】
手書きですみません。現在は横浜市の赤い丸を進んでいます。泉区→戸塚区→栄区→金沢区→磯子区の5つ。
2023.05.09

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【29/175】

29/175
16.57%
訪れた旧市町村の数【140/2,091】
140/2091
6.70%
総計【169/2,266】
169/2266
7.46%

スーパーカブの総走行距離
3,350km(およそ、東京からベトナムまで3674km)

2023年5月9日(火)(日本一周32日目)

2日間は雨で休んだ。いざ休むと、もっと休みたいなあ、という気持ちが、生まれないこともない。しかし、月曜日から仕事が始まるのと同じで、晴れていたら旅は進むのである。

さて、今日は横浜市の泉区、戸塚区、栄区、金沢区、磯子区の5つを巡った。緑もそばに感じる丘陵地の団地から、久しぶりに見た横浜の海まで。ひとつの市でありながら多様な顔を持つ横浜、その中にある暮らしを探しに行こう。

横浜市泉区

横浜市泉区
人口約15万4千人

最初に訪れたのは泉区。人口は15万人ほど。緑園都市、弥生台、いずみ野、いずみ中央、ゆめが丘、と相鉄いずみ野線が通り、地下鉄ブルーラインも通っている。斜面を埋め尽くすように並ぶ住宅地を眺めていると、まちが開発されてきたことを感じる。

泉区へ。

中丸家長屋門。

「中丸家長屋門」を訪れた。明治中期の門で、横浜市の歴史的建造物にも認定されている。現在も住んでいる方——と言ってもおそらく中丸家の方なのだろうが——がいるらしく、中には入らない。門の先を少しだけのぞいてみると、右手に人力車があった。この辺りは阿久和川沿いに位置し、河川と家の景観も馴染んでいる。立派な門から、家はずいぶん栄えたのではないかと想起された。

いずみ中央駅辺りへ。

駅の周囲は細い和泉川に沿って木々も並び、水辺に近づくこともできる。朝の通勤と通学の時間帯だったので、犬の散歩をさせるのんびりした人もいれば、ダッシュで駅に向かって走る人もいた。

泉区役所。
いずみ中央駅。

猫さんも。

横浜市戸塚区

横浜市戸塚区
人口約27万5千人

戸塚区は横浜市の中で面積が最も大きい。振り返れば、前回市町村一周の旅をしたときは、横浜市において戸塚駅周辺を訪れた。理由は当時知り合いが戸塚区の明治学院大学に通っていて、駅の近くに住んでいたので、泊まらせてもらえることになり、そのまま戸塚駅を巡ったのである。確か電車に乗って川崎駅まで行き、川崎市も巡った。そうした回り方で、「横浜市と川崎市を巡った」とチェックをつけていたわけで、今、あらためて区を巡っている。

別の方からは、「戸塚区楽しみにしてます!」と、先日連絡をもらった。その期待に見合うかは自信がないけれど、ぼくはぼくで、自分の思い出の中にある戸塚区を巡れたことが楽しかったと、先に伝えておく。

戸塚中継所。

小学生の頃から箱根駅伝が好きで、駅伝を走る自分を想像したこともあった。陸上すらしなかったので、結局それは想像に過ぎなかったけれど、今でも箱根駅伝の様子は気になる。昔は駒澤大学が好きだったから、2023年に久しぶりに駒澤大学が総合優勝したときは、嬉しかったものだ。もちろん、どの大学も好きである。

中継所のそばには、釣具屋さんや崎陽軒やラーメン屋さんがある。

駅伝を見ない人には伝わらないかもしれないが…。

中継所に立ち、ここで数々のドラマが繰り広げられていることを想像すると、いや、結局は想像しようがしまいが、箱根駅伝に関わりがある場所、というだけで、「パァンパパパパァン〜♪」と、あの曲(正確には、久石譲さん作曲の『Runner of the Spirit』)が、脳内で流れ出すのであった。

戸塚駅へ。

原付を停める場所に迷ったが、無事に空きのある駐輪場へ辿り着き、戸塚駅周辺を歩いた。

トツカーナは、駅直結のショッピングモールだ。

横浜では黄色い神奈中バスを、何度も見る。

長い行列はおそらく大学へ。

おそらく、明治学院大学へ向かうバスへの行列が、神社の初詣の如く、並んでいた。

朝は多くの人で混雑していて、戸塚区は大きな生活の場なのだなあと、ひとつの市のように感じたのであった。

住宅地もずらりと並ぶ。
舞岡公園も訪れた。

舞岡公園は、田園も残されている公園で、ちょうど小学生たちが、田んぼの体験にやって来ていた。指導するおじさんが「今日はしろかきをやります」と言っていて、田植えだけではなく、その前の段階から順番に指導しているのだなと、参加したくなった。

横浜市栄区

横浜市栄区
人口約12万2千人

今度は栄区へ向かう。地図で見てもわかるが、区の境界線の多くを鎌倉市と接していて、実際に訪れると、大船駅や北鎌倉駅も近いし、鎌倉方面の生活圏でもあるのかなと思われた。実際には違うのかもしれないけれど、横浜市で、プラス、鎌倉も隣ってすごいなあと。

工事が進んでいた。
定泉寺へ。

定泉寺は真言宗の寺。そのお寺の中には「田谷の洞窟」と呼ばれる、手掘りの洞窟がある。それも、鎌倉時代初期から江戸時代に至るまで、修禅道場として拡張されたものだ。

お寺も参拝して。
田谷の洞窟内は、撮影が禁止されている。

正直、撮影禁止でよかったと思えるほどに、洞窟内の彫刻に驚かされた。生き物や菩薩様が、異国の彫刻を見ているかのように、洞窟の中に彫られている。人工の洞窟にも関わらず、順路を辿って道のりは長く、場所によって天井も非常に高かった。祈りがつくり出すものの大きさはすごい。

さに〜レタス。
本郷台駅周辺へ。

本郷台駅周辺も新鮮だった。別の国に来たかのように、駅の裏には城の風貌あるマンションが聳えていて、そばを流れるいたち川まで行けば、緑生い茂る穏やかな時間が流れていた。大きくて賑やかな団地かと思えば、静かな気配もあり、ひとつの場所に両方の要素が混ざっているように感じられた。

本郷台駅前のロータリー。

すぐそばをいたち川が流れる。
いたち川。急に静かになった。
コミュニティーセンターのあーすぷらざ。

横浜市金沢区

横浜市金沢区
人口約20万2千人

残すはあとふたつ。金沢区ではいよいよ海が現れた。これまでずっと、横浜市の中でも海に面していな場所を訪れていたが、よくよく地図を見てみると、18ある区のうち、海に面する区は6つだ。つまり、2:1の比率で海のない区の方が多い。

そして、金沢区とにある島といえば八景島。シーパラダイスに、初めて訪れた。

まずは瀬戸神社へ。

瀬戸神社は鎌倉殿ゆかりの地だ。鎌倉幕府を開いた源頼朝は、伊豆での挙兵にあたって御利益を蒙った伊豆三島明神(三島大社)の分霊を、「せと」の聖地に祭り、篤く信仰したとされている。

清々しい神社であった。

海も近い。
マンションと水辺。

野島公園へ行くと、潮干狩りで賑わっていた。

あとからやって来た同年代ぐらいの男性チームも、片手に道具を持ち、頭にはタオルを巻いて、慣れている感じだった。ここには、潮干狩りの文化があるのだなあ。黙々と掘り、そして、見つけたら、食べられる。夢中にさせる何かがある。

そして、八景島へ。

水族館だけではなく、アトラクションもあることを知った。

絶叫が聞こえたので、何かと思ったら、修学旅行生たちがアトラクションを楽しんでいた。良いお天気に恵まれてよかった。

そして、水族館へ。
3300円もするのか…。

水族館の料金は、3300円。そうなのか…。3300円あれば、1日のお昼ご飯と晩ごはんを食べても、お釣りが来るじゃないか…。一瞬、入るのをやめようかとよぎる。しかし、すぐに、いやいや、こういうときにお金を払うことが、大切ではないか。と、後者が寄り切り。

海の魚がいっぱい。
あざらしだ!
セイウチだ!

ぼくは、セイウチにメロメロになった。だって、餌を食べながら、飼育員さんの言うことを聞いて、手を振ったり、水しぶきを飛ばしたり、バブルリングをつくったり、とっても利口だったから。そして、びっくりするぐらい体が大きかった。もう、セイウチに出会えた途端、3300円が安く感じられた。

ホッキョクグマも。
じっと動かないペンギンも。不思議で世界は広いなあ。

修学旅行生やカップルや子連れがほとんどで、各々が、幸せそうな表情をしていた。ぼくもまた、もう一度来たい水族館が増えた。

横浜市磯子区

横浜市泉区
人口約16万6千人

最後は磯子(いそご)区を訪れた。海側から山側、そして、市電保存館と、同じ区の中でも広いことを感じながら。

磯子駅。駅の周りは大きなマンションが並ぶ。
磯子海の見える公園は、ヨットクルーザーが見える公園でもあった。

海の近くは水がそばにあって綺麗だ。
横浜市電保存館へ。
隣にはバスの駐車場が。
横浜が誕生する歴史。

今まで、横浜の歴史について、あまり意識してこなかった。すでに、大都市として君臨しているイメージがつよかったから。でも、かつての横浜はとても小さな村だったのだ。そこから、ぐんぐん発展した。

バスや地下鉄がメジャーになるまでの主役は市電だった。

かつての映像。
資料もとても丁寧だった。

横浜のイメージが、日に日に刷新されるばかりだ。

最後は小高い丘の上へ。
三殿台遺跡。縄文・弥生・古墳時代のムラの跡。

建物内は入れないが、実際のムラの跡を見ることができる。

ひとことに横浜と言えど、広い。

今日の散策はここまで。横浜を巡っていると、政令指定都市の区も巡ることにしてよかったと、つくづく感じる。横浜というひとつ市だけれど、市ではくくれない、生活の数の多さや、まちの規模の大きさをを感じるから。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me