ふるさとの手帖

市町村一周の旅

神奈川県中部。憩いの場、生活の場。【日本一周244日目11.24】

神奈川県中部。憩いの場、生活の場。

こんにちは。今日は神奈川県の中部を主に巡って行きます。横浜、川崎、相模原の大きな3市へも行きました。

ルートですが、

大和市→座間市→相模原市→愛川町→清川村→伊勢原市→厚木市→寒川町→海老名市→綾瀬市→横浜市→川崎市
です。それでは行ってみましょう。
 

泉の森ー大和市ー

最初にやってきたのは大和市。泉の森という公園へ。

朝の森

森といえど側には住宅街もあります。

キャンプしよう。

 

鈴鹿明神社ー座間市ー

次は座間市です。ニュースで少し話題になったこともありますが、そう言ったことは先入観です。

鈴鹿の小径
山を切り崩したように家々が立ち並んでいる。

鈴鹿明神社という地元の神社。
綺麗に掃除された気持ちいい神社でした。

相模原市立麻溝公園ー相模原市ー

次は相模原市。麻溝公園という地元の憩いの場へ。

麻溝公園
ジョギングの時間
水飲みの時間

犬の散歩だったり、ゆっくりおしゃべりしていたり、あたりまえに流れる日常の良さにふと気づかされます。

愛川町

次は愛川町。まちを散策します。

ガソリンスタンド

休憩

落ち着く景色でした。

清川村

お次は清川村。神奈川県唯一の「村」です。

美しい
道の駅に向かって進んで行きます

道の駅清川 オシャレな建物でした。

行った場所は清川村役場とほぼ変わらない中心部でしたが、さらに山奥へ進んでいくと宮ヶ瀬湖というバイク乗りのメッカ的な場所があります。この日もバイクいっぱいいて少し怖かったです。

宝城坊日向薬師ー伊勢原市ー

次にやってきたのは伊勢原市。伊勢原市で最も有名な観光地として「大山」という山があるのですが、ケーブルカーに乗ったり1日コースなので今回は断念。立地は山奥ですが、ここへいくまでの里山風景も美しいと言われています。

日向薬師へ
着きました。
ちなみにここは日本三薬師の一つと言われています。

薬師とは人々の病患を救う如来のこと。僕も今後の無事をお祈りします。

ハイキングで来ている人もいました。すごい。

ぼうさいの丘公園ー厚木市ー

そして次は厚木市へ。街の大きな公園へ向かいます。

フェンス
ぼうさいの丘公園。トランポリンのように跳ねる遊具が人気。

ここは丘の上

名前の通り、ヘリポートも公園内にありました。

寒川神社ー寒川町ー

さてもう少し。次にやって来たのは寒川町にある寒川神社。ここは全国で唯一「八方除」ができる神社。"ご来光の道"といわれるレイライン上にあるため、パワースポットとして全国からも参拝客が絶えません。

八方除とは、地相・家相・方位・日柄などに起因するすべての禍事・災難を取り除き家業繁栄・福徳円満をもたらす、寒川大明神の全国唯一の御神徳です。大難は小難に、小難は無難に、そして吉事は最大に。歩く先への恐れがなくなり、心晴れやかに毎日を過ごせます。八方除は、あなたの未来を照らす、人生の羅針盤です。

寒川神社HPより引用

寒川神社

立派な社殿

七五三
八方除御祈念

 

七五三の時期ということもありましたが参拝客も多く、大変立派な神社でした。みなさんも人生の転機を感じたらここに来るのがいいかもしれません。

海老名市

海老名市では街を巡って行きます。

上は高速道路。正面は富士山。
海老名南JCT。海老名は交通網の要、というイメージだけど古くからもそうだったようです。
街と田んぼ
住宅街

 

綾瀬市

そして綾瀬市。だんだんと雲が多くなってきました。

一見平らに見えますが、丘の上にあります。

畑仕事

 

戸塚区ー横浜市ー

横浜といえば中華街やレンガの街並みなどが代表的かと思いますが、横浜市には10を超える区が存在します。今回僕が滞在させてもらっていたのは「戸塚区」で、せっかくなのでこの辺りを写真にしようと思います。

夕陽が当たる

戸塚駅近く

バスも主要な交通網

 

川崎市

そして戸塚駅から電車に乗って川崎市へ。

もう日が沈む。

街を歩く

川崎も大きな街だな。

これで主要なまちへは大体行くことができました。雰囲気もやっとつかめてきた。あともう少し、神奈川県を巡って行きます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me