ふるさとの手帖

市町村一周の旅

376万人が暮らす、横浜市の区を巡ろう。【旧市町村一周の旅(神奈川県)】

376万人が暮らす、横浜市の区を巡ろう。【旧市町村一周の旅(神奈川県)】
瀬谷区→旭区→緑区→青葉区、の4つへ。
2023.05.06

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【24/175】

24/175
13.71%
訪れた旧市町村の数【140/2,091】
140/2091
6.70%
総計【164/2,266】
164/2266
7.24%


2023年5月6日(土)

先日から神奈川県では川崎市、相模原市と進んで、今日は横浜市を訪れた。横浜市は、日本一の人口を誇る市だ。その数およそ376万人。ぼくの出身地、岡山県の人口は180万人だから、倍近い。しかも、岡山市の面積は790 km²で、横浜市は437.4km²。ひとつの市では、岡山市の方が断然広いのだ。人口の数と、密度が、圧倒的に違うことを感じる。

そして、横浜市は合わせて18の区にわかれている。ひとつの区の中でもいろいろあるので、すべて細かくまでは巡れないかもしれないけれど、数日かけて、訪れたい。今日は瀬谷区、旭区、緑区、青葉区と、4つの区へ。それでは振り返ってみよう。

横浜市瀬谷区

最初に訪れたのは瀬谷区。人口12万人ほどで、横浜市の中では少ない方だ。瀬谷駅の近くも、GWの休日でお出かけしているか、お休みしているか、比較的静かな時間が流れていた。

瀬谷駅へ。
友情と奉仕。

50周年経つんだなあ。
駅近くの公園。

瀬谷の諏訪社を訪れた。

源頼朝が鎌倉入りする直前に、宿泊したとされる神社だ。住宅街の中に、ひっそり佇んでいた。

住宅街の階段。

朝から、風がとてつもなく強くて、神社の木々もびゅうびゅうと音を立てていた。

横浜市旭区

次に訪れたのは旭区。多分、地元の方々のほうが詳しいはずだけれど、横浜に住む方たちの話を聞いていて、「二俣川(駅)で〜」という会話を、ちらほら聞くことがあった。だから、個人的な解釈として、二俣川駅は中核的な駅のかなあと感じていた。相鉄本線と、相鉄いずみ野線も通っている。そして、旭区に位置するとっても大きな動物園、よこはま動物園ズーラシアにも訪れた。

住宅地がずらりと並ぶ。
二俣駅近くへ。

相鉄線と。
旭鎮守 八幡神社。

旭鎮守の八幡神社。こちらも住宅街の中に、ひっそりと堂々と。

いよいよ、ズーラシアへ。
入口の銅像。
こちらは本物。遠いけど。おしりだけれど。
夢を食べるバクさん。
かわいい。

ライオンだ。

アムールヒョウ。寝てる。

ツシマヤマネコだ。

個人的には、ツシマヤマネコに出会えたのが、いちばん嬉しかった。対馬だけに生息する野生のネコで、現在の生息数はもう、たった100頭、いるかいないかだから。


と、まだ1/3ほどしか園内を巡っていなかったのだけれど、想像以上の広さで、すべてを巡るのは、諦めてしまった。でも、家族連れがとても多かったけれど、ご家族で回るなら、もっとゆっくりなスピードだろうし、訪れる先を絞ったり、何度も訪れたりして、ちょっとずつ、巡っていくのかなあと、思ったりした。

横浜市緑区

次に訪れたのは、緑区。さいたま市や相模原市でも緑区を訪れた。さらに名古屋市や千葉市にも、緑区は存在する。県立四季の森公園に訪れてみた。

県立四季の森公園へ。
水が気持ちいい。

多くは家族連れで賑わっていた。

風が強いので。

すぐ近くに長い滑り台があって、駆け抜けたあと、子どもたちは再び勢いよく坂を駆け上がり、ついて行くパパはぜえぜえ言いながらのぼっていった。 暮らしの中に緑があることは大切だなあ。

中山駅にも訪れた。

かつて、村の中央部が丘陵地帯だったことから、「中山」という地名が生まれたという。

グリーンラインと横浜線が走っている。

少し離れると景色もひらけた。

横浜市青葉区

そして、今日の最後は青葉区へ。18ある区の中で、港北区についで、人口が多い。約30万人ほど。数日前、川崎市から相模原市へ向かう途中で、青葉区も通ったけれど、そのときから、「大きなまちだなあ」と感じていたのであった。

数日前、たちばな台にて。
神鳥前川神社へ。風がすごいのである。
カメラは動かしていない。
参拝した。

いろんな場所に、住宅地が広がっている。
青葉台駅へ。

奥にそびえる、田園青葉台住宅が、とても印象的だ。 

バスターミナルからは、いろんな団地へ向かっていた。停留所も多くて、さほど京都駅と変わらないのではないかと思った。

あざみ野あたり。

美しが丘公園へ。

「美しが丘」は地名だ。元気に遊ぶ子どもたちを見守るママやパパは、お洒落な方が多かった。

左手のように、まちは開発されていくのだなあ。

今日の散策はここまで。海に面していない横浜市の区は、今まで訪れる機会がなかなかなかった。4つしか巡っていないけれど、ひとつひとつにギュッと住宅街が詰まっていて、たくさん巡ったかのような感覚だ。そうした、自分の知らないところで、生活圏や経済圏があって、日々は流れている。

(次回へ続く)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me