ふるさとの手帖

市町村一周の旅

豊後大野市を冒険する一日。【旧市町村一周の旅(大分県|4月18日―378日目)】

豊後大野市を冒険する一日。【旧市町村一周の旅(大分県|4月18日―378日目)】

大分県の旅が続きます。今日は豊後大野市にある、7つの旧町村を巡って行きました。磨崖仏あり、洞窟あり、滝あり……、いろんな新しい景色に出会いながら。それでは、振り返っていきましょう。

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【86/171】

86/171
50.29%
訪れた旧市町村の数【986/2,094】
986/2094
47.09%
総計【1072/2,264】
1072/2264
47.35%

スーパーカブの総走行距離
26502km

旧犬飼町→旧千歳村→旧大野町→旧三重町→旧清川村→旧緒方町→旧朝地町、の7つ。

今日の旅先のこと
  • 旧犬飼町へ。
    旧犬飼町へ。
  • 昔ながらの雰囲気。
    昔ながらの雰囲気。
  • 仲良しですね。
    仲良しですね。
  • 黄色が印象的。
    黄色が印象的。
  • 犬飼石仏へ。
    犬飼石仏へ。
  • 立派な磨崖仏でした。
    立派な磨崖仏でした。
  • 囲われている建物も、岩壁にのめり込んでいるみたい。
    囲われている建物も、岩壁にのめり込んでいるみたい。
犬飼町いぬかいまち(豊後大野市)(1/7)
臼杵市を出発して、最初にやってきたのは旧犬飼町です。大野川沿いに市街地が広がっていました。川からは静けさもあり、昔から残る町並みが多いなと感じます。大分県では全体的に、昔の建物が多く残っているよなあとも思いました。そして、「犬飼石仏」にも訪れてみます。踏切を渡って、急な山道を登った先に、大仏様がいました。ここもやはり、「磨崖仏」で、社殿によって囲われており、その中に立派な大仏が。迫力十分でしたし、周辺は森の中なので、すごいところに彫るなあと。祈りのパワーはすごい。

  • 大迫磨崖仏へ。
    大迫磨崖仏へ。
  • 外に鎮座していた大仏様。
    外に鎮座していた大仏様。
  • ちょっと、コワモテでした。
    ちょっと、コワモテでした。
  • 千歳支所。
    千歳支所。
  • 周辺を散策。
    周辺を散策。
  • 暮らしに咲く花。
    暮らしに咲く花。
  • バス停とベンチ。
    バス停とベンチ。
  • 綺麗だな。
    綺麗だな。
  • かつては村だったと。
    かつては村だったと。
千歳村ちとせむら豊後大野市(2/7)
道中は茶畑が広がっていました。そして、先ほどと同じく旧千歳村でも「大迫磨崖仏」という磨崖仏を見にいきました。ただ、今度は表情がぜんぜん違って、ものすごいコワモテで。なので、同じく社殿に囲まれていましたが、正面に格子が設置されていて、若干表情が見えづらくなっていました。その後、市街地周辺も巡っています。近くには中高一貫校があり、全体的に静かな暮らしという印象です。

  • 旧大野町へ。道の駅そばのスーパー。
    旧大野町へ。道の駅そばのスーパー。
  • 鶏肉の消費量が多いって。さすが大分県。
    鶏肉の消費量が多いって。さすが大分県。
  • 穏やかな気配。
    穏やかな気配。
  • なんのシルエットだろう。
    なんのシルエットだろう。
  • からあげ弁当だ!
    からあげ弁当だ!
  • おいしかったあ。
    おいしかったあ。
  • 沈堕の滝へ。遠目からでも大きい。
    沈堕の滝へ。遠目からでも大きい。
  • 何かの跡だ。
    何かの跡だ。
  • 「この先、絶景あります。」
    「この先、絶景あります。」
  • より近づいて、迫力満点。
    より近づいて、迫力満点。
  • 岩壁もダイナミック。
    岩壁もダイナミック。
  • ふと、もみじかな。
    ふと、もみじかな。
大野町おおのまち豊後大野市(3/7)
さて、旧大野町へやってきました。最初に「道の駅 おおの」の周辺を散策したのですが、唐揚げ屋さんを発見。時刻的には少し早いぐらいですが、弁当を買いに次々とお客さんがやってくる。で、ぼくもたまらず早昼を決定し、唐揚げ弁当を買いました。なんたって、大分の唐揚げ弁当ですからね。もう、ハードルを自分で上げてもいるし、下げてもいる。だって、とにかく「美味しい!」って思っちゃうもん。ニヤニヤしながら食べたことをご報告します。
その後、「沈堕の滝」というちょっとダークな名前の滝へ。滝幅も落差もたっぷりで、広さ、深さ、ダイナミックさ、全国レベルじゃないか!と思いました。豊後大野市には「原尻の滝」というさらに有名な滝もあるので、そっちに引っ張られるけれど、沈堕の滝も十分にすごいです。

  • 三重町駅。
    三重町駅。
  • 自転車もたくさん。
    自転車もたくさん。
  • 昭和な感じだ。
    昭和な感じだ。
  • 落ち着いたまちを歩く。
    落ち着いたまちを歩く。
  • ガタンゴトンー。
    ガタンゴトンー。
  • いろいろ、日常。
    いろいろ、日常。
  • 稲積水中鍾乳洞を目指そう。
    稲積水中鍾乳洞を目指そう。
  • 途中の川がとても澄んでいて。
    途中の川がとても澄んでいて。
  • やって参りました。
    やって参りました。
  • キラキラ、さらさら。
    キラキラ、さらさら。
  • 鍾乳洞へ。ひとりなので怖い。
    鍾乳洞へ。ひとりなので怖い。
  • ドキドキ。
    ドキドキ。
  • 二つ目に入った鍾乳洞の最奥部。隣の渕は、最低でも水深500mあるって。ひゃー!
    二つ目に入った鍾乳洞の最奥部。隣の渕は、最低でも水深500mあるって。ひゃー!
  • 水深500m。日本一の水深を誇る湖は田沢湖だよなあと調べてみたら、水深423mでした。自然はすごいなあ。
    水深500m。日本一の水深を誇る湖は田沢湖だよなあと調べてみたら、水深423mでした。自然はすごいなあ。
  • レトロな建物もありました。
    レトロな建物もありました。
三重町みえまち(豊後大野市)(4/7)
豊後大野市の中心地である、旧三重町へやってきました。空は黄砂で少し霞んでいるけれど、徐々に晴れてきてまちなみが輝きはじめます。三重町駅周辺のまちなみが個人的に好きでした。ふつうの町並み、と言ってしまえばそうかもしれないのですが、安定感があって、着飾ったところもない。
さらに、「
稲積水中鍾乳洞」を目指しました。市街地からはかなり離れていて、途中の清流もキラキラと美しくて。そして、鍾乳洞は大きく二つのルートがあって、どちらも順に訪れました。入り口の仮舗装みたいな鉄の板が、歩く度にボヨン、ボヨンと音が洞窟内で響くので最初は怖かったです。ほぼひとりで最後まで往復しましたが、鍾乳洞は誰かと一緒に巡るのがおすすめですね。怖いですもん。底なしの渕とかも、ありました。それで、洞窟を出ると、ちょうどテレビのレポーターのような方が、クルーと一緒に来ていて、いいなあと。笑

  • 旧清川村へ。
    旧清川村へ。
  • 麦畑だ。鮮やかな風景。
    麦畑だ。鮮やかな風景。
  • 清川支所。
    清川支所。
  • 道の駅にて、天狗のお面。神楽ですね。
    道の駅にて、天狗のお面。神楽ですね。
  • 周辺を散策。
    周辺を散策。
  • いろいろ、あるなあと。
    いろいろ、あるなあと。
  • 道の駅内に、桃神社があった。
    道の駅内に、桃神社があった。
  • お供え物もしっかり。
    お供え物もしっかり。
  • トリニータの順位表。
    トリニータの順位表。
  • かぼすサイダーを買った。大分だもんね。
    かぼすサイダーを買った。大分だもんね。
  • つかれれたら、休めばいいのです。
    つかれれたら、休めばいいのです。
清川村きよかわむら豊後大野市(5/7)
次にやってきたのは、旧清川村です。道中、色づく前の麦畑が広がっていました。小麦色になった畑も見事だけれど、田んぼと同様に青々とした風景もやっぱり綺麗です。「道の駅 きよかわ」では天狗の面をした人物像が目立っています。「神楽の里」の表記もあり、道の駅のそばには神楽会館も併設されていて、なるほどと。国指定重要無形民俗文化財の「御嶽神楽(おんだけかぐら)」が旧清川村にはあるとのことでした。こういう文化を見ると、いつもかっこいいなとつくづく思います。

  • 旧緒方町へ。
    旧緒方町へ。
  • 緒方支所。
    緒方支所。
  • 銅像の背中。
    銅像の背中。
  • 空が広い市街地だった。
    空が広い市街地だった。
  • 原尻の滝へ向かう。手前には水車も。
    原尻の滝へ向かう。手前には水車も。
  • チューリップ畑と、奥には滝も見える。
    チューリップ畑と、奥には滝も見える。
  • 穏やかな時間。
    穏やかな時間。
  • 遠目からでも、すごい落差だなあ。
    遠目からでも、すごい落差だなあ。
  • 橋を渡ってみる。揺れる揺れる。
    橋を渡ってみる。揺れる揺れる。
  • 橋の上から、原尻の滝。
    橋の上から、原尻の滝。
  • 今度は下から。見事な滝でした。
    今度は下から。見事な滝でした。
  • 滝の上流の水路の上に、鳥居があった。
    滝の上流の水路の上に、鳥居があった。
緒方町おがたまち豊後大野市(6/7)
旧緒方町では、「原尻の滝」へまずは行ってみようと。駐車場から滝壺まで歩いて向かう途中には、水車やチューリップ畑も広がっていて、とても牧歌的な風景でした。そして、立っている場所からかなり深く滝が流れ落ちていて、河岸段丘かな? とメモしたのですが、ネットで調べてみて、国交省に下記の記載を発見。
景勝地である原尻の滝周辺は河岸段丘が発達し、緒方平野と称される耕作地が広がっています。
国土交通省九州整備局 大分河川国道事務所より
ってことで、たぶん正解、ということにしましょう! すなわち、滝が流れ出る手前までは平野が広がっていて、少し川の上流に、川の中に浮かぶ鳥居もあって、それも面白いなあと思いました。

  • 旧朝地町へ。朝地支所。
    旧朝地町へ。朝地支所。
  • 静かな暮らしを感じつつ。
    静かな暮らしを感じつつ。
  • たんぽぽだ。
    たんぽぽだ。
  • 住宅地にも、ダイナミックさあり。
    住宅地にも、ダイナミックさあり。
  • 真竹川が流れている。
    真竹川が流れている。
  • 朝地駅。
    朝地駅。
  • 日差しが出てきた。
    日差しが出てきた。
  • 光と影。
    光と影。
  • 普光寺の磨崖仏を探しに。
    普光寺の磨崖仏を探しに。
  • 遊歩道を降りて行く。
    遊歩道を降りて行く。
  • 普光寺さん。
    普光寺さん。
  • 先に参拝をして。
    先に参拝をして。
  • そして、左手に彫られているのが、磨崖仏。実物はとても大きく感じる。
    そして、左手に彫られているのが、磨崖仏。実物はとても大きく感じる。
  • 仏師さんはすごいなあ。
    仏師さんはすごいなあ。
  • 隣も洞窟のようになっていて、
    隣も洞窟のようになっていて、
  • 中に、小さな大仏様がいた。
    中に、小さな大仏様がいた。
朝地町あさじまち豊後大野市(7/7)
最後にやってきたのは、旧朝地町です。市街地は山の中にひっそりとした暮らしが広がっていました。ひっそりの中でも、かなりひっそりめです。さらに、「
普光寺磨崖仏」というお寺の磨崖仏を見に行きましたが、これがまたすごかった。お寺から少し歩いたところに、巨大な磨崖仏が彫られていました。ナスカの地上絵が壁だったらこんな感じなのかなあ、なんて思いました。父と息子たちの3人組がやってきて、磨崖仏を見て「すげえ!」って素直な声が出ていました。そうなるよなあと思うぐらい、迫力たっぷりで。臼杵市や豊後大野市で出会った磨崖仏には、それぞれに凄みがあったなあと。

というわけで、今日の散策はここまで。夕方は竹田市の山奥に佇む民宿清流さんで、1泊させてもらいました。民宿清流さんも永田ジョージさんのご縁で泊まることができたのですが、宿の景色も抜群で、とても居心地が良くて。民宿に泊まるという嬉しさでエネルギーチャージして、明日もがんばりましょう。
本日のひとこと
民宿清流さんの近くには、日本百名山の祖母山そぼさんがあり、登山の団体客さんも泊まっていました。

旅を応援してくださる方へ

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

(終わり。次回へ続きます)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me