ふるさとの手帖

市町村一周の旅

竹田市での出会いに恵まれながら。【旧市町村一周の旅(大分県|4月19日―379日目)】

竹田市での出会いに恵まれながら。【旧市町村一周の旅(大分県|4月19日―379日目)】

朝、体が思いのほか軽くて、「わあ!」と思いました。きっと疲れで体が重いだろうなあと内心思っていたので。泊まっていた民宿清流さんパワーでしょうか。それでは、今日も振り返っていきましょう。また、旧久住町は後日もご縁をいただき訪問することができました。それも合わせて、まとめています。

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【86/171】

86/171
50.29%
訪れた旧市町村の数【990/2,094】
990/2094
47.27%
総計【1076/2,264】
1076/2264
47.53%

スーパーカブの総走行距離
26724km

竹田市→旧荻町→旧久住町→旧直入町、の4つ。

今日の旅先のこと
  • 民宿清流へ向かう途中。宿があるのかなあと、少し不安になって1枚。
    民宿清流へ向かう途中。宿があるのかなあと、少し不安になって1枚。
  • 無事にありました。よかったよかった。
    無事にありました。よかったよかった。
  • 民宿って、いいですよね。
    民宿って、いいですよね。
  • 宿の周辺は美しい山並みだ。
    宿の周辺は美しい山並みだ。
  • 「近所の神社へ行くと良いよ」と言われて。木々に包まれている。
    「近所の神社へ行くと良いよ」と言われて。木々に包まれている。
  • 御神木が素晴らしかった。
    御神木が素晴らしかった。
  • 翌朝、おはようございます。
    翌朝、おはようございます。
  • ご主人のタイジさんとカメラ談義をした。
    ご主人のタイジさんとカメラ談義をした。
  • そして、タイジさんに案内していただき、宮砥工藝舎さんへ。
    そして、タイジさんに案内していただき、宮砥工藝舎さんへ。
  • 右手が高木康子さん。さをリ織り作家だ。
    右手が高木康子さん。さをリ織り作家だ。
  • 見たことのない糸だ。
    見たことのない糸だ。
  • 陶芸家のご主人もカッコよかった。
    陶芸家のご主人もカッコよかった。
  • 宮砥工藝舎を出発し、「音無井路十二号円形分水」へ。
    宮砥工藝舎を出発し、「音無井路十二号円形分水」へ。
  • 水が分かれている。看板には「水は農家の魂なり」と。
    水が分かれている。看板には「水は農家の魂なり」と。
  • その後、岡城跡へ。石垣が素晴らしく、周辺に柵がなくてダイナミックだった。
    その後、岡城跡へ。石垣が素晴らしく、周辺に柵がなくてダイナミックだった。
  • 瀧廉太郎の銅像も。
    瀧廉太郎の銅像も。
  • そして、市街地の瀧廉太郎記念館へ。
    そして、市街地の瀧廉太郎記念館へ。
  • バイオリンだ。
    バイオリンだ。
  • 映像を見た。命あることに感謝し生きること。
    映像を見た。命あることに感謝し生きること。
竹田市(1/4)
滞在した民宿清流さんでは近くに集落が点在していて、地元のおばあちゃんたちが、道路脇の草取りをしていました。「良い神社があるよ!」とおばあちゃんに道を教えてもらって訪れてみると、御神木がとても立派な神社で、気持ちよく参拝です。
そして翌朝。旧校舎を活用した宮砥工藝舎という場所で、「さをリ織り」作家である高木康子さんにお会いしました。というのも、後日竹田市を案内してくださった齊藤美絵さんの紹介で、突然ながらもオッケーをいただいて、民宿清流のご主人に工藝舎まで案内していただき、お会いできたのでした。高木さんは底抜けの明るさを持ったパワフルな女性で、自由さと強さのある織物の作品も見ていると、やっぱり作品には生き方がうつるのかなあということを感じたり。陶芸家のご主人もいらっしゃって、一緒にいろんな話をさせてもらいました。
その後、「
音無井路十二号円形分水」、「岡城跡」、「瀧廉太郎記念館」へそれぞれ行ってみました。円形分水はほぼ宮崎県との県境にあり、水の流れが農家にとっていかに重要だったかと。岡城跡は2回目の訪問です。石垣は立派だし、柵がないので城跡から見える山々は迫力満点。ちょっと足がすくむぐらいです。そして、瀧廉太郎記念館は初めての訪問でした。瀧さんが夭折されたことは知っていたけれど、23歳で亡くなられたことを資料から見ていくと、やはりいろんな気持ちが入り混じります。生涯についてまとめられた14分間のビデオを見ました。ドイツの音楽学校に留学し、たった2ヶ月後に結核になり、帰国せざるを得なかったと。「やりたいことがもっともっといっぱいあったはずだ」という言葉もありました。それでも瀧さんが残した功績は、今も燦然と輝いている。自分も命を大切にすることです。人生は短し、芸術は長し。

  • 旧荻町へ。
    旧荻町へ。
  • グラウンドと家。
    グラウンドと家。
  • 荻支所。
    荻支所。
  • 市街地を散策する。
    市街地を散策する。
  • 良い雰囲気だ。
    良い雰囲気だ。
  • 豊後荻駅前。
    豊後荻駅前。
  • 地元の荻神社にて。
    地元の荻神社にて。
  • 境内に置かれていた。
    境内に置かれていた。
荻町おぎまち(竹田(2/4)
旧荻町は小さなまちですが、道路のごく自然な風景から美しいなあと感じられました。豊後荻駅から市街地を散策していくと、昔からの整った町割りを感じます。碁盤目状なので、あれ、さっきの道じゃないぞ…と迷ったりもしました。そうした変わらない気配が続いているのも良いなあと。荻の里温泉が気になってもいましたが、まだ営業時間ではなかったので、荻神社に立ち寄ってみます。軽トラが一台停まっていて、地元のおじいちゃんがサッと参拝して去っていきました。ふだんから、そうした日常なのかもしれません。

  • 旧直入町へ。たけのこ干してた。
    旧直入町へ。たけのこ干してた。
  • 秘湯ながの湯。体がすごく軽くなった。
    秘湯ながの湯。体がすごく軽くなった。
  • 周辺は穏やかだ。
    周辺は穏やかだ。
  • 支所近くにて、野球場。
    支所近くにて、野球場。
  • 長湯温泉街へ。
    長湯温泉街へ。
  • 懐かしい雰囲気。
    懐かしい雰囲気。
  • 歌碑もいくつかあるみたい。
    歌碑もいくつかあるみたい。
  • タクシーのりば。
    タクシーのりば。
  • お酒の瓶がいっぱい。
    お酒の瓶がいっぱい。
直入町なおいりまち(竹田市)(3/4)
旧直入町は、長湯温泉が有名なまちです。「ラムネ温泉」という名称も広く知られているように思います。今回は、里山の風景に佇む「秘湯 ながの湯」で日帰り温泉にチャレンジしてみました。番台さんはおらず、無人料金箱スタイル。さすが温泉県。しかも、料金は200円でビックリ。湯船は古びたという意味ではなく、味わいという意味でのサビが素晴らしく、昔ながらの雰囲気が充満しています。湯口からはボコォ、ボコォ、と源泉が絶えず音を立てて流れ出ていました。長湯温泉は炭酸泉が有名ですが、今回はそれほど泡が肌に付かず。地元のおじいさんと挨拶をして外に出ると、ああ、体が軽い!この軽さを実感できるって、すごくありがたいなあと。
その後、長湯温泉の市街地にも訪れてみます。温泉街は道路の舗装が色付きで、とても良い雰囲気が広がっていました。いろんな名称の温泉施設があったことも印象的です。

  • 久住支所。
    久住支所。
  • まちとくじゅう連山。
    まちとくじゅう連山。
  • 昔ながらの気配だ。
    昔ながらの気配だ。
  • くじゅう花公園へ。
    くじゅう花公園へ。
  • いろんな花があった。季節はチューリップ。
    いろんな花があった。季節はチューリップ。
  • 動いてた。
    動いてた。
久住町くじゅうまち(竹田(4/4)
旧久住町は、二度訪れることができました。一度目は自分で市街地を巡ったのち、くじゅう花公園へ。道中のくじゅう連山も絶景で、訪れるのは初めてだったので、こうした景色があったことを、今まで知らなかったなあとしみじみ。花公園は観光地ということもあり、カメラを持っている人も多く、今どきな気配も感じます。でも、くじゅう花公園の開園は1993年まで遡るとのことです。それを知って、花公園の印象が変わりました。これからも長く続いて欲しいですよね。
  • くじゅうの山が、見えるか、見えないか。
    くじゅうの山が、見えるか、見えないか。
  • 雲があっても壮大だ。
    雲があっても壮大だ。
  • 齊藤美絵さんにご案内いただきながら。
    齊藤美絵さんにご案内いただきながら。
  • 湧水も教えてもらった。美味しい!湧水によって、料理の味も変わるって。
    湧水も教えてもらった。美味しい!湧水によって、料理の味も変わるって。
  • すごい景色だなあ。
    すごい景色だなあ。
  • 童心回帰農場へ到着。
    童心回帰農場へ到着。
  • 草そり、やらさせてもらいます。一礼!
    草そり、やらさせてもらいます。一礼!
  • 草そり、うぎゃー!!って、感じで最高でした。
    草そり、うぎゃー!!って、感じで最高でした。
  • ルン爺の大切なぶどうの木。
    ルン爺の大切なぶどうの木。
  • ブランコに美絵さんも。
    ブランコに美絵さんも。
  • ルン爺、お会いできて嬉しかったです。
    ルン爺、お会いできて嬉しかったです。
  • くじゅう連山も晴れてきたね。
    くじゅう連山も晴れてきたね。
  • ありがとうございました〜!
    ありがとうございました〜!
  • その後、仏師の早瀬さんとお会いした。
    その後、仏師の早瀬さんとお会いした。
  • ギャラリーには早瀬さんの作品が並ぶ。かっこいい…。
    ギャラリーには早瀬さんの作品が並ぶ。かっこいい…。
  • すごい世界だなあ。
    すごい世界だなあ。
  • ギャラリーの空間も素晴らしかった。
    ギャラリーの空間も素晴らしかった。
  • そして、おうちの空間もたまらなく好きだった。
    そして、おうちの空間もたまらなく好きだった。
  • 暮らしって大事だなあ。
    暮らしって大事だなあ。
  • お相伴に預かりました。
    お相伴に預かりました。
  • 細かなところに豊かさは宿る。
    細かなところに豊かさは宿る。
  • お話もたくさんできて嬉しかったです。ほんとうにありがとうございました!
    お話もたくさんできて嬉しかったです。ほんとうにありがとうございました!
さて、日付が変わって4月24日、永田ジョージさんのご縁で、齊藤美絵さんにお会いすることができました。齊藤さんは大分県のご出身で、現在は大分でラジオパーソナリティやフードパーソナリティとして、幅広くご活躍されている方です。初めましてだったのですが、お忙しいところ時間を作ってくださり、旧久住町を案内していただきました。

訪れたうちのひとつが、「久住高原 童心回帰農場」です。迎えてくださったのは、“ルン爺”と“しのぶさん”、というとっても素敵な二人。童心回帰農場は言葉そのままに、大人が童心にかえっても良いんだよ、というのびのびした場所でした。ぼくはひとりで草そり、ブランコ、トロッコにターザンロープ、とおおはしゃぎさせてもらいました。最初の草そりで息がきれて、ハァ、ハァ、体力が、落ちてる…! と思いつつ、草そりは何年ぶりだろうなあと思うと、なんだかうるっとくる嬉しさで。ターザンロープも、「ヒヤッホー!」って、2回やらせてもらいました。敷地の西には大きなくじゅう連山も鎮座していて、日本じゃないような開放感。こうしたどんな人にも寄り添った場所があるんだなあと思うと、ルン爺としのぶさんの優しさが、ますます心に沁みました。まさに、心をたがやす農場でした。

もう一箇所、早瀬さんご夫婦にもお会いしました。ご主人の早瀬
成憲しげのりさんは仏様を彫る仏師。奥様のあかねさんは水彩画家で、お二人ともとてもやわらかい雰囲気に包まれていて、カッコ良くて。ご自宅にも上がらせてもらったのですが、おうちの空間がとにかく素晴らしかったです。ところどころに飾られた大仏や絵が空間に溶け込んでいて、緑も豊かで、窓から入ってくる木漏れ日が畳の上でゆらゆらと揺れて。家の構造にも特徴があると教えてもらいましたが、ほんとうに大好きな空間でした。また、成憲さんが民俗学者の宮本常一の話題を出してくださって、ぼくも大好きな方なので、そのお話もできて嬉しかったなあ。

というわけで、散策はここまで。永田ジョージさんや齊藤美絵さんのご縁があり、何年経っても、竹田での時間を思い出せるような出会いになりました。土地の記憶は、人との記憶でもありますよね。ほんとうにありがとうございました。
本日のひとこと
齊藤さんと道中に食べた「だんご汁」もすんごくおいしかった。2杯食べられた。

旅を応援してくださる方へ

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

(終わり。次回へ続きます)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me