ふるさとの手帖

市町村一周の旅

唐津市から佐賀市へ。雨が早まって。【旧市町村一周の旅(佐賀県|12月14日―252日目)】

唐津市から佐賀市へ。雨が早まって。【旧市町村一周の旅(佐賀県|12月14日―252日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【81/175】

81/175
46.29%
訪れた旧市町村の数【719/2,094】
719/2094
34.34%
総計【800/2,269】
800/2269
35.26%

スーパーカブの総走行距離
20720km

旧相知町→旧厳木町→旧富士町→旧三瀬村→旧大和町、の5つ。

唐津市から佐賀市へ。雨が早まって。(2023年12月14日(木)―252日目)

8時過ぎに唐津市を出発して、今日は佐賀市を目指していく。天気予報では、16時ごろから雨が降るとはっきり出ていたので、それに間に合えば良し、と意気込んでいたわけだが、12時過ぎには雨が降り出して……。

それでは振り返って行こう。

旧相知町(唐津市)

最初にやって来たのは、旧相知町。「おうち」と読むとは、恐れ入ります。

松浦川と厳木川の合流地点にまちが広がっていて、あいにくの曇り空だったけれど、晴れていたらすごく気持ちのいい風景なんだろうなと思った。

そして、山奥にある鵜殿石仏群へやってきた。どうやら、山の中に石仏が掘られているそうだ。カラスと小鳥が鳴く森の中へ、ひとり心細い気持ちで進むと、大仏様が石にたくさん彫られていた。洞穴のような場所にも、大きな顔があった。14世紀から16世紀にかけての、山岳仏教の信仰の文化だそうだが、信仰の導く力というものには、相変わらず驚かされる。500年後も、仏教の信仰はしっかり残っているなあ。

石仏群が現れた。
あちこちに。

ドキッとした。

あとは、川沿いの風景や相知駅の周辺を散策した。厳木川では鴨たちが気持ち良さげに泳いでいたのだった。こんなに寒いのに、寒くないのかなあ、って。

相知市民センター。
鴨たちがスイスイ。

旧厳木町(唐津市)

次にやって来たのは、厳木(きゅうらぎ)町。難読漢字が続く。相知と一緒で、ぼくは最初まるっきり読めなかったわけだけれど、唐津の人たちは当然のごとく読めるので、地名って面白い。
 
最初に、「環境芸術の森」という場所を目指した。森までかなりの坂道が続き、どんな森なのだろうかと想像が広がる。
 
入場料を支払うと、手入れをしていたおばさんに、「あの建物で券を見せてくださいね」と案内してもらう。その建物に入ると、別の女性が掃除機をかけていたところで、迎え入れてくださった。
 
その方に話を伺うと、環境芸術の森は、ひとりの男性が作り上げたという森だった。作者である鶴田正明氏は、「森は海を育てる」という思いで、40年以上かけてこの森を作り上げていったという。きっとここで働いている人たちは、その思いを背負っている。
 
そして、建物の机が漆塗りで鏡張りのように反射するらしく、SNSではその景色に反響があるとのことだった。ここ数年、特に紅葉の季節になると、その写真を撮りに多くの人が訪れると。なるほど、写真映えが人気を呼んで嬉しい反面、森への思いが正しく伝わるかどうか、板挟みというところなのかな。と思ったりもしたけれど、そのあと森を散策して、元々は竹林だったというこの敷地が、これほどまでに立派な森になっているとは、すごいなあと思わずにはいられなかった。
厳木市民センター。
今日、日差しが出たのはこの数分だけでした。
環境芸術の森へ向かう途中。かなり山を登った。
環境芸術の森へ。「森は海を育てる」
こうするといい感じに撮れますよと、ぼくも写真を撮ってもらった。
心が美しい森だった。
道の駅 厳木から。
道の駅で圧倒的存在感だった、佐用姫像。厳木にいたとされる豪族の娘。

旧富士町(佐賀市)

唐津市の長い旅が終わって、ここからは峠を越えて、佐賀市を目指していく。峠は寒いかなと覚悟していたけれど、なんとかなるぐらいだった。
 
そして、旧富士町にやってくると、古湯温泉の温泉街が現れた。最初に見えたONCRI(おんくり)の建物が新しく立派でかなり目立っている。それから英龍温泉などがある温泉街を散策した。石畳で雰囲気がしっかりある。斎藤茂吉が来ていたという看板も見つけた。
 
温泉に入るかどうか、だいぶ迷って、「ええい、入っちゃおう!」と、ONCRIの日帰り温泉に入ることにした。入浴料は1300円、お昼ご飯は抜きかなと思いながら。
 
少しだけぬるめのお湯で、露天風呂からは山並みがドーンと見えて、ああ、今日は終わりにしないかい…という気持ちで。せっかく体があたたまっても、これからまた冷えるだろうし。
古湯温泉。奥の建物がONCRI。
温泉街だ。
英龍温泉。焼き芋も売ってた。

旧三瀬村(佐賀市)

温泉で体がぽかぽかになったあと、旧三瀬村へ向かった。旧富士町からは、思いのほか近くて15キロほどの移動だ。
 
旧三瀬村に着いたら、最初はまちを散策しようと思っていたのだが、ここで雨が降り始めたのだった。まだお昼時、夕方から雨の予報なので、すぐに止むだろうと。しかし、雨が止まない。むしろ、強くなってきた……。というわけで、旧三瀬村にある「三瀬そば」で雨宿りを兼ねて、お昼ご飯にすることにした。温泉で1300円使ってしまったので、お昼ご飯は抜こうかな、なんて思いもあったけれど、雨だからね、仕方ないですし、三瀬そばはすごく人気なのだなあと、事前リサーチのときから感じていて。
 
平日でも店内はすごく賑わっていた。とろろのお蕎麦をいただく。届いたときに、「お蕎麦が太い!」と思ったけれど、食べてみるとさらにコシがあって、歯ごたえがあった。今までの柔らかいうどん文化圏を卒業したような感じ。うまい!
三瀬そばへ。
すごく美味しかった。

ご飯を食べ終わった頃には止むかなと思った雨が、ぜんぜん止まない。ようやくレーダーを見ると、もう、雨雲がどっさりと来ているじゃないか。予報とちがーう! これは諦めなすって旦那。そそくさと合羽を着て再出発した。

三瀬支所。
不思議なモニュメント。
カフェもあった。

旧大和町(佐賀市)

旧三瀬村から、次は旧大和町へ向かって南へ進んでいく。雨脚はどんどんと強くなり、大雨になった。途中、道の駅大和でバイクを停める。そばには嘉瀬川が流れていて、渓谷の景色の中、晴れていたらすごく綺麗なんじゃないかなと、うっすら見える山並みから想像できた。
 
さらに南下していくと、赤い橋を越えたあたりから、平野の景色に変わった。肥前国庁跡の看板を見つけて立ち寄ってみる。奈良時代から平安時代中頃にかけて、肥前国の中心地がここにあったそうだ。旧大和町の地名も、そこからきているのかなあと思いを馳せる。
 
そして、中高生たちが、雨具を持たずに下校している様子が目立った。彼らも夕方から雨だという天気予報を信じていたのだろう。まったく、今日は意表をつかれたよね。細い道でずぶ濡れの男子三人組とすれ違ったとき、お互いにあわれむような眼差しで目が合って、三人のうちの一人が「寒いっす!」と挨拶をしてくれた。寒いよな、風邪ひくなよー!
旧大和町へ。
山並みが重なり合っている。
サンタさんだ。
道の駅大和。
嘉瀬川。
肥前国庁跡。
大和支所。
風邪引くなよー!

というわけで、今日の散策はここまで。天気に振り回された1日でしたが、無事に佐賀市まで到着することができて何よりでした。しばらくは不安定な気候が続きそうなので、無理せずに進んでいきます。

本日のひとこと
移動中に佐賀北郵便局を見つけて、佐賀北高校を思い出した。広陵高校との、あの夏の甲子園決勝のシーンがね。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me