ふるさとの手帖

市町村一周の旅

福岡県の中部、飯塚市と嘉麻市を巡ろう。【旧市町村一周の旅(福岡県|11月30日―238日目)】

福岡県の中部、飯塚市と嘉麻市を巡ろう。【旧市町村一周の旅(福岡県|11月30日―238日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【74/175】

74/175
42.29%
訪れた旧市町村の数【666/2,094】
666/2094
31.81%
総計【740/2,269】
740/2269
32.61%

スーパーカブの総走行距離
19380km

飯塚市→旧筑穂町→旧稲築町→旧山田市→旧嘉穂町→旧碓井町、の6つ。

福岡県の中部、飯塚市と嘉麻市を巡ろう。(2023年11月30日(木)―238日目)

朝、アスファルトが濡れていた。ああ、雨がザッと降ったんだ。体感気温も昨日よりも寒く感じられる。もうすぐ12月だもんなあ。今日は福岡県中部の飯塚市と嘉麻市のまちを巡っていった。それでは振り返ってみよう。

飯塚市

飯塚市の旧市町村も訪れている中で、以前から飯塚市だった地域を散策した。最初に向かったのは、筑豊御三家と並び、「筑豊の炭鉱王」と呼ばれた伊藤伝右衛門の邸宅、“旧伊藤伝右衛門邸”。ちなみに「筑豊御三家」は安川敬一郎、貝島太助、麻生太吉を指す。安川氏が暮らした旧安川邸と、貝島炭鉱について学ぶことのできる宮若市石炭記念館も、今回の旅で訪れたので、だいぶ重要な人物がつながってきた。

幸袋(こうぶくろ)地域にて雰囲気のある通りを進むと、お城みたいなでっかい門が現れた。まさに旧伊藤伝右衛門邸にふさわしい大きさ。しかし、門の前に立て札があって、なんと今日から12月中頃までは休館日だった。あらら、残念。入り口だけでもすごい迫力だったので、邸内はまたすごいのだろうなあ。

嘉穂劇場と呼ばれる木造の芝居小屋は、国の登録有形文化財に指定されている。今は休館しており、中に入ることはできないものの、近くを歩いてみた。

そしてもう一箇所、勝盛公園も。程良い大きさの池があって、憩いの場のように感じられた。桜の名所でもあり、住宅地に囲まれた穏やかな公園。もしここが東京なら、杉並区に思えるなあ。

旧伊藤伝右衛門邸へ。
残念ながら、休館。
でも、立派な門で。

勝盛公園へ。
黒鳥だ。水戸市の千波湖で出会ったとき以来だ。

今は休館中の嘉穂劇場。
住宅街の中に佇んでいた。
まもなく遠賀川に合流する、穂波川。

旧筑穂町(飯塚市)

次に訪れたのは、旧筑穂町。まずは大分八幡宮を目指して進んで行った。「おおいた」ではなく、「だいぶ」と読む。八幡宮に着くと広い境内で、鳥居も大きく立派な木々が立っている。神社のはずだけれど、門の左右の像は阿吽の口の形をしていた。

そのあと集落が変わって、筑穂支所周辺を訪れた。支所は斜めにとんがった形をしていて、年数は経っているのかもしれないけれど、とてもモダンな支所だ。上穂波駅まで歩いて着いたところ、ちょうど筑豊本線の電車が入線した。

大分八幡宮。

大楠があった。

筑穂支所。
形がカッコよかった。

上穂波駅。

旧稲築町(嘉麻市)

ここからは嘉麻市に移ろう。合わせて4つのまちが合併して、現在の嘉麻市になっている。最初に訪れたのは、旧稲築(いなつき)町。「山野の石像群」なるものが気になって、山野若八幡神社の駐車場にカブを停め、石像群へ向かった。周囲に穏やかな住宅地が広がっている中で、石像群の札に沿って階段をのぼっていくと、小屋が建っている。どうやらこの中に石像群があるのか、と中を覗いてみると……わあ! たくさんの大小様々な石像がひっそりと息をひそめていた。

その後、稲築公園に登ってみると、嘉麻市役所と景色が一望できた。そばには遠賀川、その東には山田川が流れて平野になっており、その奥にはゆるやかな山並みが広がっていた。

旧稲築町へ。
山野若八幡神社。

山野の石像群へ。五百羅漢とも呼ばれる。
いらっしゃった。

冬だなあ。

山野運動公園から。

稲築公園へ。

左手の建物が嘉麻市役所。

旧山田市(嘉麻市)

嘉麻市街地では遠賀川と山田川が両方流れていて、その山田川の方を上流に向かって進んでいくと、旧山田市へ入る。射手引神社(いでびきじんじゃ)を訪れると、茶色の鳥居と瓦屋根が印象的な神社だった。神社からまちを見下ろしてみると、古いまちなみがぎゅっと詰まっている。旧山田市がどういうまちだったか。山田生涯学習館の前に古い踏切があって、その下に説明文が書かれてあった。石炭産業最盛時には人口約4万人を数えたまちであったこと。エネルギー政策の変化による石炭産業の衰退後は、沿線人口が激減し、この踏切が使用されていた、旧国鉄上山田線も廃線になったこと。山田市はかつて、筑豊最奥部の炭鉱のまちだったのだなあ。

射手引神社。
鳥居と瓦屋根は茶色だった。

山田総合支所。

古いまちなみ。

旧嘉穂町(嘉麻市)

旧山田市からひとつ峠を越えると、旧嘉穂町に入る。流れている河川も山田川から遠賀川に変わった。遠賀川と山の間にまちなみも広がっており、メインの通りには風情がある。その同じ通りにある、寒北斗酒造を訪れてみた。創業1729年の古い歴史を持ち、表彰状が壁一面に飾られていて、多くの人々に愛されてきたことが感じられる。商品の小売ブースもあって、お客さんもたえまなくやってきた。そしてふと、壁に飾られたものの中に、伊能忠敬が1813年に寒北斗酒造で泊まったという日記が飾られていた。それを見て嬉しくなった。

嘉穂総合支所。

寒北斗の文字。

全国どこでも、忠敬先生。

遠賀川。

旧碓井町(嘉麻市)

最後にやってきたのは、旧碓井町。「道の駅 うすい」と碓井総合支所は交差点を挟んでほとんど同じ場所にあって、その周辺を散策してみる。道の駅の店内はスーパーのようでもあり、地元のお客さんもとても多そうだった。

その後、嘉麻市立織田廣喜美術館を訪れる。織田廣喜(おだひろき)は少年時代を碓井村で過ごし、その後、日本の画家として頭角を表した人物。二科会の常務理事や理事長も務めた。

館内の織田廣喜の展示は撮影禁止だったので、じっくりと展示を見ていく。オリジナルの世界観だなあと感じられた中で、織田さんが残していた言葉が作品の横に貼られていて、それもすごく好きだった。

絵の情緒とか寂しい味などを出すとすれば、それはやはりいろいろ経験しないと表現できませんからね、世の中の苦労が全部、絵の要素になるんですね。

そして、常設展の冒頭で、織田さんと妻のリラ夫人の写真があって、その写真がとても上手いなと名前を見ると、撮影者は林忠彦だった。すぐに納得。林忠彦は、昭和の写真家の中でも非常に有名な人物だから。さらに、別室で林忠彦と山口利明(同じく写真家)が撮り下ろした、織田さん家族の写真が展示されていて、それもまたとてもいいのであった。やっぱり、いい写真を撮る人はいいなあ。織田さんのことは、「決して偉ぶらない、気取らない画家」と書かれてあって、織田さんのことも好きになった。きっと、清々しい人だったんじゃないかな。

道の駅うすい

碓井総合支所。

野球場の芝も黄色。

織田廣喜美術館。

ロビー。白が基調の美しい空間だった。

というわけで、今日の散策はここまで。これで筑豊地域の旧市町村を、ひと通り訪れることができたのだった。パラパラと小雨も何度か降ったし、寒くて手がかじかんだ1日だったけれど、まだまだ福岡県の旅も道半ば。ここからがんばっていきましょう。

本日のひとこと
飯塚市で力士さんを3人見た。ぼくはダウン着ても寒かったけれど、その力士さんのうちのひとりが半袖だった。さすがだ。
 
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me