ふるさとの手帖

市町村一周の旅

炭鉱のまちに思いを馳せる。【旧市町村一周の旅(福岡県|11月29日―237日目)】

炭鉱のまちに思いを馳せる。【旧市町村一周の旅(福岡県|11月29日―237日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【74/175】

74/175
42.29%
訪れた旧市町村の数【660/2,094】
660/2094
31.52%
総計【734/2,269】
734/2269
32.35%

スーパーカブの総走行距離
19300km

旧若宮町→旧宮田町→旧穎田町→旧庄内町→旧穂波町、の5つ。

炭鉱のまちに思いを馳せる。(2023年11月29日(水)―237日目)

今朝まで鞍手町のご家族にお世話になり、ご夫婦それぞれの出勤をお見送りしたあと、ぼくも出発した。6時半から7時ぐらいの間に家を出られるので、やっぱり自分もがんばんなきゃなあと思う。たくさんお世話になりました、ほんとうに素敵な時間をありがとうございました。

今日は宮若市から飯塚市まで進んでいった。それでは振り返っていこう。

旧若宮町(宮若市)

宮若市は「旧若宮町」と「旧宮田町」が合併している。どちらも名前に「宮」がついていて、“若宮”は“宮若”とも名前が混同してしまいそう。後に訪れた宮若市石炭記念館で教わったのだけれど、「旧若宮町は農村で、旧宮田町は炭鉱のまちでした」と。今は同じ宮若市でも、暮らしの特徴には違いがあったわけだ。

工場団地を抜け、市街地からやや離れたところにある、竹原古墳を訪れた。古墳というものはだいたい、ひらかれた公園のようになっていて、自由に出入りできることも多いが、竹原古墳は調べたときにはっきりと営業時間が9時からと書いてあった。

駐車場に着くと、管理棟のような建物があり、そこに「受付」の張り紙がある。なるほど、管理棟で入場料を支払う仕組みですね。建物に入ると暖房の効いた室内からおじいさんがでてきて、入場料を支払い、「それでは一緒に行きましょう」と。

諏訪神社の石段を登ると左手には確かに古墳が見える。その横にさらに小さな建物があり、おじいさんがシャッターを開けると、大きな液晶画面が現れた。「まずは5分間の映像を見てください」とおじいさんは言ったけれど、10分ぐらいあったように思う。竹原古墳に関する歴史的な背景を知った。

その後、いよいよ古墳内の壁画を見せてもらった。建物の中に、四つん這いになって進ほどの小さな扉があって、厳重に鍵がかかっており、それをおじいさんが開けてくれた。ただ、ここから先は撮影禁止だ。カメラバッグを置いて、四つん這いで扉の中を進むと、ガラスの扉に差し掛かり、その奥に古墳時代の本物の壁画を見ることができた。鳥肌ものであった。

約1500年前の古墳時代に、豪族の遺体が安置されたと思われる横穴式石室で、その壁に見事な装飾壁画が今もなお残されているのだ。単色ではなく、淡い橙色の顔料も使われていて、その色味にも感動した。高さ3メートルもある壁にくっきりと馬や波、人物が描かれていた。その大きさにも驚かされると同時に、空間全体が持つ時代を凌駕した雰囲気に、圧倒されたのだった。レプリカでもなく本物の壁画だったからこそ。

諏訪神社の横に竹原古墳がある。案内してもらう。

古墳に関する映像を見た。
竹原古墳。この中に壁画があった。素晴らしかった。
優しい風景。

若宮総合支所。
お買い物。

「追い出し猫」なるものも有名だそうだ。

旧宮田町(宮若市)

次にやってきたのは旧宮田町。ところどころ、斜面に住宅地がびっしりと並び、暮らしの気配を感じさせる。最初に宮若市役所を訪れたあと、宮若市石炭記念館を訪れた。

筑豊地域にはいくつか石炭記念館があるけれど、ここでは「貝島炭鉱」の歴史にスポットを当てた展示を見ることができた。説明文の手書き文字が、独特の統一された柔らかいフォルムで懐かしさを感じさせる。

炭鉱の暮らしには栄枯盛衰があり、みんなで生きた喜びも、誰かが亡くなってしまった悲しみも、いろんな喜怒哀楽がここにはあったのだなあと、展示から思いを馳せた。

最後に、職員のおじいさんからも話を伺った。その方曰く、貝島炭鉱で感心するのは、従業員の子どものために学校を5つ作ったこと。石炭記念館があるこの施設も、元々はその5つのうちのひとつの学校だった。さらには奨学金を整備したり、昔は東京にも寮をつくったり、教育的なサポートにも努めていたのだと。

そして、その方が宮本常一さんが好きだというので、しばらくその話でも盛り上がってしまったのだった。いい話をたくさん聞くことができた。

旧宮田町へ。
宮若市役所。最近はちょうど大変なタイミングですね。

石炭記念館へ。

炭鉱の様子が描かれた絵も素晴らしかった。

コールピック。石炭を破砕する機械。

旧頴田町(飯塚市)

宮若市から小竹町を通過して、飯塚市の旧頴田(かいた)町へやって来た。遠賀川の右岸に小さなまちが広がっている。お昼時だったので、近くで良いお店がないかなと探してみたら、ラーメン屋さんもあったけれど、うどん屋さんの方が気になって、寄ってしまった。店内は幅広い客層で賑わっているし、お店のホールを仕切るおばさんたちの姿もかっこいい。値段もリーズナブルで美味しいし、福岡県ですっかりうどんの虜になってしまった。

そのあと頴田支所周辺を訪れた。ひっそりと暮らしが佇んでいる。大きな住宅団地の姿もあった。

旧頴田町へ。遠賀川沿い。

家と山並み。

大福うどんで昼食に。
うどん定食。奥には天ぷらもあって、ぜんぶ美味しかった。出汁が、優しいけどコクがあって。

頴田支所。
住宅団地だ。

旧庄内町(飯塚市)

旧頴田町から南下し、旧庄内町を訪れた。市街地に向かう前に、国道201号線の交差点を左に折れる。この道をまっすぐ進めば烏尾峠を越えて、糸田町に入るのだが、今回はその手前に広がっている筑豊緑地へ。サッカー、野球、テニス、様々なスポーツ場が緑地一帯に点在しているようで、規模の大きさが伝わってくる。ザ・リトリートというスポーツ&ウェルネスのグランピング施設もあるようだった。広い敷地でありながらも、池が多く点在していることで、水を見ているととても心が落ち着く。

庄内支所の周辺部も訪れた。山が東側に広がり、西側には庄内川があることで視界も広い。近くの住宅街は新旧どちらの住宅も見受けられた。

筑豊緑地へ。

庄内支所。

時間が戻ったような。

旧穂波町(飯塚市)

最後にやって来たのは、旧穂波町だ。再び国道201号線に戻り、それを西に向かって進み遠賀川を渡ると、旧穂波町に入る。その国道201号線からは、遠賀川を渡ってまもなく山が見える。木々が生い茂り、一見何の変哲もない普通の山に見えた。でも、この山はかつて「ボタ山」だった。鉱山を掘り進めて出た土が積み上がった、人工的な山なのだ。

事前にそこにボタ山がある、とわかった上で訪れたから気づいたけれど、何も知らなければ、気づきようがないなと思った。山の麓にある忠隈山の神公園を訪れる。子どもたちが楽しそうに遊んでいて、親御さんがその様子を見守っていた。100年も満たないうちに、山の麓の姿は変わっている。

そして、穂波支所の周辺を散策していると、かつてはこの辺りが「長崎街道」であったと石碑が立っていた。小倉から長崎までのルートが通じている。たくさんの人がここを歩いたのだろうなあ、すごいなあとただ思うばかりだ。

忠隈山の神公園から。

この木々も、かつてのボタ山。

ボタ山を遠くから。

穂波支所。

長崎街道。
ドラッグストアモリにすごく出会う。


というわけで、今日の散策はここまで。日々、新しい景色に触れる機会があることに感謝です。

本日のひとこと
今日はお昼も夜も、うどん屋さんに行ってしまいました。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me