ふるさとの手帖

市町村一周の旅

人との出会いや迫力の大噴湯。そして、聖地の稲庭うどん。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月25日―172日目)】

人との出会いや迫力の大噴湯。そして、聖地の稲庭うどん。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月25日―172日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【59/175】

59/175
33.71%
訪れた旧市町村の数【517/2,093】
517/2093
24.70%
総計【576/2,268】
576/2268
25.40%

スーパーカブの総走行距離
15740km

横手市→旧山内村→湯沢市→旧雄勝町→旧皆瀬村→旧稲川町、の6つ。

人との出会いや迫力の大噴湯。そして、聖地の稲庭うどん。(2023年9月25日(月)―172日目))

秋田県にやって来て10日間ほど経った。大雨の日もあったけれど、ここ数日は雨模様じゃないことが、とてもありがたく感じられる。

今日は横手市と湯沢市の旧市町村を訪れた。まちの公園や城跡、さらには景勝地に稲庭うどん。湯沢市では地元の方々との交流もあった。それでは振り返ってみよう。

横手市

横手市に来たのは、今年の2月ぶりだ。運よく好天の銀世界だった。そして今日は、横手公園へ。2月に来たときは雪で閉まっていたので、訪れるのははじめて。横手市のまちなみを一望できて、おおきなまちだなあと感じる。日本中で比べれば、横手市の中心街も十分におおきい。

さらに、かまくら館に訪れた。映画に登場するような重厚な扉が2つあって、順に進んでいくと、極寒の世界が広がっていた。マイナス10度らしい。数分で体が持たないほどの寒さだったけれどその極寒の世界に、なんと本物のかまくらがつくられていた。2月に訪れた時期は、かまくらがつくられ始めている頃だったから、かまくらの中には入っていない。人生ではじめて立派なかまくらに入ることができて、とてもうれしかった。ビックリするぐらい寒かったけど。

今年の2月の横手市にて。
横手川だ。

横手公園から、横手市のまちなみ。
横手城の天守だ。
牛沼。

市街地にコワーキングスペースを発見。
かまくら館で本物のかまくら!さむい!
水神様がお祀りされている。

横手市って、いろんな魅力があるよなあ。
冬(マイナス10度)は今と比にならないぐらい寒いなあと、当然のことを思った。

旧山内村(横手市)

次に訪れたのは、旧山内村だ。横手川に沿って国道1号線を東に進んでいく。徐々に山が近くなって、山あいを走っている感じだ。気温もすこし寒くなった。途中は一面に葡萄畑も広がっていた。今回は鶴ヶ池公園と、相野々(あいのの)駅の近くを散策した。

鶴ヶ池公園。

中心部のまちなみ。山に囲まれている。

山内庁舎。

にゃっほー。

湯沢市

次にやって来たのは湯沢市。まずは「雄勝郡会議事堂記念館」に訪れた。1892年につくられた木造2階建ての建造物で、1982年までに町役場、市役所、公民館、図書館など、さまざまな施設として利用された。福島県の桑折町で訪れた旧伊達郡役所を思い出した。

そして、柳町の本通商店街を歩いていると、地元のお母さんに「コーヒーよかったら飲んでいきませんか?」と声をかけられた。目の前の建物を見ると、おじいちゃんおばあちゃんや、役所の職員さんっぽい方々で賑わっている。市民交流スペースが、ちょうど今日オープンしたのだそうだ。

地元の方たちが多いだろうから最初はためらったけれど、なかなか無い機会だし一緒に混ぜてもらった。県外から来た人はぼくが第一号だと言われた。職員さんもやさしく話をしてくれて、温かい人たちに出会うと、元気をもらえるなあとうれしくなった。

湯沢市役所。
雄勝郡会議事堂記念館。
むかしの地図と。
商店街を歩く。
市民交流スペースで、ぼくもコーヒーを飲んだ。
ほっこり。
あたたかく接していただき、ありがとうございました。
市役所の裏手には、湧水の「力水」が。日本名水100選にも。

愛宕町一里塚にも訪れた。 樹齢約400年の槻ノ木(ケヤキ)だ。

旧雄勝町(湯沢市)

湯沢市の市街地にも流れている雄物川を、上流に沿って南へ進んでいくと、旧雄勝町に入る。小野小町生誕の地の有力地(諸説有り)とされていて、小野小町が描かれた看板がすぐ目に入った。そういえばこの旅で、小野小町ゆかりの地があったなあと探してみたら、茨城県の旧新治村(土浦市)だ。旧新治村は小野小町のお墓があると言われていた。小野小町の影響力って、ほんとうにすごい。

旧雄勝町へ。
小野小町生誕の地。
小町まつりもあるそうだ。

雄勝庁舎。

旧皆瀬村(湯沢市)

次にやって来たのは旧皆瀬村。小安峡大噴湯と呼ばれる景勝地を訪れてみた。今朝、旧山内村に向かった道も山の間を進む感じだったけれど、さらに細く長く、山の隙間に吸い込まれそうな道を進んだ先に、小安峡大噴湯があった。道中の山はまさに東北らしく、大きな山同士が重なり合っていた。

小安峡大噴湯は皆瀬川の深い渓谷の下にある。長い階段を降りていくと、むわっとぬるっと、硫黄の香りの湯気がぷしゅー!と音を立てているではないか。地熱が貯留されている層から、蒸気がものすごい勢いで噴出しているのだ。いやあ、なかなか見ない景色で驚いた。別府の地獄めぐりとは違う迫力だ。帰り道はのぼりの階段で汗をかいて、息切れもしながら。

旧皆瀬村へ。

大噴湯だ。
皆瀬川まで降りる。
蒸気が見えてきた。
すごいなあ。

いちばん、プシュー!って言ってた。

もう一度市街地へ。

旧稲川町(湯沢市)

旧稲川町で、最初に訪れたのは稲庭城だ。どうやって天守まで行くのかわからなかったけれど、入場券を買って、スロープカーと呼ばれる乗り物で上がっていくスタイルだった。稲庭城は中世の山城で、地形は天然の要塞だとされている。スロープカーから見ていても、険しい山だなあと。のぼり終わった後に上から見る、田んぼと集落のまちなみもホッとする景色だった。

そのあと、稲庭うどんの「佐藤養助 総本店」に訪れた。稲庭うどんの聖地は旧稲川町にあるのだ。近くまで来ると稲庭うどんのお店が並んでいて、聖地であることがヒシヒシと伝わってくる。佐藤養助 総本店に入ると、すでに14時を過ぎていたので席にも座ることができた。冷たいせいろと、比内鶏の炊き込みご飯を注文だ。

先に比内鶏の炊き込みご飯をいただく。うまっ! 出汁、醤油の濃さ、何杯でも食べられるやつやん! 目がカッとひらく。そして、稲庭うどん。すでに届いたときから、ツヤッツヤなのだ。特にカーブの光沢は芸術鑑賞に近い。すっ、と箸が入り、持ち上げたときの細麺は、音もしない滑らかさだ。いざ思い切っていただくと、もはや目が血走った。もうねえ、すんごい美味いんだ。細麺なのに、ほんとうにコシが強い。喉ごしの良さが滝のように間断なくやってくる。今回、秋田県で稲庭うどんを食べるのは4回目なわけだけれど、「聖地だ!」って思っちゃった。これからも全力で推していきたい、稲庭うどんだ。

旧稲川町へ。
稲庭城へ向かう。
急斜面をスロープカーで。
稲庭城。

黄金の間だ。本物の金箔でつくられていると。

佐藤養助総本店。

せいろ、すーって箸が入ったなあ。
比内鶏の炊き込みご飯が、これまた美味しかったんだなあ。
製造工場も併設されていた。生地を伸ばしている作業もすごかった。


というわけで、今日の散策はここまで。横手市も湯沢市も、ますます好きになった1日でした。

本日のひとこと
湯沢市で訪れた、雄勝郡会議事堂記念館の受付のおじいちゃんの口癖が「んだんだ」で、すべての会話の語尾が「んだんだんだ」だった。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me