ふるさとの手帖

市町村一周の旅

横手市のまちにひとつずつ触れていく。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月24日―171日目)】

横手市のまちにひとつずつ触れていく。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月24日―171日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【59/175】

59/175
33.71%
訪れた旧市町村の数【511/2,093】
511/2093
24.41%
総計【570/2,268】
570/2268
25.13%

スーパーカブの総走行距離
15620km

旧大雄村→旧大森町→旧雄物川町→旧平鹿町→旧十文字町→旧増田町、の6つ。

横手市のまちにひとつずつ触れていく。(2023年9月24日(日)―171日目))

ここ数日、全国的に涼しくなってきたのだろうか。秋田県以外のことはぜんぜんわからないし、まるで想像もつかない。今朝の横手市は、出発してまもなくバイクを停めて長袖を着込む寒さだった。徐々に温かくはなったけれど。

2005年10月、横手市は合わせて8つの市町村が合併している。合併の過程をぼくは知らないけれど、合併から18年経つ過程を振り返れば、いろんな変化があったのかもしれない。今日は8つのうち、6つの旧町村を巡った。

旧大雄村(横手市)

横手市街地から県道13号線を西へ進んでいくと、旧大雄村に入る。大雄地域のことを調べていて気づいたことは、ホップ栽培だ。「横手市はホップの一大産地だよ」と教えてもらったことがある。それはどこなんだろうと思っていたら、大雄地域だったのだ。

旧大雄村に入ると、早速ホップ畑を遠くに見つけた。収穫は8月にかけてなので、今は長細い支柱だけが残っている。近くで見れそうな場所を探したけれど、遠目にしか発見できず。それでもなるほどなあと勉強になった。

とお〜くに、ホップ畑があるんだけどね。
大雄地域局。

陽気な邦楽が流れていた。

旧大森町(横手市)

雄物川のような大きな川を渡ると、隣町に移るんじゃないかと感じる。今は変わらず横手市だけれど、雄物川を渡って旧大森町に入った。

大森の中心からも近い大森公園に訪れる。城跡で今は森林公園のような形だ。本丸があったとされるところまで登ったのはよかったけれど、帰り道、森の中で完全に迷子になってしまった。もう一度本丸に戻って、帰り道だと思った方角へ進むも、再び失敗。涙目でかろうじて出た公園外の道路から遠回りをしながら、なんとか駐車場に帰れたのだった。

雄物川を渡る。
旧大森町。
大森庁舎。
大森公園へ。

迷ってよくわからない場所に出た。
市街地にて。
煉瓦造りだ。

旧雄物川町(横手市)

今度は旧雄物川町へやって来た。ここまでいくつか、秋田県で「雄」が含まれた地名も出会ってきたけれど、雄物川町はまさにそのままの名前だ。雄物川庁舎と、中央公園近くを散策した。

雄物川庁舎。

横手市の除雪車には思い出がある。

綜合食品。

旧平鹿町(横手市)

今度は東に進んで、旧平鹿町へ。まちの中心部の横に体育館があって、「メーン!」と声が聞こえてきた。剣道の試合だろうか。外には柔道着の学生もいて、応援したくなる。

浅舞公園にも訪れてみると、地元の中学生であろう男の子と女の子が、大人数で集まってのんびりした時間を過ごしていた。何の会だろう。学園祭の、打ち上げとかなあ。うんうん、いいぞ。青春が垣間見えた。

体育館にて。

浅舞公園へ。

旧十文字町(横手市)

今度は旧十文字町へ。名前がやっぱりカッコいい。HPのガイドブックに載っていた「鳥海山」の写真スポットを訪れたあと、道の駅十文字でお昼ご飯に。「横手やきそば」のメニューにあった、野菜やきそばを選んだ。野菜はたっぷりだけれど、目玉焼きがのっていないので、見た目だけはちょっと横手やきそばっぽくない。でも、横手やきそばを食べられてうれしいことに変わりはなかった。

鳥海山が美しい。

道の駅にて、花がたくさん咲いていた。
道の駅十文字、賑わっている。

野菜焼きそばをいただく。
上手なピアノだなあと思ったら、すごい。

十文字駅。

旧増田町(横手市)

最後にやってきたのは、旧増田町だ。増田のまちなみを見に行った。内蔵を見学させてもらったのは5年前に来たときと同じ、山吉肥料店さん。奥様が丁寧に案内をしてくださった。

あらためて内蔵を拝見すると、前回よりも凄みを感じる。ほかの地域でも内蔵を見る機会が何度かあったからこそ、いかに増田の内蔵、ひいては山吉肥料店さんの内蔵が立派なものか、強く感じられたのだ。

そのあとに増田まんが美術館へ。ほぼ日の学校で、館長である大石卓さんの授業を見ていたので、訪れるのもすごく楽しみだった。ちょうどエヴァンゲリオンの企画展も最終日で、大賑わいだ。年齢層もさまざまだった。何より常設展と原画の収蔵庫も素晴らしい。原画を見ていると、写真とつながっている部分もあると感じた。今までは漫画と写真は別だと思っていた。そのことに気づけたことは大きい。

旧増田町へ。

矢口高雄先生の釣りキチ三平だ。

山吉肥料店さんへ。

増田の職人さんの技術が、随所に込められていることを教わった。

あらためて凄い。

増田まんが美術館へ。
エヴァンゲリオンも、ほんと凄いなあ。

プロの漫画家さんは本当にすごい。

今日の散策はここまで。とにかく次々と出会う日々を、忘れてしまってもいいけれど、身体の中に残るわずかな断片になるように、がむしゃらに吸収していこう。

本日のひとこと
全体の旅の1/4が終わりました。まだまだここからです。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me