ふるさとの手帖

市町村一周の旅

由利本荘をゆっくり走ろう。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月26日―173日目)】

由利本荘をゆっくり走ろう。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月26日―173日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【59/175】

59/175
33.71%
訪れた旧市町村の数【522/2,093】
522/2093
24.94%
総計【581/2,268】
581/2268
25.62%

スーパーカブの総走行距離
15860km

旧東由利町→旧大内町→旧岩城町→旧本荘市→旧西目町、の5つ。

由利本荘をゆっくり走ろう。(2023年9月26日(火)―173日目)

肌寒い曇りの朝だ。出発時に見えてみた鳥海山にも、雲がかかりはじめる。

横手市を離れて、由利本荘市に向かった。名前は「由利」と「本荘」が組み合わさっているものだけれど、2005年の平成の大合併までは、合わせて8つの市町が存在していた。今日はそのうちの5つへ。

旧東由利町(由利本荘市)

最初にやって来たのは、旧東由利町。横手市と由利本荘市の市街地の、中間あたりに位置している。まちの中心に着く直前、「湯出野遺跡」の看板があって立ち寄ってみた。3000~2500年前、縄文後期の遺跡であると。お墓の穴や装飾品も出土したそうだ。

湯出野遺跡。見えているのはお墓の穴を残したもの。
東由利総合支所。
まちの風景。

何かを干している。

道の駅と同じ場所にて。

旧大内町(由利本荘市)

次にやってきたのは、旧大内町。一度由利本荘市の市街地を通って、旧大内町に入ったので、結構遠かった。道の駅に併設されている出羽伝承館を訪れたあと、レストランのある建物へ。11時15分からオープンと書かれてあって、今は11時17分だ。メニューに名物の「大内とろろ飯」を見つけて、地元のものは食べてみたいと寄ってみることにした。

「大内とろろ飯」が届いたとき、量の多さにビックリした。2膳分のご飯に、2杯分のとろろ。加えてマグロ、とんぶり、モロヘイヤとオクラのお浸し、しょうゆの実、梅干し、ししゃもきくらげと、6種類のトッピングがセットになっている。食べ方は、トッピングをお好みでとろろに入れて、しょうゆと味噌で味を整える。それをご飯にかけると…最高のとろろご飯の完成だ。

大内では毎年10月に「秋田大内 元祖!とろろ大喰い大会」なるものがあるらしく、それにちなんだメニューとのことだった。しかも、お値段は980円。これで1000円を切るのか…と大満足だ。

今日はお昼ご飯抜きでも仕方ないかな、と思って旅をしていたぐらいだけど、人生が豊かになった。ありがとう大内!

道の駅おおうち。
稲を干す人形。

伝承館にて。
馬と本。
大内とろろ飯。すごい!
トッピングを自由に。
美味しかったあ。
大内総合支所。

鳥居に顔が。

旧岩城町(由利本荘市)

次にやってきたのは、旧岩城町。道中、小さな峠でリスが駆け抜けたと思ったら、カモシカが堂々と道の真ん中に立っていた。野生のポケモンに出会ったようだった。そして、最初はなんて読むのかわからなかったけれど、「天鷺(あまさぎ)村」を訪れた。

かつてこの辺りは「亀田藩」が治めていた。天鷺村では、亀田藩の暮らしに触れることができる。

天鷺村へ。亀田城跡だ。

葺き替え途中。

海の方へ向かっていく。住宅街。

道の駅 「岩城」。かっこいい。

旧本荘市(由利本荘市)

由利本荘市の中心部とも言える、旧本荘市へ。旧岩城町の道の駅に着いた頃から雨が強くなってきて、合羽を着ての出発だ。さらに本荘公園に着いたときには、本降りに。公園内で東屋を見つけたので30分ぐらい休ませてもらった。

羽後本荘駅辺りも歩いたけれど、道も広いしさすが中心街だと感じながら。

由利橋。
子吉川が流れる。

本荘公園へ。
埋蔵文化発掘調査のため。
公園から市街地のまちなみ。

羽後本荘駅前にて。

北の空だけ晴れていた。

旧西目町(由利本荘市)

最後にやって来たのは、旧西目町。今日は西目駅近くの宿に泊まるので、そこに合わせて向かった感じだ。雨の西目海水浴場へ。波の音以外は何も聞こえない中で、ちょっとだけぼーっとしてみる。西目駅近くに移動すると小学生や高校生が下校している時間だった。誰かの日常の中に、自分がいる。

西目海岸へ。
埋まっている。

市街地へ。
西目総合支所。
ニュースポーツ、ペタンク。

今日はこんな感じ。

というわけで、今日の散策はここまで。いよいよ秋田県の旅も最後に差し掛かってきた。夜は長い雨のようだけれど、朝には止んでいるだろうか。

本日のひとこと
雨の中、傘をささずに合羽で歩くのも、案外気持ちいいですよね。服が濡れさえしなければ。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me