ふるさとの手帖

市町村一周の旅

青森の夏はつづく。弘前ねぷたまつりへ。【旧市町村一周の旅(青森県|8月5日―121日目)】

青森の夏はつづく。弘前ねぷたまつりへ。【旧市町村一周の旅(青森県|8月5日―121日目)】

青森県に入ってから、いろんなお祭りに出会うことができた。八戸市の三社大祭に始まり、青森市のねぶた、五所川原市の立佞武多(たちねぷた)。祭りごとにスタイルの違いがあって、そして、その違いも祭りに参加している方々にとっては、あまり関係ないように思われた。隣の芝は青いと言うけれど、祭りの日に隣を見ているどころじゃない。何より自分たちが盛り上がってこそなのだ。「よそはよそ、うちはうち」の状態が、祭りの良さかもしれない。

夕方から、弘前ねぷたまつりを見に行った。日程によってJR弘前駅と、弘南鉄道側の土手町の2つのコースのどちらかを進む。訪れた日は8月5日の土曜日で、JR弘前駅前のコースだった。

弘前ねぷたの山車は、主に扇型であることがいちばんの特徴だ。青森市のねぶたは立体的で、五所川原市の立佞武多は身長が高くて、弘前市は扇型というわけだ。ほかの地域の山車にも、きっと特徴があるのだろうなあと思う。そして、扇には武者絵が鮮やかに描かれていた。ねぶた(ねぷた)は肉眼で見るのがやっぱり綺麗だ。それだけはずっと共通して感じたことだった。

一気に、最後まで写真で。

弘前ねぷたの掛け声は、「やーやどー!」だ。青森の「ラッセラー!」とも、五所川原の「やってまれ!」とも違う。そして、これらの掛け声はいずれも「返事」で成り立っているのだなあと思った。行列の人たちが使う言葉だけれど、観客だって、同じ言葉でレスポンスできるのだ。行列の人たちが観客に狙いを定めて「やーやどー!」を求めたときも、その相手がノリノリだったらお互いに気持ちがいいし、そうした駆け引きを覚えた行列の子どもたちもいて、ちょっとだけ照れながら、イタズラするみたいに大人に「やーやどー!」と大声で誘って、よっしゃわかったと応える大人の構図も、いいなあとすごく思った。

あと、扇型だけじゃなくて、万華鏡がぐるぐる回転する山車や、アーティストのライブみたいに白煙が出てくる山車もあった。ぼくはそれを見て、すごいなあとか面白いなあとか、簡単な感想を持つことはできるけれど、でも地元の方々は、もっと細かく「どの山車がどうだった」と、ほんとうは見ていたりもするんじゃないのかなと思った。毎年祭りがあって、そこに「今年はどうだった」と話せる部分があって、また次のハレの日も待ち遠しくなる。ハレとケは概念だけれど、きっと生きている。

この時期に、青森県に来られたのは旅の偶然だった。ほんとうにありがたい機会をもらったなあと、つくづく感謝の気持ちでいっぱいだ。

早朝の岩木山。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me