ふるさとの手帖

市町村一周の旅

青森県の旅へ。八戸を含む南部地方を巡ろう。【旧市町村一周の旅(青森県|116日目)】

青森県の旅へ。八戸を含む南部地方を巡ろう。【旧市町村一周の旅(青森県|116日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【49/175】

49/175
28.00%
訪れた旧市町村の数【377/2,093】
377/2093
18.01%
総計【426/2,268】
426/2268
18.78%

スーパーカブの総走行距離
9780km

八戸市→旧南郷村→南部町→旧名川町→旧福地村→旧下田町→旧百石町、の7つ。

2023年7月31日(月)青森県の旅へ。八戸を含む南部地方を巡ろう。(日本一周116日目)

岩手県の旅が無事に終わって、いよいよ青森県へやって来た。都道府県では11県目で、ちょっとずつ中盤が近づいているかもしれない。でも、全体の進捗率はまだ2割に満たないので、序盤だと思っておいた方が、気持ちのコントロールはしやすいかも。

今日は八戸市を起点に、南部町とおいらせ町を含む7つのまちを訪れた。海を見たのは最初の八戸市だけで、あとは緑豊かな地域も多かった。それでは振り返ってみよう。

八戸市

朝6時半に出発。朝は曇り空で、雨もぽつぽつ降り始めたけれど、レーダーを見て、これから向かう方向なら大丈夫だろうとそのまま行くことにした。「晴れていないこと」が久しぶりだったので、そこに新鮮さも感じられた。

八戸市では蕪島神社と葦毛崎展望台に向かった。市街地の東側に位置する太平洋沿いで、海と神社、展望台の景色もとても良かった。そして何より、道中の陸奥湊駅辺りですれ違った、朝の市場の風景に惹きつけられて、帰り道で立ち寄った。

細い道路沿いに魚屋や八百屋、花屋などが並んで、じいちゃんばあちゃんたちが元気よく会話している。

「懐かしい風景」に出会うことは、よくある。「昭和の頃、賑わっていたのだなあ」と感じられる建物などだ。ただ、ここは建物の雰囲気に加えて、地元の人たちがたくさんいた。人がいると、まちが生きている。まちが生きていると、過去のものではなく、地続きで繋がって見える。変わらない暮らしの中に自分がいるように感じられて、本気でタイムスリップしているような気持ちになった。

提灯が並んでいる。

蕪嶋神社。
まだ開いておらず階段の下にて。ウミネコがたくさん鳴いていた。
ストレーッチ。
葦毛崎展望台にて。

陸奥湊駅前にて。市場と通勤で賑やかだった。

海の薫りがたくさんした。
是川地区の田んぼにて。

旧南郷村(八戸市)

次にやって来たのは旧南郷村。峠を登り切ると、鷹の巣展望台があった。見下ろす先は島守盆地で、キャッチコピーは「屋根のない博物館」。まさにその通りで、この景色も抜群に良かった。

鷹の巣展望台と、島守盆地。
田んぼも綺麗だなあ。
道の駅にて。ヤッサイ。
南部ではずっとjazzがあるらしい。

屋外でもjazzが流れていて、スピーカーの下に立ちだけで心地良かった。ひとりミニジャズフェス。

南部町

次に訪れたのは、南部町。南部町、旧名川町、旧福地村が合併して、現在の南部町になっている。この辺りは南部藩の発祥の地だ。

新しい土地にやってくるとき、アメリカでは入植と言ったり、日本でも城があれば入城と表現したりするけれど、南部藩に関する記事を読んでいると、「入部」という表現があった。ちょっとだけ部活動みたいだね、って個人的に思った。

南部支所の役場。
もうすぐ6年。
南部藩や聖寿寺館に関する施設。

約500年ほど前、聖寿寺(しょうじゅじ)館は三戸南部氏が居城していた場所で、当時の北東北では、最大勢力として君臨していた。最近の発掘でも、豪華な装飾品などが出土しているという。

いろいろ出土している。

まだまだ発掘調査も続いている。
見えないけれど、聖寿寺館跡。

りんごだ!

旧名川町(南部町)

そして、次にやって来たのは旧名川町。「白華山法光寺」は、名久井岳東麓に鎮座する古刹だ。団体の観光バスが停まっていて、年配の方々が境内の中でご住職の説法を受けているようだった。

法光寺は県立公園内にある。
立派な風格。

へそのドクロみたいな彫りが気になる。
御本堂。
さらに、南部町役場辺りへ。

奥には名久井岳が聳えている。
南部町役場。

旧福地村(南部町)

次にやって来たのは、八戸市とも近い旧福地村。馬淵川沿いを下るとまもなく、ひらけた田園風景が目に入った。苫米地駅ではちょうど青い森鉄道もやって来て、この電車はまだ乗ったことがないなあと思いながら。

旧福地村へ。田園風景。
苫米地駅。

福地支所が、ジャックドオフィスというかっこいい名前だった。

旧下田町(おいらせ町)

そして、次にやって来たのは旧下田町。現在はおいらせ町である。「おいらせ」って十和田方面の渓流を想像するけれど、海に面しているおいらせ町もあるわけだ。もちろん、上流からずっと流れてきた「奥入瀬川」も、ここまで流れている。

下田駅周辺を歩く。

奥入瀬川だ。

役場に不思議なモニュメントがいた。
おいらせ町役場。

お店があったので入ってみたら、ラーメン屋さんだった。
地元の人たちしかいない感じが、好き。

旧百石町(おいらせ町)

そして、最後にやって来たのは旧百石町。「ももいし」と読む。調べていたときに、「日本一の自由の女神像」が目に入った。なんと、自由の女神がいるのか。行ってみると、賑やかな声がする。近づいていくと、それが英語だとわかった。やはりここはニューヨーク…! ではなかったが、アメリカ?の人たちが、大勢でダンシングしてた。真上には自由の女神だし、青森感は全然なくて、異国に来たようだった。

おいらせいちょう公園の池。

自由の女神だ。

ちなみにお台場の自由の女神よりも、8mぐらいこっちの方が大きいんだぜ。

ダンシングしてた。いいねー。

2026年、なるほど。
まちを歩いてみた。


というわけで、今日の散策はここまで。

岩手県から青森県にやって来て、印象が違うんだよなあと思う。山並み、まちなみ、家の雰囲気…。「青森にいる」という脳内モードだからというのも否めないけれど、それを除いても、「ああ、青森にいるなあ」と感じる何かが、ある、ような…。

本日のひとこと
14時過ぎから2時間ぐらい、えげつない台風みたいな風雨になった。かろうじてマクドナルドに間一髪、滑り込みました。
(終わり。次回へ続きます)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me