ふるさとの手帖

市町村一周の旅

「あまちゃん」の舞台で活躍する、北限の海女さんたち。【旧市町村一周の旅(岩手県|115日目)】

「あまちゃん」の舞台で活躍する、北限の海女さんたち。【旧市町村一周の旅(岩手県|115日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【49/175】

49/175
28.00%
訪れた旧市町村の数【366/2,093】
366/2093
17.49%
総計【415/2,268】
415/2268
18.30%

スーパーカブの総走行距離
9490km

2023.07.30
旧山形村→久慈市→旧大野村→旧種市町、の4つ。

2023年7月30日(日)「あまちゃん」の舞台で活躍する、北限の海女さんたち。(日本一周115日目)

岩手県の旅も、いよいよ最後になりそうだ。やって来た頃は雨ばかりだったけれど、今はすっかり夏模様が続いている。というわけで、暑サニモマケズ、張り切って進んで行きましょう。

二戸市から九戸村を抜けて、旧山形村を目指す。

旧山形村(久慈市)

今日は久慈市と洋野町の旧市町村を巡っていく。最初に訪れたのは旧山形村で、なるほど、同じ東北地方の都道府県名でありながら、岩手県にも「村」としての「山形」が存在していたということか。たったそれだけのことでも、面白くないですか?

旧山形村へ。
八戸南部地方を中心に、くしもちが有名。
でっかい卵があった。恐竜の卵かな。
口の空いていない、奥の野菜の顔が渋い。
道の駅 白樺の里やまがた。
山形総合支所近く。

山形総合支所。
日曜日もお疲れ様です。

久慈市

次にやって来たのは、元々の久慈市。久慈市では2つ有名なものがある。ひとつは「琥珀」だ。琥珀博物館なるものがあって、それも全国で唯一の施設である。久慈は白亜紀後期の琥珀(化石&宝石)の産地で、恐竜時代の歴史にも触れることができる。

そして、もうひとつはみなさんもご存知、朝ドラ「あまちゃん」の舞台であること。北三陸のいろんな場所で実際に撮影が行われていて、久慈もそのひとつにあたる。

元々は琥珀博物館も行く予定にしていたのだけれど、朝の出発が若干遅れたので、小袖海女センターにそのまま行くことにした。旧山形村から約30km、海岸線を進むと大きな岩が聳え立っていて、景色も美しい。

小袖海女センターでは、展示が見れたらいいなと思っていた。すると、駐車場に警備員がいて、車も人が多い。あれ、なんだろう…。着いたのは10時40分ごろで、人ごみの中を進んでみると、「あ!海女さんがいる!」そう、ちょうど11時から、本物の海女さんによる素潜り実演があったのだ。

「うわあ、そりゃあ、ぼくも見たいよ!」とチケットを買って、実演を最後まで見た。今回登場した海女さんは二人で、お若くてエネルギッシュで、誰にでも親しく接してくれるので、わたしたちは次々にファンになっていった(おじさんみたいな言い方ですみません)。

いよいよ11時から潜りの実演だ。もう、ぼくからすれば、「ああ、海女さんがいる…海に入っていく…本物の海女さんだ…すげぇ」と、海女さんが目の前にいるだけで、心から嬉しい気持ちだったけれど、海に入って潜る姿が、またかっこいいのだ。

白足袋を履いているので、潜るときにその足袋が最後まで海面にギリギリ見える。それが、すごく美しく見えた。

と、十分感動している中、二人の海女さんが、ウニを次々とハイペースで獲っていく。一度の素潜りで、両手にウニを抱えて。腰につけていた網が、あっという間にウニで満杯になっていった。あまりにお見事すぎて、わたしたちは毎回「おおぉー!」と言って拍手するしかできない。水中は深いとおっしゃっていたので、体力も技術も、優れているに決まっている。ぼくは潜ったとてウニのひとつも、獲ってこれやしないだろう。

最後に、海女さんが獲ってきてくれたばかりのウニを、その場で食べるという幸せに恵まれた。みなさんあっという間に並んでしまって、最後尾から二番目に並んでぼくもウニを買って食べた。そして、心の中で唱える渾身の「じぇじぇじぇ!!」…最高に美味い。小袖海岸の海女さんは、「北限の海女」と呼ばれている。あまちゃんのドラマも、今も小袖で活躍する海女さんたちも、かっこいいなあ。つくづく海女さん推しになった。

久地駅。琥珀王国と書かれている。

駅前の風景。

そして、小袖海岸へ。
昆布干してた。

海女センターの中へ。
かっこいいなあ。

海女さん、とってもフランクな方だった。
そして、二人による素潜り実演。
昆布を曇り止めにするのだそう。
じゃ! って颯爽と。
すげえ。

サブン、って潜るときもかっこいい。
両手にウニ!!

サラッとバケツ満杯分のウニを獲って、それをもう一回繰り返された。すごい。
その場でウニを剥いてくださって。

食べました!至福!感謝!感動!
小袖の海も綺麗だった。

旧大野村(洋野町)

次にやって来たのは、洋野町の旧大野村。「道の駅おおの」にやって来たとき、あれ、見覚えがあるなと思って、前回の旅でも来たのだと直感した。逆にいうと、前回の旅では道の駅にしか来ていなかった。だから、今回は市街地にも行ってみて、旧大野村の雰囲気を以前よりも感じられたかなと思う。

旧大野村へ。
道の駅おおの。
ウニだけでは逆にお腹が空いてしまって、赤鶏らーめんも食べた。
牛が日陰に集まっていた。
一面のトウモロコシ畑があった。
天文台もある。この辺りは景色がひらけていて、夜の星空は抜群だと思う。
市街地へ。

今、この辺りではあちこちでこの「ナニャドヤラ大会」のポスターが貼られている。

海女さん推しでもあり、ナニャドヤラ推しでもあるのだ。

旧種市町(洋野町)

最後にやって来たのは、旧種市町。直感で種市海浜公園に行ってみると、休日のイオンかと思うぐらい車が停まっていた。何事だろうか、ここもお祭りだろうかと思ったら、違う。そう、ここは海なのだ!海水浴場なのだ!

家族連れを中心に、ビーチは大賑わいを見せていた。さすがにぼくは入っていないけれど、今日の海は気持ちいいだろうなあと、下唇を小さく噛んだ。

また、県立の種市高校には、海洋開発科という、潜水土木を学ぶことのできる、全国唯一の学科がある。そのことを先日知る機会があって、高校の門の前まで行ってみたら、目の前の建物に「潜水実習棟」があった。面白いなあ。

種市海浜公園。海だ!

種市駅近く。
タイルが海だ。
種市駅。

種市高校。
海の見える暮らし。

というわけで、今日の散策はここまで。

そして、これで岩手県の旧市町村巡りも無事に終わりました。

ここからは、青森県に入っていきます。ちなみにここ数日、青森県では夏のお祭りの気配を感じていまして、果たして無事に巡ることができるのか、楽しみと不安が入り混じっています。

また、8月は仕事を含めた移動が何度かあって、その間は旅を中断する形になります。どちらも一生懸命がんばりましょう。

それでは何より、岩手県での出会いに感謝!

本日のひとこと
一日中ヘルメットをかぶっていて、なおかつ汗をかくので、一日終わると氷帝学園の跡部みたいな髪型になる。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me