ふるさとの手帖

市町村一周の旅

桜川市から笠間市へ。【旧市町村一周の旅(茨城県・72日目)】

桜川市から笠間市へ。【旧市町村一周の旅(茨城県・72日目)】
2023.06.17

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【44/175】

44/175
25.14%
訪れた旧市町村の数【226/2,091】
226/2091
10.81%
総計【270/2,266】
270/2266
11.92%

スーパーカブの総走行距離
5400km

  • L1002790
  • L1002857
  • L1002859
  • L1002873
  • L1002881
  • L1002883
  • L1002902
  • L1002912
  • L1002988
  • L1003038
旧真壁町→旧大和村→旧岩瀬町→笠間市→旧岩間町→旧友部町、の6つ。

2023年6月17日(土)(日本一周72日目)

朝6時半の空は、ここ数日の雨が信じられないぐらい、スカッとした青空だった。

いざ晴れると、雨の日のことは忘れてしまうもので、人間は都合がいいなあとも思ってしまう。

でも、今日は青空に身を任せよう。

数日前までの曇り空は嘘のよう。
緑が目に優しい。

旧真壁町(桜川市)

最初にやって来たのは旧真壁町。ここには戦国時代末期から江戸時代にかけてつくられた町並みが、今も残っている。

真壁の町並み。町割(道路の位置や幅)の多くは江戸時代のまま。

朝の静かな町並みを散歩した。

黒猫さんだ。

と、このとき。黒猫さんのいるおうちから、一人のおじさんが出てきて、ばったりと挨拶をした。何やってるの、と明るく聞かれて、「旅です」という流れから、「まあコーヒーでも飲んでいきなよ」という流れに。

まあ、コーヒーでも飲んでいきなよ。

ここで、おじさんと1時間ぐらいお茶をした。おじさんはカクカクしかじかを経て、真壁町にやってきて8年ほど。経歴はバリバリのサラリーマンだけではなく、40歳になって海外へ留学に行き、戻ってきて東京でうどん屋も繁盛し、とさまざまなことをしていた。ものすごく頭の回転が早くて若かったけれど、75歳だった。

「いいか、色即是空なんだよ」

出会いは、偶然か必然か。どちらを思うも自由。けれど、このタイミングで突然このおじさんが現れて、話を1時間も聞くことになったのは、ロールプレイングゲームの物語みたいに捉える方が、自然だと感じられるのだった。ストーリー上、設計されていたみたいな。なーんて、想像するのも自由なのだけれど。でも、少なからず、旅はぼくを育ててくれている。そう信じられる。

旧大和村(桜川市)

次に訪れたのは、旧大和村。神奈川には大和市もあるけれど、“村”であったことは余計に、日本の心を感じる。

素晴らしい。

オリーブレモン。思わず。
サイクリングロード。

素敵なサイクリングロードを見かけた。先日お会いした筑波大学の、渡先生が手がけたような気がしてならない。サイクリングロードをつくったと仰っていたから。

雨引観音さんへ。

雨引観音さんに来た。有名なお寺だけれど、紫陽花の名所にもなっていて、今日は土曜日ということで、すでに満車近い状態だった。

境内の気配も素晴らしい。

千手観音。
桜川のまちなみが広がる。

春は桜、菜の花に、薔薇。梅雨はあやめに紫陽花。夏はひまわり。秋はコスモスに彼岸花。ぼくらはいつも、花を愛でる。遺伝子は季節の巡りを知っている。

旧岩瀬町(桜川市)

そして、次は旧岩瀬町へ。岩瀬駅前を中心に散策した。

岩瀬の町並みと。
岩瀬駅。

桜川。現在の桜川市の由来でもある。

自分の知らない暮らしが、ここにもある。と、今日も不思議な気持ちで。

笠間市

笠間市といえば、「笠間稲荷神社」を思い浮かべる人も多いだろう。前回の旅でも訪れたし、今回も真っ先に思い浮かべた。ただ、もう一度訪れてもいいし、別の場所を訪れてもいいのだけれど、調べていくと大きな出雲大社があることを知って、今回はそっちへ訪れることにした。

出雲大社の駐車場。何だろう。
大きな鳥居。
とても立派な社殿だった。
本家に負けないほどの立派なしめ縄。
しめ縄に、お金がいっぱい刺さってた。

立札に書かれた参拝の仕方を見ても、やはり四拍手とあった。久しぶりに四拍手での参拝だった。神社はほとんど二拍手だけれど、出雲大社や大分の宇佐神宮は、四拍手だ。

景色も素晴らしかった。
もう一箇所、春風萬里荘へ。

そして、もう一箇所行きたいと思った、春風萬里荘にやって来た。ここでは芸術家として知られる奇才・北大路魯山人が暮らした茅葺民家を見ることができる。、北鎌倉での住居だったが、芸術の村の一部として移築されたそうだ。

立派な茅葺き屋根。
一瞬びっくり。

茶室も。

洋間は魯山人が改装したそうだ。

魯山人の人生については、今まであまり知らなかった。とても苦労した時期が長いことを知った。芸術家になっていく道のりは、ものすごいエネルギーで溢れている。「美味しんぼ」も読まなきゃ。

旧岩間町(笠間市)

続いて訪れたのは、旧岩間町。ここでは訪れてみたい神社があった。唯一無二、合気道に関する神社だ。

旧岩間町へ。

果樹が守られて。

神社のそば。
合氣神社。
簡素な美しさ。
合気道の開祖、植芝盛平。

合氣神社は、合気道の開祖である植芝盛平が、合気道を完成させた地として創建したとされている。つまり、ここは合気道の始まりの地。それって、ものすごいことだ。そう、ものすごい神社なのではないか。

シンプルな神式だ。

言うも書くも自由だが、参拝して、「気」を感じた。

…今、疑ったでしょう?

でも、ぼくも、これだけいろんな神社を参拝していたら、「感じる」と「感じない」があるのだ。

日記に、いい神社だったと書き残しておきたい。

駅前の交番がカッコ良かった。

旧友部町(笠間市)

最後にやって来たのは旧友部町。北山公園と、笠間市役所を散策した。

穏やかな町並み。

北山公園。池と木々の調和が取れている。

野球場もあった。
市役所の方へ。低いボタン。
笠間市役所。綺麗。

今日もお疲れ様でした。

というわけで、今日の散策はここまで。青空と緑の中を走る茨城は、とても素晴らしい。いい色で溢れていた。

本日のひとこと
旅路に書くほどのことではないですが、例えば今日は文具を買いにダイソーに寄ったり、目薬を買いにドラッグストアに寄ったりしています。雑務もあります。

(次回へ続きます)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

 
 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me