ふるさとの手帖

市町村一周の旅

歴史と宇宙とつくばの旅。【旧市町村一周の旅(茨城県・50日目)】

歴史と宇宙とつくばの旅。【旧市町村一周の旅(茨城県・50日目)】
旧伊奈町→旧谷和原村→旧水海道市→つくば市→旧茎崎町、の5つ。
2023.05.26

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【44/175】

44/175
25.14%
訪れた旧市町村の数【195/2,091】
195/2091
9.33%
総計【239/2,266】
239/2266
10.55%

スーパーカブの総走行距離
4792km

2023年5月26日(金)(日本一周50日目)

今は龍ケ崎市のご自宅にてお世話になっている。家を拠点にさせていただくと、荷物が劇的に軽くなる。普段、肩がけで使っているカバンは9kgあるので、何も持っていない気がした。

さて、つくばみらい市や常総市の水海道、そしてつくば市などを訪れた。数は合わせて5つ。ちょっとしたご縁にも恵まれた。それでは焦らず巡って行こう。

旧伊奈町(つくばみらい市)

筑波郡伊奈町
2006.03.27谷和原村と合併。
最初にやって来たのは旧伊奈町。9時から間宮林蔵記念館がオープンするので、時間を合わせて伺った。
お母さんと息子さん。お声がけして撮らせていただいた。

記念館に向かっている道中、じっと麦畑を見ているお母さんと息子さんがいて、その背中姿に心を奪われてしまって、思わず声をかけた。そして、写真も撮らせていただいた。断られることもあるし、お子さんに怖い思いをさせてもいけないし、ドキドキするけれど、お母さんは快諾してくださった。

話を伺ったら、お母さんはここ旧伊奈町のご出身だった。名前が変わったことについて尋ねてみたら、「伊奈という名前には愛着があったので寂しかったです。でも、それが新しく変わっていくってことですよね」と。

そして、間宮林蔵記念館へ。
間宮林蔵の銅像。

間宮林蔵は江戸時代の測量家であり、探検家だ。館内は撮影禁止だけれど、間宮林蔵に関する9分のビデオがあって、それを観た。小貝川の農家に生まれ、江戸へ修行に出て、19歳で蝦夷へ渡ったこと。その際に伊能忠敬に出会い、測量の技術を学び、人生が転換していったこと。伊能忠敬の「大日本沿海輿地全図」の北海道は、間宮林蔵も大きく作成に貢献している。

そして、最も大きな業績は、樺太が大陸ではなく島だと発見したこと。樺太は地図で見れば非常に大きいと分かる。「めっちゃ大冒険しとるがな」と思わずにはいられなかった。

隣は生家だ。
月曜日の旧字体「月𫞂日」が良い。
不動院へ。
素晴らしい境内の建物だった。
本堂の中には小学生が社会科見学? で訪れていた。

旧谷和原村(つくばみらい市)

筑波郡伊奈町
2006.03.27伊奈町と合併。
次にやって来たのは旧谷和原村。「やわら」と読む。谷和原庁舎と、小目沼橋という橋が気になったので、訪れてみることにした。
やわら村。
元々は村だったんだなあ。
今はつくばみらい市。
つくばエクスプレスが通っている。ここは地下鉄じゃない。
昔ながらの暮らしを感じる。
カブを停めて、小目沼橋へ。
木製の橋だ。幅は1.5mほど、車は通れない。
そして、カブに戻ったときに差し入れが。
近くにカブを停めたとき、近所のおばさんが畑仕事をしていて、ちらっと会話をした。やがて橋を見に行って戻ってくると、カゴに差し入れと書き置きのメモが‥‥。いざ、こういう温かさを受けると、驚きで汗をかくものだ‥‥。
 
そのまま出発して、50mぐらい走って、いや、でも、やっぱり違うなと思ってUターンして、おそらくここであろうと思う家のインターホンを鳴らして、お礼のご挨拶だけさせてもらった。親切をただ受けばかりの自分に葛藤する。

旧水海道市(常総市)

水海道市
2006.01.01石下町の編入後、常総市へ変更。
次にやって来たのは旧水海道市。昨日は常総市の旧石下町に訪れたけれど、水海道までは時間がなかったので、あらためてやって来た。ちなみに最初は「みずかいどう」か「すいかいどう」だと思っていたけれど、正解は「みつかいどう」だ。水海道駅周辺と、水海道風土博物館・坂野家住宅へ訪れた。
水海道駅周辺へ。
海外の人も多いのだなと。
時代を感じる。
セブンですいかが売られていた。
初めて。
不思議な景色。
そして、水海道風土博物館・坂野家住宅へ。大型車やロケ車が停まるのか。
庭園を越えたような、森だと思った。

庭園のように思っていたけれど、規模がそれよりももう二回りぐらい大きくて。

坂野家住宅の中にも入った。
時代を感じる。
土がまた良い。
auのCMでもよく見た竹林。
館内にこれまでのロケの記録が展示されていて、大河やCMに映画、自分が知っているものも普通にここで撮影されていた。なるほどなあ。広大な敷地面積で、建物と風景が残されていて、なおかつ撮影もできるように受け入れ態勢もできていて。とても勉強になった。

つくば市

ここからはつくば市へ。前回の旅では「筑波大学」に行きたくて訪れた。今回、大学はいいかなと思って、JAXAの宇宙センターと国土地理院の科学館、そして洞峰公園に行ってみることにした。
つくば市へ。
JAXA筑波宇宙センター。すごい。

JAXAかっけぇ。と、圧倒的な展示だった。ちいさい頃にここに触れていたら、宇宙系に育ったかもしれないと思いたくなるぐらい。

宇宙服かっこいい。
人工衛星、すごい。
宇宙は冒険だ。

宇宙が未知の世界なら、極地探検と似た部分もあるような気がした。冒険が、人類のためにもなると。

国土地理院の「地図と測量の科学館」へ。

地図や測量への関心が、個人的に高まっているのである。

この地図がすごかった。

入り口に大きく敷かれた日本地図。3Dメガネをかけて歩くと、地形が浮かび上がって見えた。「そうそうそう」って感じで、沖縄の端から北海道までニタニタしながら歩いた。いやあ、旅はまだ長いなあとも思った。

面白い。
古地図。
等高線、手描きだったんですか!?

地図つくっている人たちは、やっぱり根性ある。

洞峰公園へ。
綺麗に整備された公園だ。
つくば市は学術的にもいろいろあるなあとつくづく。

旧茎崎町(つくば市)

稲敷郡茎崎町
2002.11.01つくば市へ編入。
そして、最後は旧茎崎町へ。つくば市の南側に位置していて、とっても小さい。高崎自然の森と茎崎交流センターに訪れた。
高崎自然の森へ向かう。
本格的な森であった。
姿だけ。
つくば市立茎崎交流センター。
あと、茎崎には牡丹園があるけれど、1ヶ月しか開いていないらしい。不思議なものだ。
 
本日のひとこと
国土地理院の展示施設から出るとき、警備員のおじさんが「お気をつけて」と言わんばかりに目線を合わせて敬礼してくれた。

(次回へ続く)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「旅のお兄さん」のメモ。警備の方。
    ああ、そう。
    かつおさんには、そうしたくなる何かを強く感じます。
    一方的にではなく、受け取りあっているのでしょうね。
    朝が来ると空模様をみながらかつおさんを思い浮かべています。
    すてきなご縁とご安全をかげながらお祈りしています。

  2. まんま様
    ありがとうございます。お言葉、とてもうれしいです。しっかり、敬礼の気持ちで進ませていただきます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me