ふるさとの手帖

市町村一周の旅

人の温かさに触れるありがたさの旅。【旧市町村一周の旅(茨城県・49日目)】

人の温かさに触れるありがたさの旅。【旧市町村一周の旅(茨城県・49日目)】
下妻市→旧千代川村→旧石下町→旧猿島町→旧岩井市、の5つ。
2023.05.25

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【44/175】

44/175
25.14%
訪れた旧市町村の数【190/2,091】
190/2091
9.09%
総計【234/2,266】
234/2266
10.32%

スーパーカブの総走行距離
4680km

2023年5月25日(木)(日本一周49日目)

茨城県の旅も進んで行く。来週は天気予報が一貫して悪いけれど、それでも少しずつ、少しずつ。

今日は筑西市を出発して、下妻市や常総市、坂東市へ。旅先ではいくつか出会いもあった。予想もしていないことが、旅では起きるものだ。それでは、行ってみよう。

下妻市

最初にやって来たのは下妻市。旧千代川村と合併している。大玉八幡宮と、砂沼広域公園へ訪れた。
道中の通学路。
大玉八幡宮へ。
高砂部屋の稽古。

6月中旬に高砂部屋と錦戸部屋の相撲稽古が行われるらしい。準備が進んでいた。

大玉八幡宮稽古場。

旅に少しでも時間が出来たら、サンクチュアリを観る。観る。観るのだ。

立派な境内だった。
砂沼広域公園へ向かう。
着いた。
公園内の砂沼大橋。

砂沼大橋は珍しいY字橋になっている。全長395m。

右と左に分かれる。
公園は釣りをする人や散歩する人、落ち着いているけれど賑わいもあった。

旧千代川村(下妻市)

結城郡千代川村
2006.01.01下妻市へ編入。
次にやって来たのは旧千代川村。下妻市の千代川庁舎と、最寄りの駅である宗道駅へ。
下妻市千代川庁舎。
きのこみたいな。
神社の木々。
注意。
宗道駅へ。
こんもりした形。
タクシー。
駅近くを歩きながら。
日々だ。
近くにあったコンビニの店名には「鬼怒」とあった。地図を見ても鬼怒川が近い。そばを通っているのだなあと。

旧石下町(常総市)

結城郡石下町
2006.01.01水海道市へ編入、名称変更。
次にやって来たのは常総市の旧石下町。ここでは偶然の出会いがあった。豊田城の形をした地域交流センターへ。
お城だけれど、地域交流センター。

筑波山のほかに遠景で目立つ建物があるとすれば、ここである。

近くには石下庁舎も。
建物は平成4年にオープンした。7階建てで、資料館や展望台もある。
そして、おじさんたちと出会った。

ちょうど城の前で集合写真を撮っている自転車グループの方々がいて、自分が写真を撮った。そして、会話が弾んで仲良くなった。

靴裏ってこんな感じなんだ。
この方と一番お話をした。

75歳だそうだ。「後期高齢者だから」と笑うけれど、とっても元気である。栃木の野木からみなさんでやって来たと。奥さんにはよく怒られること、趣味がなきゃダメなこと、いくつか人生のアドバイスをいただいた。

元気っていいなあ。
心が軽やかになるご縁をありがとうございました。
いってらっしゃい〜!
石下駅方面へ。
石下駅。

旧猿島町(坂東市)

猿島郡猿島町
2005.03.22岩井市と合併。
そして、次は旧猿島町へ向かった。「さしま」と読む。猿島郷土館ミューズと逆井城跡へ。
猿島郷土館へ向かう。
西仁連川。
猿島郷土館ミューズへ。

地元の古地図の展示があるみたいで、最近は伊能忠敬先生バブルがぼくの心の中にきているので、行ってみようと。

猿島郡の地図。すごいなあ。
お茶園もあるようだった。ここ数日お茶畑も見かけるもんね。
印象的だったのは、芽吹大橋の開通。

利根川に架かる芽吹大橋の開通は1958年で、橋の完成までは船による「渡し」だったと。まだまだ最近だし、渡しの写真を見て、利根川を越えることは大変だったのだなあと。

郷土館の方が、声を掛けてくださった。

帰り際、館長さんが「見に来てくださったんですか?」と声を掛けてくださって、岡山から来ましたという話の流れで、「ちょっと待ってください、展示担当を呼びますね!」と、すごく親切に対応してくださった。人の温かさに触れて元気が湧いたのだった。

素敵なご縁をありがとうございました!
それから、逆井城跡を目指す。
逆井城跡へ。

逆井城(さかさいじょう)の完成は戦国時代末期で、今は城跡公園として復元整備されている。

かっこいい。
中にも入ってみた。
戦国時代にも、いろいろな土地の声がここにはあったのだなあと。

旧岩井市(坂東市)

岩井市
2005.03.22猿島町と合併。
そして、坂東市の現在の中心地は旧岩井市であった。市役所近辺と、茨城県自然博物館を訪れた。
自衛官募集。
坂東市役所。
水海道の地名だ。
ゴミ収集。
だらあん。

印象的な交差点だ。
地元のお菓子屋さんにも入った。
そのまま、茨城県自然博物館へ。
立派な建物だ。中にも入ろう。

いやあ、博物館の展示がすごかった。宇宙、生命、動物、植物、地学…すべてあった。全然時間が足りなかった。1日滞在できたなあ。

建物もお洒落だ。
恐竜。
宇宙。
大きな綿毛。
羽毛ティラノが、動くんです。

最近の研究によると、ティラノサウルスの背中には羽毛が生えていたという。そして、実物大のこの羽毛ティラノが実際に動き出すのだが、あまりのリアルさに立ち尽くしてしまった。そこには完全な恐竜の世界があった。

ブナの葉でつくられた日本列島も、地域によって色や大きさが微妙に違っていた。
水族館のようでもあった。

時間があるのなら、あらためてゆっくり行きたいものだ。充実した博物館が地域にあるって、素晴らしいことだと思う。


というわけで、今日の散策はここまで。そして、今晩は前回の旅でも大変お世話になった、龍ケ崎市のご夫婦のおうちへ伺った。今回も旅の間、滞在させていただけることに。数日後には仕事があって、来週は雨も続きそうなので、滞在させていただけることで、一体どれだけ救われることか。夜はお孫さんたちも集まって賑やかだった。お伺いするのはおそらく4年ぶり。お孫さんたちはいつの間にかぐんぐん大きくなっていた。時の流れも感じつつ。

本日のひとこと
北海道で多く見られるコンビニの“セイコーマート”に出会った。関東は茨城県で最も店舗数が多い。セイコーマートを見かけて「ああ、茨城県だなあ」と思った。

(次回へ続く)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

Follow me