ふるさとの手帖

市町村一周の旅

太平洋に別れを告げて、伊能忠敬ゆかりの地へ。【旧市町村一周の旅(千葉県・44日目)】

太平洋に別れを告げて、伊能忠敬ゆかりの地へ。【旧市町村一周の旅(千葉県・44日目)】
旭市→旧飯岡町→旧海上町→旧干潟町→旧山田町→旧栗源町→旧小見川町→旧佐原市、の8つ。
2023.05.20

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【44/175】

44/175
25.14%
訪れた旧市町村の数【168/2,091】
168/2091
8.03%
総計【212/2,266】
212/2266
9.36%

スーパーカブの総走行距離
4273km

2023年5月20日(土)(日本一周44日目)

千葉県旭市

昨日はお昼に散策が終わって、旭市の民宿に泊まった。九十九里浜の目の前にある民宿で、絶えず波の音が聞こえる。値段が高すぎる民宿には泊まれないけれど、訪れるときのワクワクが好きで、最近は民宿の魅力に引き込まれつつある。

昨日のお昼ご飯。えんどうさん。
ミニ天丼セット。お腹いっぱいになった。
民宿へ。屋根付きの駐車場があったので助かった。
磯なぎ荘さん。

ご主人がとても明るい快活な方だった。

布団でゆっくり寝られる幸せ。
15時にチェックインして、16時前には轟々と雨が降り始めた。

ぼくとカブ号は雨に濡れずに済んだので、とても運が良かったのだった。この日は素泊まりにしてしまったけれど、食事付きでも良かったなあ。お金が潤沢にあるわけではないので、素泊まり、素泊まり、食事付き、ぐらいのリズムでどうだろうか。

翌朝。ありがとうございました。

さて。雨は朝の6時ごろに上がり、朝7時に出発した。カブ号は雨に濡れなかったけれど、ハンドルやミラーは潮でベタベタしていた。さすが太平洋の海だ。風もビュンビュン鳴ってたからね。

旭市役所へ。立派な庁舎。
道の駅季楽里あさひ。
旭駅も。

商店街といえば銀座。

文字も渋いなあ。

まずは市街地を巡り、ここから旧町へ。

旧飯岡町(旭市)

海上郡飯岡町
2005.07.01旭市、干潟町、海上町と合併。

と、旭市のエリアの散策を終えて、次に旧飯岡町へ向かった。いいおかみなと公園と、刑部岬へ。

防波堤のデザイン。
ちばてつやさんが育った町。

あしたのジョー、まだ読めてないんだよなあ。そして、ちばさんの最新作「ひねもすのたり日記」をまた読みたくなる。今も新しい号が出ているって、ほんとうにすごいことだ。あと、弟のちばあきおさん作の「キャプテン」と「プレイボール」は、小学生ぐらいのときに破れるほど読んだ。家に、マンガがそれしかなかったのものあるけれど、人格形成にも、多少は関わっているんじゃないかな。

飯岡と津波被災の碑。

この地にも東日本大震災で2.1mの津波が襲来して、13人が命を落とした(行方不明者はさらに2人)ことを、自分は知らなかった。

刑部岬に上がった。

うっすら霞んだまちなみ。

広大な九十九里浜を北上して、ようやく現れた岬であった。

旧海上町(旭市)

海上郡海上町
2005.07.01旭市、干潟町、飯岡町と合併。

次は旧海上町へ向かう。まず、海上郡は「かいじょうぐん」と読み、海上町は「うなかみまち」と読む。面白い名前だ。三井住友海上海上店、とか、調べたらなかったけど、三井住友海上の海上さん、はいるかもしれないと思った。

旭市の海上庁舎へ。


野球の試合中。
まちはとても静か。

真言宗智山派 仙瀧山 龍福寺へ。

龍福寺というお寺にやって来た。

しっとりした空気に合っている。

お金。
古刹だ。

ろうそくなめくじ。

旧海上町そのものは海に面していない。不思議なまちだった。

旧干潟町(旭市)

香取郡干潟町
2005.07.01旭市、飯岡町、海上町と合併。

さらに、不思議な名前が続く。次は旧干潟町(ひかたまち)へ。江戸時代に開拓されて、この辺りは干潟八万石と呼ばれたそうだ。ぼくたちは今、自分たちで土地を開拓するという行為がほとんどない――あったとしても、多くは工事の方々による――けれど、当時は自分のような人間が、開拓をしていたのかなあと思うと、土地に込める思いは一入に感じられる。

地元のスーパーがあった。ダッツノ。
店内に入ってみたら、歌謡曲が流れていた。
萬歳地域。珍しい地名だ。

でも、岡山県にも萬歳という地名はあるらしい。

大きな運動場も。
ひかた市民センター。

大きな葉っぱが落ちていた。

旧山田町(香取市)

香取郡山田町
2006.03.27小見川町、佐原市、栗源町と合併。

ここからは、香取市へ。合わせて4つの市が2006年に合併した。最初にやって来たのは旧山田町。「府馬の大クス」と呼ばれる大木を見に行った。

旧山田町へ。

府馬の大クス。幹が太い。そして、ほんとうはクスではなく、タブノキらしい。

最初にクスノキと言ってしまったから、そのまま大クスになったと。もう一組、おばさま方が見学に来ていて、とても盛り上がっていた。木を見て盛り上がれるって、とってもいいよね。

木がひとつの森のようだった。
展望台からは田園を見ることができた。
左手が大クス。
次は橘ふれあい公園へ。

木々に囲まれながらも、ひらけた公園だ。 公園に食事処が併設されていて、昼食にするかひと通り迷った結果、今日はまだ進むべきだとそのまま行くことにした。

旧栗源町(香取市)

香取郡栗源町
2006.03.27小見川町、佐原市、山田町と合併。

次は旧栗源(くりもと)町へ。道の駅は香取市の中でもかなり内陸に位置している。

道の駅 くりもと紅小町の郷へ。
お昼時だったので、賑わっていた。
紅小町が有名だそうだ。

こうして大きな道の駅があると、土地の名前が残っていくよなあと思う。

小さな営業中の小屋。肩腰三千円。気になる。…入らなかったけれど。
ふれあいの里公園へ。栗源の市街地に近づいた。

千葉県を感じる。

やっぱり、チーバくんの存在感は絶大だ。普通のお店にもひょっこりいるのだから。

旧小見川町(香取市)

香取郡小見川町
2006.03.27佐原市、栗源町、山田町と合併。

次は旧小見川町へ。小見川駅と、小見川城山公園に向かう。

小見川駅。

普通の景色だけれど、好き。
黒部川が流れる。

地理的に利根川も近い。水が身近に感じられる。

小見山城山公園へ。この○×バトル、超強い人いるよね。
城跡の気配を感じて歩く。

紫陽花も青く色づき始めていて、季節が進んでいることをこういうときに感じるのだった。

小見川のまちなみ。

旧佐原市(香取市)

2006.03.27小見川町、栗源町、山田町と合併。

そして、今日の最後は旧佐原市だ。前回の旅では香取神宮を訪れた。だから、佐原の中心部の方は、通過してしまっていた。あと、香取なのか佐原なのか、近くには佐倉もあるし、地名が混同していたけれど、ようやく区別がついた。香取市の中に佐原があること。かつては「佐原市」だったこと。今日はあらためて香取神宮を訪れて、水郷佐原あやめパークと、佐原のまちなみを巡った。佐原のまちなみの中にある、伊能忠敬記念館にも。

香取神宮へ。

お腹がとても空いていたので、お昼にしようかと思ったけれど、海鮮丼やお蕎麦がちょっと高くて(2000円近かったので)やめた。こういうとき、空腹よりも倹約が勝つらしい。

本殿へ向かう。

装飾も見事。
何より、檜皮葺の屋根が素晴らしい。

茅の輪。

茅の輪は、くぐると周りの人も「くぐらないといけないのか…」みたいな空気になるし、人が多いと「あの人くぐってる…」と恥ずかしさも味わうことになるが、ぼくはほぼ毎回、くぐる。左、右、左と3回。なんとなく、くぐった方がいいことあるかなって。

わあ、お洒落だ。
草団子をいただいた。あんこがすっごく優しかった。
紫芋のコロッケも気になった。

中身の素材はほとんど芋だ。芋だけの自然な甘味があった。

…結局、食べてしまっているじゃないか。

次は水郷佐原あやめパークへ。

あやめの見頃は来週以降かららしいけれど、雰囲気を感じよう。

いろんな種類が並ぶ。

江戸系とか、肥後系とか、札に小さく書かれてあって、面白い。

風が強く波立っている。

USA系もあって、笑ってしまった。
薔薇の花びら。日本中で今ごろ、薔薇が咲いている。

ちなみに水郷佐原あやめパークは、利根川を渡り、佐原の中心街から10kmほど離れている。さらに、茨城県の潮来市にも「水郷潮来あやめ園」がある。だから、混同していたけれど、それぞれ別の場所に、スポットがあるというわけだ。

水がすぐそばにある暮らし。

下流だからこその景色だ。海外みたいですごい。

小川も、北海道の湿地のようだ。

植物と川がそのまま境界線を成している。なかなかこの景色は、日本にないはずである。

最後に、佐原のまちなみへ。

先に宿にチェックインして、バイクを置いて佐原のまちなみへ。伊能忠敬記念館に行きたいのだが、16時半に閉まってしまう。今は15時50分、急げ!

伊能忠敬記念館。
ギリギリ間に合った。
第2資料室だけ撮影可能だった。「大方星図」天測の様子。孫の伊能忠海が作ったもの。国宝。
詳細な地名が書かれた大きな地図。でも、中ぐらいの縮尺だそう。国宝。
とかく、すごかった。

伊能忠敬が日本地図づくり行脚の旅を、高齢になってから成し遂げたことは知っていた。全然知らなかったのは、結婚して伊能家に養子に入り、長くは家と村の繁栄に尽くしたこと。それから50歳になって江戸に移り住んで、天文学者だった高橋景保(かげやす)に弟子入りするのだが、伊能忠敬よりも19歳年下であったそうだ。そして、結果的に日本地図を歩いて測量してつくる運命になったわけだが、やり遂げる情熱、すごい。生で地図を見ると、そこに込められた時間がドシドシと伝わってきて、くらってしまった。卑下するわけではなくて、ぼくはまだまだここからだ。この旅で、誰かの役に立てるのかとか、どうしてこの旅をしているのかは、考えがコロコロ変わるので、あまり役に立たない。それでも、とにかく、「進まねば!」とだけは、強く思ったのだった。

夕食は佐原駅前の定食屋さんで。

地元のお母さん方が明るく営んでいらっしゃった。
とってもリーズナブルなのだ。
鯖の味噌煮を食べた。幸せ。

宿はホテルコエドさん。
館内が洒落ている。

別冊太陽があったので、読んだ。今日の復習。

人によって、毎日のように電話をするのが好きな人もいるけれど、ぼくはLINEもあまりしないし、電話もほとんどしない。だから、一人旅をしていると、だいたいひとりで考えごとというか、つれづれなるままに考えざるを得なくなる。まあ、そのせいで「何を考えているのかわからない」ともたまに言われてしまうわけだが。それでも、明るく強くコツコツと、旅を進めていこうと、最後に伊能忠敬記念館にも寄れたことで、今日は爽やかな気持ちだ。伊能先生、見ておいてください。

本日のひとこと
民宿に大きな時計があって、1時間ごとにゴーン、ゴーンと鳴るのだが、起きていた間は「何かが起きた!?」と毎回、気を張ってしまった。

(次回へ続く)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me