ふるさとの手帖

市町村一周の旅

雨が降る前に、小さなまちの姿を探す。【旧市町村一周の旅(千葉県・43日目)】

雨が降る前に、小さなまちの姿を探す。【旧市町村一周の旅(千葉県・43日目)】
旧山武町→旧成東町→旧蓮沼村→旧松尾町→旧横芝町→旧光町→旧八日市場市→旧野栄町、の8つ。
2023.05.19

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【44/175】

44/175
25.14%
訪れた旧市町村の数【160/2,091】
160/2091
7.65%
総計【204/2,266】
204/2266
9.00%

スーパーカブの総走行距離
4121km

2023年5月19日(金)(日本一周43日目)

元々、今日雨が降ることを想定していなくて、しまったなあと思った。すでに明日まで宿を予約しているし、できればそのまま進みたい。だが、予報では10時には雨が降るらしく、合羽を着ての移動になることを覚悟した。しかし、結果的に、雨に濡れずに済んだ。カブも民宿の屋根付き駐車場に入れてもらえた。良かった。今は民宿の部屋で一人、雨の音を聞いている。

旧山武町(山武市)

山武郡山武町
2006.03.27成東町、蓮沼村、松尾町と合併。

今日は山武市、横芝光町、匝瑳市の3つの市町にあった旧市町村を巡っていく。最初に訪れたのは旧山武町。「町」のときは、「さんぶまち」と読んだが、現在は「さんむし」と読む。

旧山武町でJRが通っている、日向駅近くへ向かった。

木材では山武杉(サンブスギ)が有名だそうだ。
日向駅。

山に囲まれた、ひっそりしたまちだ。

さんぶの森公園近く。
さんぶの森公園へ。

公園を離れると、戸建の集合団地もあった。とはいえ、やはりまだ朝5時台だったので、少し早かったかな。

旧成東町(山武市)

山武郡成東町
2006.03.27山武町、蓮沼村、松尾町と合併。

次に訪れたのは、旧成東町。「なるとう」と読む。浪切不動院と、本須賀海水浴場へ。

浪切不動院。

下から見上げるだけでも立派だ。

成東山。

成東のまちを見下ろすこともできた。
イチョウもすごく美しかったので、秋は見事なんじゃないかな。
次に、本須賀海水浴場へ。

同じタイミングで、ものすごく特殊そうな車がやって来て、どうやら撮影っぽかった。

九十九里浜。

以前見た、九十九里浜を思い出した。どんよりしていて、空と海と砂浜が似た色をしていて。

馬も颯爽と。

内心、すごくびっくりしたし、優雅に走る姿を遠目で見て、感動した。

やはり、サーファーも。
掘る。

海の近くは湿度が高く、ベタベタした感じもあった。

旧蓮沼村(山武市)

山武郡山武町
2006.03.27成東町、山武町、松尾町と合併。

次は旧蓮沼村へ。蓮沼海浜公園と、道の駅オライ・はすぬまを訪れた。

蓮沼海浜公園の近く。

蓮沼海浜公園はとっても横長で、おそらく数キロはある。さすが九十九里浜だ。

海が近いけれど、広いプールもあった。

展望タワーであり、津波の避難タワーにもなる。
今度は道の駅へ。ヤックスドラッグ、初めて見た。

「ヤックスドラッグ」って今まで見たことがなかった。調べてみたら、千葉県を中心とするドラッグストアで、茨城県にもお店があるらしい。でも、2県だけなら、ローカルなお店だ。

道の駅にて。蓮沼村閉村にあたっての記念碑があった。

海が近いけれど、道中は田んぼも広がっていた。多くの人の手で開墾されたのだなあ。

道の駅に船と大漁旗。
田んぼの景色も多い。
ソテツさん。

道の駅を訪れたとき、「前回の旅でも来たな」と思い出した。あの日は雨が降っていた気がする。みたいなことを、同じ場所に立つと思い出すのだ。

旧松尾町(山武市)

山武郡山武町
2006.03.27成東町、蓮沼村、山武町と合併。

山武市では最後になるのが、旧松尾町。松尾駅周辺と、金刀比羅神社へ訪れた。

通学の時間。
うんうん。

緑と住宅と線路と。
金刀比羅神社。

金刀比羅神社は日本に結構あるはずだと思って調べてみたら、やっぱり色々ある。総本宮は香川の金刀比羅宮だ。

緑に包まれて。

神輿を見ると、血が騒ぐようになった。神田祭のおかげで。

旧横芝町(横芝光町)

山武郡横芝町
2006.03.27光町と合併。

そして、ここからは横芝光町へ。名前の通り、旧横芝町と、旧光町に分かれている。どちらの旧町も海側と内陸側を含んでいて、長細い地形だ。まずは旧横芝町へ。

ふれあい坂田池公園。
影が、いい感じ。

陸上競技場の、掲揚する旗、すごく多いな。

横芝駅は、千葉県内最古の駅舎だそうだ。2022年で125周年を迎えている。

そして、今の高校生が利用しているのも、いいなあ。
屋形海岸へ。

蓮沼海浜公園ととても近かったので、そのときに寄ればよかったと思いながらやってきた。

浮雲。

旧光町(横芝光町)

匝瑳郡光町
2006.03.27横芝町と合併。

次に訪れたのは、旧光町。役場近くと、気になったまちなみの散策へ。

横芝光町役場。
前回も、このフォントが気になって撮ったんだよなあ。

ここで写真を撮ったこと、覚えている。むしろ、撮った写真を見返していて、それが徐々に記憶になっていったような感覚だ。だから、懐かしかった。

役場の隣にある、光文化の森公園。
広場もあった。
ステージもあった。フェスができそうだ。

昨日から、とうもろこし畑を見るようになった。
おじさんと少し会話も。

シワと表情の柔らかいおじさんだった。

「俺の出身は香川だよ。ここ? 流れ着いて22年。旅は今のうちのやった方がいいさ。だって大変だろう?」

旅をやりな、と言われることは多い。でも、旅は大変だろう、と言われることは少ない。それを言えるのは、長い旅をしたことがある人だ。ここに来るまでに、おじさんはいろんな経験をしてるんじゃないかな。そう思えた。

旧八日市場市(匝瑳市)

八日市場市
2006.01.23野栄町と合併。

今度は匝瑳市にやって来た。実家のテレビで匝瑳市のニュースが流れたとき、父が「そうさしって読むんか」と驚いていた。ぼくもすごい読み方だなあ、と思う。ただ、元々は八日市場市(ようかいちばし)が存在していたってこともすごい。市場が市の名前だもんなあ。

旧八日市場市へ。
銚子街道に沿っていて、八日に定期市があったことから名前が付いたそう。
古い建物も多い。
天明元年。ということは早240年だ。

そして、松山庭園美術館へ向かった。

今度は市街地から離れた、松山庭園美術館へ訪れた。芸術家・此木三紅大(コノキ・ミクオ)のアトリエを公開したもので、自然に包まれた穏やかな場所に佇んでいる。

松山庭園美術館。正面もかっこいい。
猫がシンボリックになっている。

日本庭園は立派かつ、独特さもあった。

館内(別館)では、公募の猫展がたくさん展示されていた。
猫への愛と芸術が、至るところに。
こちらが本館。
かっこいい…。
建物の中の見事さに驚いた。

本館に入ってすぐの部屋。心地よい曲がゆったり流れていて、椅子も机も飾られた絵も美しく、瀟洒な空間だった。

さらにまだまだ、猫の作品もあった。
猫とギターだ。
本物の猫さん。オッドアイなんだって。

館内ではコーヒーを飲むこともできて、「ゆっくりお休みくださいね」と仰ってくださった。ここでコーヒーを飲んだら、もう立てなくなると思った。居心地が良くて。開館日は金土日が主なので、週末にゆっくりしたい方はぜひ。いい空間だったなあ。

旧野栄町(匝瑳市)

匝瑳郡野栄町
2006.01.23八日市場市と合併。

そして、旧野栄町で今日の散策は最後。野栄ふれあい公園と、野手浜海岸を訪れた。

ふれあい公園の、長い滑り台。

友だちと一緒なら、滑りたいんだけどね。一人だから。

海近くでも、やはり田んぼが広がっている。
風が強いのだろう。草の生え方が傾いている。
最初は堀川浜を訪れた。あっ、でも工事中で入れない。

というわけで、数キロ離れた野手浜海岸へ移動した。

野手浜海岸。木々も生えている。

海岸線一帯はずっと九十九里浜なのだけれど、少しずつ景色は違うのであった。

雨が降らなくてよかった。

今日の散策はここまで。このあと昼食を取って、そのまま民宿へ移動した。宿に着いた1時間後から、雨は本降りになったので、ぎりぎりセーフだ。ちょっと、民宿の魅力にも引き込まれつつある。高いところには泊まれないかもしれないけれど、宿の方と話せるのはとても楽しい。

本日のひとこと
個人経営のガソリンスタジオに入ったら、店員さんが寝ていたので、そのまま行くことにした。

(次回へ続く)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 旅お疲れ様です!
    横芝光町出身の者なのですが、地元でもあまり行かない場所から、通い慣れた道まで、ボリュームたっぷりのレポートで楽しませていただきました!
    まだまだゴールは先かと思いますが、お体や怪我に気をつけつつ、頑張って下さい!

  2. みの様
    ご返信が遅くなりました!!横芝光町のご出身なのですね。通い慣れた道もあるとのこと、嬉しいです。ありがとうございます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me