ふるさとの手帖

市町村一周の旅

海と田んぼに癒されて、房総半島を北上しよう。【旧市町村一周の旅(千葉県・42日目)】

海と田んぼに癒されて、房総半島を北上しよう。【旧市町村一周の旅(千葉県・42日目)】
赤色の丸です。鴨川市→旧天津小湊町→旧大原町→旧夷隅町→旧岬町、の5つ。
2023.05.18見えづらいですが、房総半島を反時計回りに北上しています。

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【44/175】

44/175
25.14%
訪れた旧市町村の数【147/2,091】
152/2091
7.23%
総計【196/2,266】
184/2266
8.65%

スーパーカブの総走行距離
 4021km

2023年5月18日(木)(日本一周42日目)

千葉県鴨川市

昨日は鴨川市内のホテルに宿泊した。リーズナブルだったけれど、テキパキと案内をしてくださり、大浴場もあって幸せだった。とはいえ電気も消さないまま、すっかり寝落ちしてしまったけれど。

とても心地良かった。

夕方、まちを歩いた。

内房線と外房線。


そして、朝からは鴨川市といすみ市の、5つのまちを巡った。広々した太平洋に出会うこともあれば、内陸の田んぼや自然にも出会った。両方の良さが、房総半島には広がっているように感じる。それではあらためて。

鴨川市の加茂川。

太平洋と朝日が綺麗だ。
魚見塚展望台へ。

素晴らしい景色だった。
鴨川市は長狭平野が、海に向かって広がっている。
銅像もあった。

中心街。いいなあ。

次に、やや遠い大山千枚田に行くか迷って、行くことにした。前回も訪れていたけれど、鴨川市の市街地側から行くのは初めてだったので、道中がどのような地形なのか感じることが必要だと思って。平野がひらけて穏やかな田園風景が広がっていた。

大山千枚田へ。
棚田は本当に美しいなあ。

前回訪れた4年半前も、この木を見た気がする。

やっぱり、手植えなのがすごいなあ。

棚田は、自然が生み出した景色ではなくて、人の手によって守られている景色だ。手で植えられていて、芝も刈られていて、人の手による長い時間がここにはあるということを、忘れないことだ。

旧天津小湊町(鴨川市)

安房郡天津小湊町
2005.02.11鴨川市と合併。

次に訪れたのは、鴨川市の旧天津小湊町。日蓮聖人生誕の地である誕生寺のほか、小さな港町が広がっていた。

鴨川市の天津小湊支所。
職員の方が、鴨川市の旗を掲揚されていた。
「誕生寺もありますね」と。

この辺りを巡っていると話したら、「誕生寺がありますね」と教えてくださった。ぼくはフラットな発音で「たんじょうじ」だと思っていたけれど、地元の方の発音では「たん」にアクセントが入った「たんじょうじ」であった。

支所の奥にもすぐ海が。
安房小湊の港近く。

誕生寺への駐車場を誘導されて、港近くを通ってお寺へ向かった。

この辺りは天然の鯛が生息していて、「鯛の浦」と呼ばれる。

そして、誕生寺へ。
日蓮宗の大本山だ。

日蓮聖人の銅像。イケメン。
瓦がとても立派だ。
「仏様」…?

とても立派なお寺であった。一週間前は、鶴見で曹洞宗の大本山、總持寺を訪れた。そして、今回は日蓮宗。日本の仏教の歴史図を最近よく見ているのだけれど、なかなか複雑だ。

旧大原町(いすみ市)

夷隅郡大原町
2005.12.05夷隅町、岬町と合併、いすみ市へ。

次は勝浦市と御宿町を越えて、いすみ市へ。いすみ市は旧大原町、旧夷隅町、旧岬町と3つのまちが合併してできたまちだ。まずは市役所も位置する、旧大原町を訪れた。

海近くの、岩船地蔵尊へ。

お地蔵さんも並ぶ。

「俺? ここの管理人だよ」

どこからも気配を感じず、一人のおじさんが颯爽と現れた。不思議な方で、ぼくと距離が近くてもぐるぐる絶えず歩き続けていたり、表情が緩むと前歯が2本、綺麗に姿を見せたりもした。

「ここでお参りしたら、宝くじ当たるよ。俺それで◯◯万円当たったから」

と、まくしたてる言葉を聞き流せなかったのは、その額が「マジっすか」だったから。でも、真偽はよくわからない。それでも地蔵尊の扉を開けてくださったので、参拝した。調子のいい人間なので、宝くじを買いたくなった。

大変不思議な方であった。
大原駅周辺へ。
JR大原駅。

いすみ市役所も。

大原駅からも近い漁港では、日曜日に朝市があるそうだ。朝市って、いいよなあ。

旧夷隅町(いすみ市)

夷隅郡夷隅町
2005.12.05夷隅町、大原町と合併、いすみ市へ。

最初、「夷隅」の漢字が読めなかった。でも、「いすみじゃないか!」と途中で気づいた。中世は上総介広常が治めていたそうで、鎌倉殿の13人、佐藤浩市さんが演じた悲しい最期を思い出すのであった。ああ、頼朝め!

万木城跡へ。こちらは15世紀以降、武田氏、次いで土岐氏が治めたそう。

日本にはほんとにいろんな城があるなあ。
内陸の景色が広がる。

日常が流れる。

田んぼの景色が素晴らしいなあと。
いすみポッポの丘へ。
しかし、営業日ではなかった。しまった、残念!
と言いつつ、ちょうど踏切で、いすみ鉄道の車両が通った。

夷隅町では、内陸らしい穏やかな田園風景が広がっていた。ただ、海沿いよりもムワッとした暑さがあった。

旧岬町(いすみ市)

夷隅郡岬町
2005.12.05大原町、夷隅町と合併、いすみ市へ。

最後は岬町へ。「日本三大清水」にも数えられている、清水寺へ訪れた。

創建は800年代とされる、名刹だ。

1000年も枯れていないという、千尋の池。
本堂も立派だ。
重厚な装飾。
とても渋い。

赤穂浪士の彫刻もあった。
そして、お寺の境内にお店があって、こちらで昼食をいただくことにした。
「おてらのおそば」にしよう。
店内からは、新緑の木々を眺められる。
さすがお寺さん。

店主の方とゆっくりお話しをしながら、昼食をいただいた。とてもフランクな方で、「気軽にお寺にお参りして欲しいんですよね〜」と。今は息子さんが継いでいるが、前住職の奥様であった。

とっても優しく接してくださった。
おそば。鰹とサバで出汁をとっているそうだ。美味しかった。

お店を始めたのは去年の11月からだそうで、「お店があると、いろんな人が来てねえ。そういう出会いが面白くて好き」と明るく仰った。ぼくが旅で訪れたことも喜んでくださってうれしかった。

あんことアイスクリームをサービスしてくださった。うれしい!

「遠くから来たんだから」と、あんこwithアイスクリームをサービスしてくださった。ありがたいなあ。甘くて疲れも取れるし、何より大きな元気をいただいた。

素敵なご縁をありがとうございました。
店内は一点もののステンドグラスも飾られていた。
岬町の長者。交差点が渋かったので。
最後は、太東海水浴場へ。オリンピックのサーフィン会場のすぐそば。まさにサーフィンのメッカだ。
サーファーの方がたくさんいらっしゃった。

今日、安房小湊の漁港では港町らしい「海のまち」を感じたけれど、太東は太東で、違う雰囲気の「海のまち」があった。ビーチにいる方々、車ですれ違う方々の雰囲気が、「俺、私、海が好き。サーフィン最高」って感じで。

ぼくも「趣味ですか?サーフィンっす」って言ってみたい。

気持ち良さそうだったなあ。

というわけで、今日の散策はここまで。最後に、岩船地蔵尊のおじさんの、「宝くじ当たるよ」が、脳裏にこびりついてしまったので、買った。おじさんは、「スクラッチが当たるよ。スクラッチがあ!」と仰っていたので、1枚200円分だけ。

ゾロさんだ。
当たった! 200円だ!

5等の200円が当たった。これでイーブン。そして、せっかくなので、回収した200円でもう一回やってみたら、ハズレだった。200円を失った。おじさんの顔がチラついた。明日もがんばろう。

本日のひとこと
朝早く出発したい理由。
・交通量が少ない
・涼しい
・なんだか気持ちが楽

(次回へ続く)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me