ふるさとの手帖

市町村一周の旅

関東地方もあと少し。千葉県千葉市を巡る旅へ。【旧市町村一周の旅(千葉県・40日目)】

関東地方もあと少し。千葉県千葉市を巡る旅へ。【旧市町村一周の旅(千葉県・40日目)】
花見川区→美浜区→稲毛区→中央区→若葉区→緑区、の6つ。
2023.05.16

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【44/175】

44/175
25.14%
訪れた旧市町村の数【140/2,091】
140/2091
6.70%
総計【184/2,266】
184/2266
8.12%

2023年5月16日(火)(日本一周40日目)

おかえりスーパーカブ。

神田祭が週末に行われていた最中、オーバーホールをお願いしていたバイク屋さんから連絡が来て、お店に伺った。診断と修理の結果をとても丁寧に教えてくださったのだが、ぼくが気になっていた箇所は、確かに状態が悪かった。ひとつは信号待ちでエンストする現象について。これは「バルブクリアランス」と呼ばれるエンジンパーツの隙間が、異常値になっていた。もうひとつは右足のブレーキに違和感があったのだが、グリスが切れていたとのことだった。

どちらも良い状態に直してくださって、エンジン音も小さくなった。再び乗ると違いが歴然としていた。もう、乗り心地がまるで違うのだ。修理に出す前の状態で、旅を進めることには不安があったが、今の状態なら、カブファーストの気持ちを大切に、進んでいける。そう思えた。


さて。月曜日は雨だったので作業日として、火曜日から出発した。朝4時過ぎに都内を出ると、東の空は何かの始まりを告げるような薄い青色を帯びていて、透明な細い月が怖いほどに美しかった。今日は政令指定都市の千葉市へ向かう。合わせて6つの区を巡った。

千葉市花見川区

千葉市花見川区
人口約17万9千人

最初にやって来たのは花見川区だ。幕張町に入る頃には、ベタベタした水分が肌にくっついて、霧の中で光が差し込んでいた。花島公園へ行く道中、京葉道路の武石インターを通過したのだが、東京方面に入って行く車の数の量が圧倒的だったことにも驚いた。

幕張町。まちが少し霞んでいた。
花見川団地。
花島公園へ。

花見川団地の近くにある、花島公園。池に掛かる木の橋は風情があり、蓮の葉は朝日に照らされ、花見川沿いの植物は露に濡れて冬の朝のようだった。

検見川神社そばの踏切。
検見川神社へ。

検見川神社を訪れた。「八方除総鎮護」という通称がある。寒川神社は「全国唯一の八方除の守護神」とあったけれど、ライバル関係なのかなあ。いや、それぞれ、ライバルなど関係なく、人々に愛されていることが何より大切だろう。

清々しい神社だった。

千葉市美浜区

千葉市美浜区
人口約14万8千人

次に訪れたのは美浜区。やっぱり名前の通り、ビーチサイドを訪れようと思って、幕張海浜公園と、稲毛海浜公園をそれぞれ訪れた。

幕張海浜公園へ。

ZOZOマリンだ。

茶道部の同級生だった友達は、ロッテファンだった。ちなみに、今のロッテでは岡大海選手が、ぼくの中学校の先輩だ。

建物も新しい。
幕張の浜まで。
おおー。
海鳥がたくさんいた。

今度は、稲毛海浜公園へ。

二つの浜は5kmほど離れている。

透明だ。
!!

違いがあるとすれば、幕張海浜公園よりも、稲毛海浜公園の方が、ロマンチックだった。

団地もある。

幕張海浜公園側と稲毛海浜公園側で、建物の建ったタイミングもだいぶ違うように感じられた。

千葉市稲毛区

千葉市稲毛区
人口約16万千人

次に訪れたのは、稲毛区。先ほど稲毛海浜公園も訪れたけれど、稲毛区そのものは、海に面していない。稲毛浅間神社とJR稲毛駅周辺を訪れた。

神社のそばの道のうねうね。

稲毛浅間神社。
ちょっと表情がまろやか。
小さなお宮は、市杵島姫命が御祭神。
階段を上がっていく。
綺麗な神社はつくづくすごいと思う。
めくってみると地元の方が多かった。

稲毛駅へ。

JR総武線なので、東京にも通じている。朝の通勤で人も賑わっていた。

千葉市中央区

千葉市中央区
人口約20万5千人

名前の通り、中央区には県庁や市役所もあるし、千葉の中枢だ。知り合いに何人か、千葉大学出身の人もいるけれど、みんな素敵な方だから、千葉はいいなあ、と思っていた(偏見だけれど)。ポートタワー、千葉神社、千葉公園と訪れた。

陸橋やモノレールが千葉市では印象深い。

モノレール。

千葉ポートタワーへ。
展望台の高さは、113m。
まちが広がっているなあ。

恋人の聖地でもあるそうだ。千葉ロマンチック。

次は千葉神社へ。
千葉神社も、八方除の神社。

妙見信仰に基づく厄除開運、八方除の神社だそうだ。先の検見川神社とは御祭神も違う。でも、神様や信仰が違っていても、行き着くところが似ることもたくさんあるだろう。それはもちろん、神社に限らず仏教やほかの宗教も、ということになるよなあ。

本殿、かっこよかった。

入口の普通の土に、貝塚?
千葉公園へ。

千葉駅など中心部からも近いけれど、公園周りも少し古い時間の流れを感じた。公園を巡っていると、戦争による軍の名残もこの地域には多いことを知った。

千葉市若葉区

千葉市若葉区
人口約15万千人

次は若葉区へ。まちは穏やかに住宅地が広がっている。そして、千葉市動物公園と、加曽利貝塚を訪れた。

千葉市動物園へ。

こんにちは。
おつかれさま。

エミューがいた。
砂漠さんのエミューちゃんより…。

砂漠さん(@eli_elilema)が飼っていらっしゃるエミューちゃんよりは、小さかった。エミューちゃんは今ごろどんな毎日を過ごしているのであろうか。

おっ。ゴリラだ。
暑いらしい。

とにかく、ゴリラで思い出すのは、元京都大学総長の山極壽一先生だけれど、「おさるの年に、ゴリラの話を。」は、すっごく面白かったなあ。

チンパンジーさん。
いろんな動物がいるって、神秘的だ。
加曽利貝塚へ。

加曽利貝塚へ着いた。
博物館に入る。
ごく普通に、どっさどさ貝塚があった。
それは、保存されて守られたからである。

展示にも記載されていたのだが、千葉市には約1300箇所の遺跡があり、その内の特別史跡は一ヶ所。そう、ここだ。そして、貝塚は関東地方が最多で、関東地方では千葉県が最多。千葉県の中では千葉市が最多。つまり、千葉市は日本で一番貝塚が多いまちだと知った。

竪穴住居の復元も。

ほぼ屋外の中にある建物だが、中に入るとそのまま貝塚が残っていた。

かつて、加曽利貝塚の保存は国会でも議論が繰り広げられたが、市民による保存運動によって、守られて現在に至る。そのおかげで、ここに縄文時代から続く長い歴史があったことを、ぼくも触れることができた。

千葉市緑区

千葉市緑区
人口約12万6千人

そして、最後に訪れたのは緑区だ。さいたま市、相模原市、横浜市についで、4つ目の緑区である。鎌取を中心とする緑区役所辺りと、昭和の森を訪れた。

緑区役所へ。

まち自体はすごくゆったりしていて、せかせか感じなかった。

鎌取駅。

昭和の森のそばにあるホキ美術館へ…。
嗚呼、定休日だ‥‥。

ホキ美術館は、写実絵画専門の美術館だ。やはり、いつか行ってみたいな…。

またリベンジをしよう。
周りも穏やかな住宅街。

昭和の森。

森はとても広々としていた。そして、千葉市緑区ではあるけれど、東京湾ではなく、房総半島のほとんど真ん中寄りまで来ていて、千葉市の広さを感じたのであった。


今日の散策はここまで。あと、書いても書かなくても、どちらでも良いのだけれど、昭和の森でバドミントンをしていたカップルが、いつの間にかラケットを片手に持ったまま抱き合ってキスをしていて、いや、隠れながらとかではなかったから、見てしまったわけだが、やはり千葉はロマンティックが好きなのだろうか‥‥と、思ったのであった。

(次回へ続く)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me