ふるさとの手帖

市町村一周の旅

水と緑に囲まれた、相模原市と上野原市へ。【旧市町村一周の旅(神奈川県・山梨県)】

水と緑に囲まれた、相模原市と上野原市へ。【旧市町村一周の旅(神奈川県・山梨県)】
区としては緑区へ。
旧市町村としては、旧城山町→旧津久井町→旧相模湖町→旧藤野町→続く
旧上野原町→旧秋山村へ。

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【20/175】

20/175
11.43%
訪れた旧市町村の数【140/2,091】
140/2091
6.70%
総計【160/2,266】
160/2266
7.06%


2023年5月5日(金)

昨日、栃木県から神奈川県にやって来て、今日はほんの少しだけ、山梨県にも入った。相模原市と山梨県の上野原市は隣同士なのだ。GWの賑わいもあって、行きも帰りも何度か渋滞に巻き込まれつつ、進んでいった。

相模原市緑区

今日、訪れる相模原市の旧市町村は、いずれも緑区に含まれる。

橋本駅。

関東で生活していたとき、電車で「橋本行き」を何度か見ていたけれど、毎回、和歌山県の橋本市ばかりを想像していたので、今回やっと、「橋本はここだったのか!」と、しっくりきた。

旧城山町(相模原市)

そして、最初に訪れたのは旧城山町。津久井湖城山公園を中心に散策した。

旧城山町へ。
「修整加工」の文字が好き。
山も近くなる。

昨日も相模原市を巡っていたけれど、さらに、山という感じが増している。丘陵地でも台地でもなく、山が多い。

城山総合事務所。
相模川に架かる、小倉橋。
城山公園、水の苑地へ。
水の豊かさを感じる。
ルピナスがきれいに咲いていた。とうもろこしみたい。

旧津久井町(相模原市)

今度は、すぐに城山ダムを渡って、同じく城山公園の花の苑地へ。ほとんど場所は変わらないのだけれど、相模川を挟んで、旧津久井町になる。

今日はおまつりがあるみたい。

プログラムを見ると、昼にはプロレスもあるらしい。MCの女性が、「ご来賓のみなさま、プロレスリングの横にお集まりください〜」と言っていて、面白かった。

城山公園の名前の通り、山頂へ進むと城跡がある。

行くか迷ったけれど、結構なハイキングで時間がかかりそうだったので、撤退した。

水と緑がきれいだ。
そこに暮らしもある。

リングの上なので、市議会議員さんの自己紹介が、揃ってプロレス調だった。「みなさん元気ですかあっ!」
津久井総合事務所。

旧相模湖町(相模原市)

次は、旧相模湖町へ。さっきまでいた水辺は、津久井湖や、城山ダムだったけれど、今度は相模湖に場所が変わる。周りの景色はさらに山が近くなり、「ここも相模原市なんだ」と、驚くばかりだった。

旧相模湖町へ。
河川敷でもなく、山の間を相模川が流れる。

小原宿本陣へ。

小原宿本陣を訪れた。本陣と聞くと、戦いの拠点みたいに聞こえるけれど、江戸時代の武家諸法度で定められた、参勤交代での諸大名や幕府役人、公家衆が使った休憩宿泊施設を指す。そして、小原宿本陣は、神奈川県下26本陣中、唯一現存する建物だ。

佇まいが立派だ。

建物の中は風通しが良くて、ひんやりしている。
ひとつひとつの物に時間を感じる。

素晴らし屋敷だった。休憩するための場所だけれど、ぼくもずっとここにいられる気がした。

相模湖町の家並み。
相模湖へ。
穏やかな時間が流れていた。

旧藤野町(相模原市)

神奈川県で訪れる旧市町村は最後。旧藤野町へ訪れた。山梨県上野原市と県境を接している。自然に囲まれたまちであり、芸術に触れられる場所も多い。

旧藤野町へ。
藤野駅。

緑のラブレターだ。

相模川の右岸の山の中に、大きなラブレターがある。結構、大文字焼きの文字ぐらい大きい。

相模川の両岸に、まんべんなく家が建っている。

まちに点在するアートを探した。「限定と無限定」

「斜影子午線」

それぞれ、自然の中にぽつんと佇んでいた。

知らないところで、知らない文化があるのだなあ。

旧上野原町(上野原市)

そして、ここからは山梨県上野原市へ。最初は旧上野原町の北にある、軍刀利(ぐんだり)神社へ訪れた。

神社への道のりが遠い。
最後、とてつもない坂を登った先に、神社があった。

帰り道が怖すぎると思えるほど、急な坂道を進んだ先にある、軍刀利神社。日本武尊を祀っている。

凸凹した、そのままの階段を登る。
着いた。清々しい。

参拝して、パワーを感じた。もしくは、パワーを感じた、と思い込もうとしているのかもしれない。けれど、それでもいいと思えた。

さらに山奥を進む。
カツラの木を見に行くのだ。

さらに10分ほど歩いた先に、御神木のカツラがある。

すごい場所に来たなと。
見えた、大きな木だ。
御神木のカツラ。

軍刀利神社ですら遠いと思ったのに、さらにその先にあり、そして、辿り着いたときに感じる、「御神木だ」という感動。すごいなあと思った。もうひとり来ていた方は、近くに座って、ここでお昼ご飯を食べていた。気持ちいいよね。

カツラ。
棡原(ゆずりはら)郵便局。とても珍しい地名。
かつて、日本で漢字の整理が進んだとき、棡原の地名があったことで、「棡」の漢字は生き残った。
市街地に戻って。

旧秋山村(上野原市)

そして、最後に訪れたのは旧秋山村だ。名前の通り、集落の真ん中には秋山川が流れていて、のちに相模川に合流する。棚田の景色と、秋山温泉へ。

上野原市秋山支所。

秋山村消防団、の文字。
開けた景色が美しい。

富岡の棚田へ。

石積みの道路脇、幾重に重なる水田の景色。素晴らしかった。人の手によって、守られていること。ぼくはこの景色を見て感動したけれど、あくまで自分は部外者で、都合のいい人間に過ぎない。ぼくが感動するために、この景色があるのではない。この景色は、ここに住む方たちのためにある。目を閉じて小鳥のさえずりと、カエルの鳴き声を聞いた。

最後は秋山温泉へ。

開館時間だったので、入浴した。もちろん、最初からそのつもりで、ひっそり楽しみにして。

アウフグースの聖地だそうだ。

温泉は源泉37.1度とぬるめ。透明なお湯が少しずつ、体に染み渡っていった。GWでもあるし、地元の人と、観光客が、入り混じっている。顔を見るだけでも、多分この方は地元の人だなあ、なんていうことを、案外わかるものだな、と思った。相手方からすれば、ぼくの顔は観光客だろうなあ。最後に、とても気持ち良かった。


今日の散策はここまで。特に今日訪れた相模原市は、イメージしていた相模原市とは全く違うし、別世界だと感じられた。それぐらい、ひとつの市とはいえ、地域に沿った暮らしがあり、日本も広い。

(次回へ続く)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me