ふるさとの手帖

市町村一周の旅

前橋を巡り、ザスパクサツ群馬を応援しよう。【旧市町村一周の旅(群馬県)】

前橋を巡り、ザスパクサツ群馬を応援しよう。【旧市町村一周の旅(群馬県)】
赤い丸で囲んでみました。旧粕川村→旧大胡町→旧宮城村→旧富士見村→前橋市の5つ。
2023.04.23

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【10/175】

10/175
5.71%
訪れた旧市町村の数【90/2,091】
90/2091
4.30%
総計【100/2,266】
95/2266
4.41%


2023年4月23日(日)

朝、お世話になっている方の前橋のおうちを出発すると、「今日の赤城山は…」と、赤城山を見るのが習慣になった。日によって、山の形は変わらずとも、見え方が違うのだ。今日の赤城山は、完璧だ。背後の深い青空、それに緑を足した濃い山並みが、朝日に照らされ輝いている。

旧粕川村

勢多郡粕川村
2004.12.05前橋市へ編入。

今日は前橋市を巡っていく。前橋市は、かつて5つの市町村にわかれていた。まずは旧粕川(かすかわ)村へ。赤城山を源流とする粕川は、旧粕川村を通り、伊勢崎市で広瀬川と合流したあと、最後は利根川と合流する。

前橋市粕川支所。

緑に包まれた粕川。北上すると、名瀑と言われる不動滝もある。

粕川駅。空が抜けて気持ち良い。

駅舎にやって来た一台の車から、野球部の子が出てきた。今日は日曜日。車のどんっ、という音が、行ってきますの合図。

旧大胡町

勢多郡大胡町
2004.12.05前橋市へ編入。

次にやって来たのは旧大胡(おおご)町。街の中心部を歩いた。

上毛電鉄だ。
大胡駅前と風車。

大胡駅。
前橋市大胡支所の近く。

オトメ、ダンシ。

7月には大胡祇園祭りがある。約170年続く伝統ある夜まつり。中学校の美術部の生徒さんが、シャッターをデザインしたと書かれていた。

大胡城跡へ。台地になっている。
まちなみ。

旧宮城村

勢多郡宮城村
2004.12.05前橋市へ編入。

徐々に、真正面から赤城山が近づいてくる。実際は、自分が近づいているのだが、山が近づいてくるように見える。旧宮城村から、前橋市のまちなみも眺めた。珍しい鼻毛石(はなげいし)の町名も、信号に堂々と書かれていてかっこよかった。

旧宮城村へ。
前橋市宮城支所。
みやぎ。

赤城神社(三夜沢)へ。

群馬には赤城神社がいくつかある。その中でも旧宮城村には、三夜沢(みよさわ)に赤城神社が鎮座している。赤城山の裾野、静かで木々が高く、冷んやりした風が流れていた。

静寂が凛々しい。

柏手を打つと境内に音が響いた。
鳥居の木は新しく立派。
ここから、赤城山へ登っていく。
景色は抜群だ。

旧富士見村

勢多郡富士見村
2009.05.05前橋市へ編入。

三夜沢の赤城神社から、今度は赤城山へぐんぐん登っていく。途中から風の冷たさが増し、痛い。カーブを進むごとに看板の数字がどんどん増えていき、99まであった。ネットには「酷道」「恐るべき道」などといった記載があったが、同じ気持ちだ(別ルートもある)。そして、今度は赤城山の大沼に佇む、赤城神社へ訪れた。

大沼へ。とにかく、ここまで寒かった。
岩もごつごつしている。
巫女さんがベンチコートを着ていた。納得の寒さ。

大沼に佇む赤城神社。朱色が鮮やかだ。
雪国を感じる。

みんな、ここまですごいなあ。

やはり、神社までバイクで来ている人も多かった。もう、寒かろうに。「ほんと、ご苦労なこった」と自分も原付だけれど、思った。

旧富士見村の集落まで下っていく。だいぶ下りてきたが、まだまだ小高いところにいる。富士山が見えることが、富士見村の由来でもある。
景色は抜群だ。すごいな、景色。と何度も思った。
前橋市富士見支所。
村長さんの像。

前橋市

そして、最後は前橋市である。先に朝一番、旧粕川村へ訪れる前に、大室古墳群にも寄った。

前橋市にて。
大室古墳群の公園と、赤城山。
いくつかの古墳が密集していた。

埴輪さん。

そして、前橋の中心街へ。
岡本太郎の鐘。

ぼくはこの鐘を撞いたことがある。ふっふっふ。

スズランさん。
懐かしいなあ。

前橋の中心街は、4、5回ぐらい来ている。直近で訪れたのは、去年の10月だったけれど、地元の方と夜にスタジオを借りて、カラオケに連れて行ってもらったりした。そういうことを、まちを歩くと思い出す。

「ほんこん」さんへ。

前橋のおうちでお世話になっている方が、「ほんこんでしょ」と仰っていて、訪れた。

む…。来たことあるぞ。

誰かに、連れて来てもらったことがある…。誰かは思い出せない…。自分の意思で行かないと、お店の名前も忘れてしまっているものだなあと。タクシーの道中が覚えられないのと一緒で。

中華そば細麺。焼きあごの出汁と、コクのある細麺。何より、やさしい大将の味。美味しい。
前橋文学館も訪れた。

萩原朔太郎さんが気になって、入ってみることにした。詩だけではなくて、音楽や写真も好きだった方だと知った。萩原朔太郎賞を受賞された、詩人・川口晴美さんの展示も一緒に拝見しながら。

広瀬川の、ここのポイントが好き。
ザザザザーっ。

さて。もう少し回りたいところもあったけれど、時間だ。今日は14時から、J2第11節、ザスパクサツ群馬vs徳島ヴォルティスの試合がある。現地観戦へ。ガンバレ、ザスパクサツ群馬!

道中の河川敷。

試合会場の、正田醤油スタジアムへ。

ぼくは、スポーツなら何でもチェックするのが好きなスポーツのミーハーである。最近のサッカーはプレミアリーグ、アーセナルとマンチェスターシティの直接対決が、どうなるのだろうかと気になっている。ミーハーっぽいでしょう。

試合前の熱気がいいなあ。

大人も子どももワクワクしている様子が、やっぱりいいなあ。

いざ、会場へ。
ク!サ!ツ!とサポーターの熱い掛け声が響く。垂れ幕は左の「源泉の如く」が好き。
さあ。
決定機があると、思わず声が出る。
結果は惜しくも、スコアレスドロー。
選手のみなさん、お疲れ様です。

Jリーグ観戦は初めてだった。やっぱり、スポーツはいいなあ。そして、地元で応援したいチームがある、ということが、また素晴らしいなあ。サッカーはチーム数が多い。より一層、地域に根ざしたチームの姿があるよなあと思った。ザスパクサツ群馬は現在、J2で7位。ここからだ! もちろん、ぼくの地元ファジアーノ岡山も応援している。一緒に行きましょう。J1へ!


と、今日はここまで。前橋市のみの散策ではあったけれど、赤城山まで訪れたり、午後からJリーグの観戦ができたり、目まぐるしく新鮮な1日だった。熱い戦いはまだまだ、はじまったばかりだ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me