ふるさとの手帖

市町村一周の旅

自然に囲まれた土地へ。三峯神社へ行くのか、行かないのか。【旧市町村一周の旅(埼玉県)】

自然に囲まれた土地へ。三峯神社へ行くのか、行かないのか。【旧市町村一周の旅(埼玉県)】
都幾川村→玉川村→飯能市→名栗村→秩父市→(続く)
(地図の真ん中あたり)荒川村→大滝村の7つ。
背景を足してみました。

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【10/175】

10/175
5.71%
訪れた旧市町村の数【40/2,091】
40/2091
1.91%
総計【50/2,266】
50/2266
2.21%


2023年4月14日(金)

今日は深谷市から出発する。朝、いつも通りの服装で、ぎりぎり耐えられる寒さ。これまでは埼玉県の関東平野を進んできたが、今日は山の中も進むだろうから、着込もうかどうしようか、と思いながら進んだ。道中の嵐山町あたりで、やはりちょっと冷えてきた。そして、関東平野を通り過ぎ、なだらかな地形が増え始める。遠くの山並みは重なり合い、春霞の思い描くままに、手前から奥になるにつれて薄れていく。

旧都幾川村(ときがわ町)

最初に訪れたのは旧都幾川村。2006年に旧玉川村と合併し、ときがわ町になった。ときがわ町を流れている川は名前の通り「都幾川」。荒川水系の、一級河川である。

旧都幾川村へ。
三波渓谷のすぐ近く。
都幾川の流れを静かに聞く。

慈光寺へやって来た。

山の中にある慈光寺へ。まだ寒いので、ちょうど葉桜になったところであった。そして、10秒に1秒、うぐいすがあらゆる方角から鳴いている。ここはうぐいすの天国であった。

自然に囲まれた境内。

彫りもすごい。

静かながら趣のある古刹であった。


もう一度山を降りて。
明覚(みょうかく)駅。駅舎に懐かしさがある。

旧玉川村(ときがわ町)

次は隣の旧玉川村へ。町役場とその近くを主に訪れた。

ときがわ町役場。
新緑が美しい。

同じく都幾川。
サギが魚を狙っている。

レトロな玉川温泉も有名だ。営業時間前に訪れた。今度はお湯に入ろう。

ふたつの村、それぞれに流れている時間、すごく好きだった。

飯能市

ときがわ町から、越生町や毛呂山町、日高市を進んで、次に訪れたのは飯能市。飯能市では2005年に名栗村が編入した。前回の旅では飯能市で「メッツァビレッジ」に訪れたけれど、今回は「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」へ訪れた。

「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」。フィンランド作家トーベ・ヤンソンさんによる、北欧の童話の世界をモチーフにした公園。

そして、この公園は素晴らしかった。生き生きとした自然と、それに溶け込んで、自然をリスペクトする北欧風の建物たち。互いのバランスが導き出す、心のぬくもり。

奥にはきのこの家。

きのこの家の中。小窓も手すりも床も灯りも、ひとつひとつが見ていてたのしくて、26歳であることを捨ててしまいたくなった。

いろいろと公園も訪れているけれど、その中でも、なかなか忘れられない公園かもしれない。


奥では野球をしていた。
飯能駅にも。

パチンコ屋さん。いや、郵便局!?

飯能駅前のパチンコ屋さん、大きいし、賑わっているなあと思ったら、郵便局が建物の中にあるではないか。びっくりした。おじいちゃんやおばあちゃん、利用者さんたちが、当然のごとく建物に入っていくわけだが、パチンコ屋さんに入っていくようにも見えて、それがあたりまえの光景になっていた。

あさひ山展望台へ。

飯能市の景色を見たいと思って、あさひ山展望台を訪れた。すると、中学生ぐらいの生徒さんと先生が、全力で鬼ごっこをしていた。しかも、鬼は先生ひとり。全力で追いかけるし、生徒さんも全力で逃げていく。みんなが楽しそうに。

旧名栗村(飯能市)

飯能市から入間川上流に沿って進んでいくと、旧名栗村がある。まちなみを眺めながら、今まで知らなかったなあと声が出た。名栗庁舎や、有間ダムへ訪れた。

旧名栗村へ。

名栗武州世直し一揆。幕末期最大の一揆だという。

有間ダムへ。
大きな湖と、大きな自然。

名栗庁舎。

かつては村だったという名残を、節々で感じながら巡った。飯能市ではあるけれど、旧名栗村には旧名栗村の歴史があるのだろうなあと、想像しながら。

秩父市

旧名栗村からは秩父市へ。道中の横瀬町では、小高い丘の地形に家々が点在している。そして、秩父市はどこを訪れようかと考えたが、1日では巡りきれないほどのスポットがある。というわけで、前回と同じく羊山公園の見晴らしの丘に行こうと思ったら、あれよあれよと交通整理に引っかかり、羊山公園の「見晴らしの丘」ではなく、羊山公園の「芝桜の丘」にいざなわれた。どうやら芝桜が見頃を迎えているらしく、金曜日にも関わらず、車の数もすごいのだ。

芝桜の丘へ向かうことに。

季節の花々は美しい。
見えてきた。
すごい!

丘一帯に広がる芝桜は見事であった。丘の地形は中央付近が低くなっており、すり鉢状なので、手前の丘の上から、奥の丘の上から、もしくは中央から、どこから見ても、芝桜の景色が変わる。そこにピンクと白のグラデーションが加わり、目の前には新しい景色が現れ続けたのだった。

マルシェもやっていた。テレビのロケも。
みそポテトを食べてみた。
揚げたじゃがいもに味噌ダレをかけたグルメ。甘辛の味噌が美味しかった。しかもボリュームたっぷり。

想定外だったけれど、すごく良かった。


秩父の景色はいいなあ。
西武じゃない方の秩父駅。

秩父神社へ。

ほかにも訪れたいところはいっぱいある。またゆっくり来れますように。

旧荒川村(秩父市)

次は、旧荒川村へ。秩父市の中心部からもさほど遠くはない。市街地寄りの景色は開けていて、旧大滝村方面へ進むにつれて、標高が上がっていくのを感じた。

荒川総合支所。
穏やかな道中。
道の駅もある。
いい景色だなあ。

旧荒川村の名前の通り、荒川が流れている。だいぶ上流に来た。
ここではバンジージャンプができる。

芝桜の丘でロケを行なっていたチームが、ここにも来ていた。奥にはロケバスも停まっていて、「あ、東京から来たんだな」とわかった。ということは、飛んだのかな、バンジー。

旧大滝村(秩父市)

最後に訪れたのは、旧大滝村。2005年に秩父市と合併した。そして、今日は朝からずっと、「三峯神社に行くのか、行かないのか」迷っていた。最初は行かないつもりでいた。なぜなら、とても遠いのである。前回の旅で訪れたけれど、原付で山道を進んで行くのがとても大変だった。もちろん、行きたいけれど、諸刃の剣なのだ。

ただ、もう一度考えをあらため直した。三峯神社には4年半、訪れていない。関東に住んだとき、三峯神社の知名度が抜群に高いことにも驚いた。今行かなくて、いつ行くのか。確かに遠いかもしれない。だが、よく考えてみろ。今、君は秩父市にいる。今がいちばん、近いではないか!

三峯神社へ、行くことにした。

三峯神社の駐車場。ここまでが、長かったんです。

駐車場ですら、この標高の高さ。
鳥居の先へ。

随身門。

辿り着いた。

御神木を近くから。今、御神木には触れられない。ただ、ここに触れてきた人々の手が、この形をつくったということだ。

ヤマトタケル。
遥拝殿からの眺め。横山大観も秩父霊峰春暁という絵を残している。

随身門が現れたときの、地鳴りがするような佇まい。静かで、鋭くて、鷲掴みにされるような、境内。何も見えないけれど、何も見えなくてよかったと思えるほどの、引き締まった神社。参拝できて良かった。


道の駅大滝温泉へ。
入ります、入りますとも、温泉。

大滝温泉に日帰り入浴した。ぬるぬるした泉質と、湯の華と呼ばれる茶色の成分が、温泉であることを教えてくれる。半露天風呂があり、山を見ながら温泉に浸かるのはいいなあと、抜群に心地良かった。温泉は、旅を大きく助けてくれるかもしれない。

ゲストハウス錦さんへ。見晴らし抜群のお部屋に泊めさせていただいた。

ゲストハウス錦さんは、4年半前の旅でも、宿泊させていただいた。だから、オーナーさんと久しぶりにお会いすることができた。

ご無沙汰しております。
前回の旅のクラウドファンディングでも、支援をしていただいた。そして、建物の中に写真を飾ってくださっていた。うれしいなあ。

こんなにありがたくてうれしいことは、ない。ありがたい。とにかく。

夕食もいただいた。お腹いっぱいです、ごちそうさまでした。

夕食は、三峯神社へ参拝に来ていた、同年代の女性の方と一緒に食べた。お互い、名前も名乗らずに、仕事のことや、ほどよい身の内話をして。その一期一会もまた、不思議なものだ。

あと、ゲストハウス錦さんから三峯神社へは、車道で20kmほどある。ただ、別のお客さんで、兄妹で徒歩で参拝して、ここまで歩いて戻って来ていたお客さん(しかも、お若い方)がいて、とんでもないと思った。スーパーカブで三峯神社へ行くのが遠いなあと思っていた自分が、恥ずかしい。世の中はとても広い。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 素敵な旅と出会い。
    そして素敵な写真❗️
    秩父好きです❣️
    三峯神社は若い時からとっても好きで、
    そこへ行くと気持ちがスーッとします。

  2. 森様
    読んでいただきありがとうございます。
    秩父、そして三峯神社も素敵ですよね!
    ぼくも気持ちがスッとなりました^^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

山から海へ下りていく。阿品台のおじいさんとの出会い。【旧市町村一周の旅(広島県|5月21日―411日目)】

山から海へ下りていく。阿品台のおじいさんとの出会い。【旧市町村一周の旅(広島県|5月21日―411日目)】

今日は昨日と同じく山間部を進みつつ、最後には海へ下りていきました。そこではおじいさんとの出会いもあり。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都市の区の数 【87/171】訪れた旧市町村の数【1...
自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...

Follow me