ふるさとの手帖

市町村一周の旅

訪れて出会う、古墳と歴史と暮らしと。【旧市町村一周の旅(埼玉県)】

訪れて出会う、古墳と歴史と暮らしと。【旧市町村一周の旅(埼玉県)】
行田市→旧南河原村→旧妻沼町→熊谷市→旧大里町→旧江南町→旧川本町→旧花園町→旧岡部町→深谷市
2023.04.13

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【10/175】

10/175
5.71%
訪れた旧市町村の数【33/2,091】
33/2091
1.58%
総計【43/2,266】
43/2266
1.90%


昨晩の中華料理屋さん

昨晩、まちの中華料理屋に入った。ご主人と奥さんは野球が好きだそうで、ぼくもその話題は得意なので、ひとしきり野球の話をした。そうなると、どこから来たんだい、という展開になり、旅をしている、となるわけで、「頑張りいな」と声をかけてもらった。人に頑張れ、と言われると、疲れがいちばん取れる。そう思った。

美味しかったです。写真もありがとうございました。

2023年4月13日(木)

週末の雨予報に合わせて、行程を調整している。今日巡る予定のまちの数は10。やや多いので、朝5時30分に出発した。関東平野のひらけた地平線から、満月を2つ足したほどの大きな朝日が昇っていた。地平線から顔を出したばかりで光が弱いので、太陽の丸い形がはっきりと見える。写真で撮るよりもずっと大きな太陽だった。

行田市

最初に訪れたのは行田市。足袋のまちとして知られているほか、忍城(おしじょう)も有名だ。今回は古代蓮の里、さきたま古墳公園、行田八幡神社へ。

古代蓮の里へやって来た。蓮はまだまだこれから。

敷地内には梅林も。

お父さんと仲良くなった。

お父さんは車で5分くらいのところに住んでいて、毎朝ここへ来ていると。

健康のために歩くのよ。
明るいお父さんで、元気をいただいた。
敷地内のタワー。シンボルだと先のお父さんも言っていた。
次に、さきたま古墳公園へ。

古墳を最初に見たとき、なんだこれはと思った。緑に包まれたこんもりした形。阿蘇のようで、五島列島福江島の鬼岳のようで、札幌市のモエレ沼公園のようであった。その中でも、いちばん小さいのだけれど。

古墳に階段が。
階段を上がると景色を一望出来た。

反対側の方角には忍城も見えた。行田市に古墳群があることを知らなかったので、規模の大きさに感動するばかりだった。

最後に行田八幡神社へ。

街中にある。こぢんまりとしているけれど、スカッと気持ちいい空気が流れている。

花手水。
行田市駅の近く。

旧南河原村(行田市)

次は行田市の北西部に位置する、旧南河原村へ。2006年に行田市へ編入した。

細くうねうねとした道を進む。

商工会だ。
小さな村の底力。

村の名残がいくつか残っていた。

緑の絨毯。

ここにもかつて、村があったということ。

旧妻沼町(熊谷市)

次は、熊谷市に移る。妻沼(めぬま)町は2005年に熊谷市と合併した。道の駅めぬまと、妻沼聖天山へ。

道中の景観に感動しながら。
道の駅めぬま。

妻沼聖天山へ。猫も。
立派な門だ。
阿、
吽。

銅像の迫力にも息が止まる。

彫刻が美しい。
時間が合えば、国宝の本殿「歓喜院聖天堂」を見ることができる。ぼくは訪れる時間が少し早かった。

熊谷市

今度は熊谷市そのものを巡る。前回は熊谷駅辺りで写真を撮っていたので、少し訪れる場所を変えて。

高城神社。

街中に佇む、熊谷総鎮守の神社だ。

御神木もとても立派だった。

熊谷駅近くの通り。

街並みがしっかりと整備されていて、うつくしい時間。

桜堤の近くへ。

SLもいた。

前回訪れたのは熊谷駅だけだったから、あたらしい場所を訪れることができて良かった。

旧大里町(熊谷市)

次は熊谷市の南東に位置する、旧大里町へ。妻沼町と同じく2005年に合併した。

時間の流れがゆったりだ。
木々が残された神社。

神社の大きな森に、お父さんと子どもが一緒に吸い込まれていった。

開けた景色と、やや膨らんだ地形。丘陵森林公園かなあ。
大里行政センター。

切所沼にも行った。
結構たくさんの方々が釣りをしていた。

旧江南町(熊谷市)

次は旧江南町へ。行政センターと大沼公園を目指す。

江南行政センター。
沿道の花々が綺麗。

大沼公園へ。穏やかな水辺だ。

おじいさんと話をした。

釣りをしていたおじいさん。生まれは和歌山で、定年まで居酒屋で働いたと教えてくれた。料理をつくるのは好きだったから、休まず働いて、たのしかったと。

旧川本町(深谷市)

ここからは、最後に深谷市へ。深谷市も4つの市町が合併している。まずは旧川本町へ。

道の駅かわもと。

小麦粉やそば粉がたくさん。

ここ数日ずっと、道中もうどん屋さんに出会うことが多い。小麦粉やそば粉の生産地であることを感じられた。

重忠橋。六堰頭首工(ろくせきとうしゅこう)と言い、川をせき止める堰と取水口(しゅすいこう)から成り立っている。
霞んでいるのは黄砂の影響。
荒川である。
畠山重忠公史跡公園へ。

武蔵国の武将といえば、畠山重忠公。さいたま市をはじめ、ここにやって来るまでも何度か、畠山重忠の名前に出会う場面があった。

慰霊碑も大きい。
お墓も立派だ。

「鎌倉殿の13人」で、北条時政と北条泰時が畠山重忠を追い込んだストーリー。その畠山重忠の最期は、哀れで仕方がなかった。もはや、ぼくは重忠の顔と声が、完全に中川大志さんである。だから、地元の方々に愛されていることを感じられて、うれしかった。

旧花園町(深谷市)

次は旧花園町へ。道の駅や花園フォレストを訪れた。

道の駅はなぞの。

店内へ。

照明が落ち着いていて、とても綺麗な店内だった。

深谷市のマスコットキャラクター、ふっかちゃんグッズが並ぶ。

深谷ねぎかな。

花園フォレストにも。
スイーツとバラのリゾートランド。
大きな洋館のようだ。

店内にではスイーツやバウムクーヘン、せんべいなど、デパートのように商品を探すことができた。さらに洋風なので、窓際のカーテンや椅子を座ると、異国に来たようなたのしさがある。スイーツの甘い香りで数時間滞在してしまいそうなので、撤退した。

小前田駅にも寄った。おまえだ、と読む。

小前田駅のそばに佇む木には、風格があった。

旧岡部町(深谷市)

残りは2つ。旧岡部町へ。総合支所や岡部駅を中心に訪れた。

畑が広がる。

少し土質が変わった気もした。

岡部総合支所。

公民館・図書館・総合支所の機能も持った、複合施設でもある。

岡部駅へ。

落ち着いた時間が流れていて、心がほっとする。

深谷市

最後は深谷市をもう一度巡る。旧渋沢邸「中の家」や渋沢栄一記念館など、渋沢栄一ゆかりの地を、主に辿っていった。

旧渋沢邸「中の家」。明治28年に建てられた。とても立派なお家だ。

ここでのちに「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一が生まれた。

現在は工事中で、家屋の中を見ることはできない。

それでも、今工事をしている方たちがいて、この建物が守られていくことに感銘を受けた。

塀瓦とレンガの組み合わせが珍しい。

渋沢栄一記念館。大きくて体育館か学校かと思った。

実は記念館も工事中で、資料を見ることはできなかったけれど、館内のおじさんに勧められて、20分の渋沢栄一に関する動画を見た。それがすごく面白くて、感動した。500余の企業の立ち上げに関わったこと。ちょうどぼくと同じぐらいの年齢で、フランスを訪れたこと。そして、論語の教えを尊び、忠恕の心、まごころと思いやりを大切にしたこと。どれだけおこがましくても、渋沢栄一の心のあり方には、憧れたくなる深みがあった。

記念館の裏には5mの渋沢栄一像がある。館内の方が教えてくれた。
深谷城址公園にも。

藤が綺麗。

瀧宮神社。深谷駅の近くにある。

今度は瀧宮神社へ。午後の光が新緑の木々を照らし、緑色が明るく輝いている。風によって聞こえる木々のざわめきが、とにかく心地良い。庭園も含めた敷地に爽やかさと温かみがあった。

御神木も素晴らしいと感じた。
最後は深谷駅へ。
煉瓦も渋沢栄一による事業のひとつ。深谷市産の煉瓦が、東京駅の煉瓦にも使用された。


今日もまた、たくさんの初めてに出会った。訪れたことのある市町村とは言っても、感じる印象は新しくなる。特に渋沢栄一のことは、詳しいことを知らずにいた。でも、ぼくが都内で拠点にしていた田園調布一帯も、渋沢栄一が開発をしていたし、栄一の孫である渋沢敬三は、尊敬している民俗学者、宮本常一とも大きな関わりがあった。実業家でありながら、論語を重んじ、まごころを大切にしていた姿は、学ぶべきことが詰まっている。心のあり方が、その人をどこへ導くのか、定めているようで。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me