ふるさとの手帖

市町村一周の旅

五反田から戸越銀座まで。【23区駅一周|2022年4月】

五反田から戸越銀座まで。【23区駅一周|2022年4月】

今日までの旅メーター

訪れた23区内の駅の数 【219/490】

219/490
44.69%
歩いた距離(目標2,000km)【635.4/2000】
635.4/2000
31.77%

五反田あたりです。
五反田→大崎広小路→大崎→大井町→下神明→戸越公園→戸越→戸越銀座の8駅。

五反田から戸越銀座まで。

1日まるまる空いてはいなかったのですが、行ける! という日があって、五反田から歩いてみました。西に進んでいきながら、最終的には戸越銀座まで。それでは、行ってみましょう。

五反田駅

五反田駅は山手線と東急池上線が通っている。山手線で五反田に着いたときは、毎回結構な人が乗り降りするなあという印象がある。

五反田駅。東急の方。
駅前。

ちょっと大人な雰囲気も感じながら。
日常。信号待ち。
住宅地もある。
目黒川であります。
大崎広小路駅

次は大崎広小路へ。広小路は上野にもあるけれど、江戸時代以後に設置された幅の広い街路のことを指すらしい。ウィキペディで調べてしまった…。

線路下。

確かに道が広い。
大崎広小路駅。

好きだなあ。

大崎鎮守 居木神社。

都内にはいい神社がいっぱいある。

細い道。
大崎駅

今度はそのまま大崎駅へ。

ニューな住宅団地。
大崎駅のそば。確かにこの辺りは、品川に似た雰囲気を感じる。
大崎駅(西口)
連絡通路。

暮らしがたくさんある。

光が降り注ぐ。

大井町駅

次は大井町駅へ。途中、品川区役所前に着いた。

線路をくぐって。

しながわ中央公園。

品川区役所。

品川区役所は、ビルの群衆の中、という感じではなくて、ちょっと意外だった。

工事。
大井町駅。

大井町駅も、JRと大井町線と、それにりんかい線と、複数路線のハブ駅になっている。

駅近くを歩きながら。

奥には新幹線。

最近は新幹線から車窓を見る機会もあったから、実はこの景色も向こうから見ているのかもしれない。

下神明駅

下神明は、「下神明天祖神社」が由来になっている。大井町線だけれど、今まで知らなかったなあ。

子どもと新幹線。
下神明駅。

駅にはちょうど下校中の高校生たちがたくさんいた。

戸越公園駅

最後に戸越と名前のつくところを、いろいろと歩いた。最初は戸越公園駅へ。

駅の前に、実際の戸越公園。

戸越公園、ものすごくいい公園だった。

すぐ隣にも「文庫の森」公園というのがあって、暮らしの中に緑がかなり溶け込んでいた。

戸越公園駅。
駅の通り。

戸越駅

次は戸越駅の方へ。

戸越八幡神社。ものすごく良かった。

戸越八幡神社に溢れる木々、神社の方々が醸し出すやさしい雰囲気、抜群だった。こんなに素敵な神社があるのかと。

幸福、平和。

 

春ですなあ。


戸越銀座商店街へ。

戸越駅と戸越銀座駅は、ほぼ同じ場所にある。戸越銀座商店街は初めてきたけれど、賑わいもあって、雰囲気も明るい。

戸越駅。
戸越銀座駅

そのまま商店街を歩く。

西陽と踏切。
戸越銀座駅。
通りの裏に入ると、暮らしに戻る。

五反田から西の地域は自分の生活圏にも近いけれど、意外と巡ったことがなかった。そうすると、近い生活圏なのに、こんなにも違うのかということに驚かされる。多分、東京はそういう場所ばかりで、ほんとうに簡単に「東京」とはまとめられないものだなと、何度思っても、毎回不思議に感じさせられるのである。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 戸越公園のかめさん

    かつおさんの冒険と写真、いつも楽しみに読んでます!今回は自分の生活圏内で、さらにわくわくしました。僕の見ている街も、かつおさんの手にかかるとここが切り取られるんだ!という発見が毎回あります。
    戸越八幡神社、緑に包まれた異世界が突然現れる感じでよいですよね。休みの日は地元の方がお話を楽しんでいたり、コーヒー屋さんが出てたりとまた楽しめますよ。残りの旅もどうかお気をつけて、楽しんでくださいねー!

  2. 戸越公園のかめさんさま

    コメントいただきありがとうございます!!!生活圏内だったのですね!!お伺いできて嬉しいです。
    戸越八幡神社さんは、本当に豊かな緑と、あたたかな雰囲気が伝わってきて、大好きな場所になりました。休日も、コーヒー屋さん!すごく楽しそうですね〜〜。またぜひお伺いさせていただきます!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me