ふるさとの手帖

市町村一周の旅

穏やかな世田谷の休日。【23区駅一周|2022年2月】

穏やかな世田谷の休日。【23区駅一周|2022年2月】

今日までの旅メーター

訪れた23区内の駅の数 【159/490】

159/490
32.45%
歩いた距離(目標2,000km)【447.5/2000】
447.5/2000
22.38%

世田谷区は左下あたりの大きな区です。
用賀→桜新町→駒澤大学→宮の坂→上町→世田谷→松陰神社前→若林→西太子堂→三軒茶屋 の10駅。

穏やかな世田谷の休日。

こんにちは。さて、今日は偶然にも休日で、世田谷区を歩くことにしました。たくさんの暮らしが広がる世田谷を、とりとめもなく。

用賀駅

先日すでに訪れた二子玉川駅で下車して、歩いて用賀駅へ。用賀は高級住宅街。東京らしくないというか、素晴らしいほど落ち着いていた。

用賀に近づいてきた。渋谷までは8km。
藤の湯。

知らないければ素通りしそうな住宅街の中に、銭湯がある。いつか入ってみたい場所。

マーガレットかな。

かっこいい建物だなあと思って近づいたら、区民集会所にもなっている施設だった。

用賀駅。
暮らしがあること。わっ、ではなく、そうだよな、と考えていく。
用賀神社を見つけた。

先ほどの銭湯や用賀神社を見つけて、やはりかつての暮らしを想像できる。

とても良い雰囲気だった。
桜新町駅

用賀駅から次は桜新町へ。桜新町といえば…サザエさんである。作者の長谷川町子さんが暮らし、舞台となったまち。ぼくもかつおとしてカツオをリスペクトしている。

ワカケホンセイインコだ。

ワカケホンセイインコを知っているだろうか。いま、関東において鍵を握っているインコだ。野鳥であり、現在カラスとの激しい縄張り争いを繰り広げている。どちらかといえば、カラスが押されている。

遠くでカラスが鳴いている。日本の空をどちらの鳥が飛ぶか。俺はカラスが良いな、頑張れカラス。

静かな住宅地。

桜新町駅。

桜神宮。

桜新町にも立派なお宮がある。神社を巡ることが多いけれど、神社好きというよりも、かつて暮らしに欠かせない存在だった神社を、欠かすことができない。

何より、4拍手に驚いた。宇佐神宮や出雲大社が思い出された。体感として4拍手の神社はかなり少ない。

サザエさん通りへ。

長谷川町子美術館へつながっている広い通りは「サザエさん通り」とよばれている。

交番の前にサザエさんがいる。
お父さん。
マスオ義兄さん。

通りではサザエさんのサントラがBGMとしてずっと流れていた。ただ、地元の方を慮って、控えめの音量で。「東京の普通の暮らし」は、ここでたえず流れている。

駒沢大学駅

次は駒沢大学駅へ。小さな頃、テレビの箱根駅伝にかぶりつきながら、ぼくは完全に駒澤大学のファンだった。大八木監督の熱い感じ、とかね。だから近くを歩けることは嬉しい。

駒沢公園が近づいてきた。

広い駒沢公園を、ぐるっと回っていく。休日ということもあって、たくさんの人が賑わっていた。

大縄跳びをする家族。金属バットの音が響くグラウンド。ハードなランニングを終えて笑みを浮かべつつ倒れこむ男性。バドミントン、バスケ、ダンス、撮影、ドッグラン、テニス、ゲートボール、凧揚げ、昼寝、読書、たむろ‥‥。これらをやっているひとりひとりに、「駒沢公園に行こう」というおぼろげな思いがあり、選択して、そして過ごしている。こんなの、全部追いきれないよと思った。

広く思えば休日は社会であり、国であり、世界だ。

駒沢大学駅。

太い道路を渡って、反対側も歩いた。

セブンイレブンとマルシェが一体になっていた。

このタイプのセブン、初めて見た。かっこいいな。

宮の坂駅

さて、今まで田園都市線を進んでいたけれど、一旦世田谷線に移っていく。駒沢大学駅からやや歩いて、宮の坂駅へ向かった。そこからもう一度、三軒茶屋まで戻る、という流れだ。

駅前に近づいてきた。
たこ焼き屋さん。

「宮の坂駅前のたこ焼きをよく食べていました」という話をアンケートで伺っていて、ぼくもたこ焼きを買った。地元の方が長く切り盛りしている雰囲気だった。

宮の坂駅。
世田谷線だ。

踏切を渡って向かう先は「豪徳寺」だ。

豪徳寺。

豪徳寺はなんといっても、「招き猫発祥の地」として知られている。

「いらっしゃい」
「「いらっしゃい」」

知らなかったなあ。参拝できて良かった。ああ、福を招いてしまった。福が来すぎちゃっても困るなあ。と、2月の散策をいま3月に書いているのだが、心当たりが浮かばないのは何故だろうか。

たこ焼き8個。

たこ焼きって誰かと分け合いっこすることが多いから、たこ焼きを食べているだけなのに、とても背徳感があった。

世田谷八幡宮も。
宮の坂は、立派な寺社がある。

上町駅

宮の坂から歩いて、次は上町へ。このあたりの駅の間隔は密になっていて、ヒュン、と次の駅に行くことができる。

住宅街を進もう。
世田谷城跡。

城の名残が残っている。公園のようになっていて、やんちゃな子どもたちが遊んでいた。

まもなく。
上町駅。

世田谷代官屋敷。

東京で茅葺の建物を見られることはあまりない。なるほど、文化財に指定されている。この日は入れなかったけれど、また見てみたいな。

世田谷駅

次はお隣の世田谷駅へ。

世田谷駅。

上町駅、世田谷駅、松陰神社前駅は特に距離が近くて、世田谷駅という名前ではあるけれど、バランスを取った名前なのかなあ。

ガードレールを引いていた。

白線を引く道具にガスボンベが積まれていた。火を燃やした状態で液体を流し込み、引かれた白線は一瞬で固まっていく。休日に、ありがとうございます。

松陰神社前駅

歩くままに、自然と松陰神社前駅に辿り着いた。

松陰神社前駅。
商店街を進んでいく。

さっきのセブンみたいにローソンも。

国士舘大学だ。
世田谷区役所。

有名な前川國男さん設計の世田谷区役所第一庁舎。1960年の竣工、築62年。すごいなあ。ただ、建て替えも行われていた。区役所を含め世田谷にも歴史がある。

その後、名前の通り「松陰神社」へ寄って参拝した。山口県萩市の松陰神社にも行ったけれど、世田谷も立派だった。現に歴史を動かした人たちはとにかくすごいなあと思う。

若林駅

あともう少し。次は若林駅へ。

光が綺麗だ。

若林駅。

環状七号線と、世田谷線が交差する。

若林踏切。ザ、という写真だけれど、実際に見て面白かった。車は踏切待ちではなく、信号待ちだ。開かずの踏切の方がよっぽど不親切で、若林踏切はよくできている。

西太子堂駅

若林駅の先は西太子堂駅へ。

西太子堂駅。世田谷線も終点が近づいて来た。

サーチ不足なのだけれど、太子堂がどこにあるのか見つけられなかった。いまはそれが「円泉寺」だと分かる。円泉寺は太子堂、つまり聖徳太子を祀るお堂があるそうだ。そして太子堂の西に位置するこの辺りが、西太子堂。また、円泉寺に行かなきゃな。

太子堂八幡神社には寄った。
ハッピー!

訪問時は2月だったけれど、お雛様がいた。
三軒茶屋駅

さて、最後は三軒茶屋駅へ。著名人や若者にも人気な場所だよなあ。と、羨望の眼差しを持ちながら、ふらふらと歩いたのだった。

三軒茶屋駅。

誰か三軒茶屋に住んでいる友だちいないかな、いないなあ。


休日に買い物をする、食事をする、公園で過ごす。普通の暮らしがここにある。それでいい。それが、続けばいい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me