ふるさとの手帖

市町村一周の旅

羽田空港まで歩こう。—大田区—【23区駅一周|2021年10月11日】

羽田空港まで歩こう。—大田区—【23区駅一周|2021年10月11日】

今日までの旅メーター

訪れた23区内の駅の数 【33/490】

33/490
6.73%
歩いた距離(目標2,000km)【102.6/2000】
102.6/2000
5.13%

23区おすすめアンケートを募集しています

今日の散策は下のうねうね。
蒲田→京急蒲田→糀谷→大鳥居→穴守稲荷→天空橋→羽田空港〜→六郷土手→雑色


羽田空港まで歩こう。—大田区—

風のない澄んだ朝。散歩日和だ。大田区の南側を歩いて行く。蒲田から羽田空港まで、駅の数としては14駅の旅になる。

蒲田駅

蒲田駅の通勤の朝。東西南北どの方角からも、みるみる人が吸い込まれていく。普段は自分だって最寄駅で吸い込まれていく人間の一人だけれど、外から眺めると、ちょっとだけ機械的に見えてドキッとしてしまう。

朝から腹痛に見舞われてしまい、「信じろ…俺を信じろ」と念じながら、お手洗いへ駆け込むトラブルもありながら、駅周辺を巡った。

東急の蒲田駅。

駅の目の前にドンキがあるのも、特徴的だ。
ビュンって飛んできた。
無事お手洗いへたどり着き、次は京急蒲田駅を目指す。
京急蒲田駅

蒲田駅から京急蒲田駅までは地下道で接続しているわけではなく、少し歩かなければならない。その道のりに特筆すべき何かがある、とまではいかないけれど、その「普通さ」が、良かったりする。

徐々に駅が近づいてきた。

綺麗にカーブした線路に、羽田空港からやってきた電車がするっと駅へ入っていく。線路は高い位置にあって、近くを歩けば視界が覆われるけれど、周りに都心のような高層ビルは見当たらない。駅のそばを流れる呑川は空が広く、海が近づいていることを予感させた。

空を列車が通っていくようだ。

京急蒲田駅。大きな駅舎が映える。

糀谷駅

次は糀谷駅、大鳥居駅、穴守稲荷駅と進んでいく。糀谷駅への道中は懐かしい建物が時折目に入り、昭和の色も残っている。大鳥居駅、穴守稲荷駅という駅名はまさに穴守稲荷神社を由来とするが、もともと穴守稲荷神社は羽田空港の敷地にあったというのだから、それもまた面白い。大鳥居駅近くの荻中公園では子ども用の交通コースを、自転車の子どもたちが周回していてほっこりした。羽田神社へ参拝し、大師橋を渡って多摩川を眺めた。そして穴守稲荷駅から、穴守稲荷神社へ。この辺りは立派なお寺や神社が多い。江戸の中心からは距離も離れていたはずだけど、漁師町として栄えた羽田の名残が、寺社からも感じられる。

糀谷駅へ向かう。

糀谷駅。

穏やかな朝である。

大鳥居駅
道路は太い環八。

大鳥居駅。
住宅街である。

駅から近い荻中公園にやって来た。交通公園として列車も設置されている。

公園内。ルールを守って、自転車が進む。
もう少しでいい季節。
羽田神社。
立派な社殿だ。
大師橋を渡ってみる。
多摩川。河口近くで川幅も広い。
一旦こちらは神奈川県川崎市。
そしてもう一度戻って来た。船の雰囲気に時代を感じる。

赤レンガの堤防。大正7年から治水対策として築かれた。100年以上の歴史があるわけだ。

魚屋さん。近所だったら買って帰りたい。
穴守稲荷駅

徐々に穴守稲荷駅へ近づいていく。

懐かしい看板が良い。

駅近くの通りへ。

駅の手前に、大きな鳥居。なかなかこんな駅はない。
穴守稲荷駅。

こちらが実際の穴守稲荷神社の鳥居。
厳粛な雰囲気。

神社の名前の通り、奥宮には穴の中に、お稲荷さんが祀られている。

天空橋駅

さて、羽田空港も近づいてきた。天空橋駅は住宅街と空港の境界線辺りだ。地元の中学生たちは、いつものように駅へ入って行ったが、空港は目と鼻の先にある。そのギャップも不思議だ。

船着場もある。

海老取川を渡る。
天空橋駅。
奥には羽田空港が見えてきた。
整備場駅

次に向かった整備場駅は、名前の通り空港に関連するオフィスや整備工場が集まっている。

空港への道を逸れて、整備場駅へ向かう。

モノレールが近い。
あった!整備場駅。
空港施設の近くだと感じる。
奥には航空関連の施設が集まっている。
すぐ近くで、釣りをしているおじちゃんがいた。
どうよどうよ。
釣れた!

「調子がええときわな、150匹は釣れるんじゃ」と嬉しそうに教えてくれた。すごい数だな。

銀座まで14kmって、首都高は近いなあ。

おじさんは最後の一匹が釣れたら帰ろうかというので、一緒に当たりを待っていたけれど、こういうときに限って当たらない。結構早いタイミングで、「もう諦めるわ。アッハッハ」引き際の潔さも、どこか達観していた。

羽田空港第3ターミナル駅

ようやく羽田空港に着いた。といっても、空港は広い。そして駅名も非常にややこしい。まずは京急と東京モノレールが停まる第3ターミナル駅。第3ターミナルは、国際便が主だ。建物内はやはり閑散としていた。しかし、ゼロではない。少し前はニュースで出入国の話がよく出ていたけれど、現場からは極めて冷静で落ち着いた雰囲気を感じる。どんな話題も騒ぐのは、いつも外の人間からだ。

13時を過ぎていたので、ターミナル内の吉野家で牛丼を食べた。あとから大きな荷物を抱えた、日本人男性が入店した。きっと牛丼が、出国前思い出の味になるのだと思う。そういう意味で、第3ターミナルの吉野家は尊い。

第3ターミナルへ歩いて向かう。
JALだ!
木々が植えられている。まだ若い。
ターミナルが見えてきた。自転車もたくさん停まってるんだな。
第3ターミナル。

モノレールの「羽田空港第3ターミナル駅」。同じ駅名で京急もある。
羽田空港第2ターミナル駅

シャトルバスに乗って、第2と第1ターミナルへ向かった。2つのターミナルは多少距離があるけれど、建物内を行き来することができる。やはりこちらは国内便ということもあって、人の数が多い。同じ空港でもまるで違うことに驚いた。せっかくなので展望デッキへ行くと、お客さんがいるいる。撮ってる撮ってる。みんなで、テイクオフを見守っていた。

第2ターミナル。
羽田空港第2ターミナル駅。
展望デッキへ。
かっこいいです。

外にも出られる。

テイクオフ!
羽田空港第1ターミナル駅

第2ターミナルから、歩いて第1ターミナルへ。ここには京急とモノレールの「羽田空港第1ターミナル駅」があるけれど、両ターミナルの間には、京急の「羽田空港第1・第2ターミナル駅」がある。ややこしくてずっと分からなかったが、行ってみてようやく理解した。でも、実際は駅名を気にする必要なんてない。

第1ターミナル。
羽田空港第1ターミナル駅。
羽田空港第1・第2ターミナル駅
羽田空港第1・第2ターミナル駅。ややこしいので、大きな駅名は書かれていなかった。

そしてここでもう一つ、普通なら立ち寄る機会のない、新整備場駅へ向かう。

新整備場駅

さっき「整備場駅」があったけれど、その新しいバージョン。降りてみると、異国感がすごい。すれ違う人はおそらくみんな、この辺りの会社関連の人だ。少しだけ歩いてみると、ビルの1階にファミリーマートがあったり、エネオスのガソリンスタンドがあったり、ここにも知らない世界があるのだと実感させられた。

新整備場駅で降りる。
新整備場駅。

ビューン。
エネオスもあった。

新整備場駅で、羽田空港エリアの探索は終了だ。第3ターミナル駅で京急に乗り換えて、六郷土手駅へ向かった。

モノレールの中から。
第3ターミナルで乗り換え。フォトスポットを発見。
おお〜。

蒲田方面へ戻ってきた。上からの景色も良い。

京急蒲田駅から。

六郷土手駅

今日はあと2つ。六郷土手駅から、蒲田駅まで歩いて行く。土手の河川敷はやはり誰かの日常が流れていて、見ているだけで心が気持ち良くなる。

六郷土手駅。
河川敷へ。

ゴルフの打ちっ放しもあった。
住宅街を進みながら雑色駅へ向かって行く。

雑色駅

雑色駅では商店街を抜けて、線路沿いの「タイヤ公園」へ向かった。アンケートの中で、タイヤ公園をお勧めしてもらっていたのだ。

雑色駅に近づいて行く。
雑色駅。
アーケード街。

タイヤ公園が見えてきた。

ゴジラだ!
見上げる巨大さ。

おっきいタイヤだ!

とてもいい公園だった。広い園内を子どもたちが自由に駆け巡る。地面は砂浜のようにやわらかい砂で、こけても痛くない。タイヤ公園でたくさん遊んだ子どもたちは、大きくなったら、ここでの原体験を思い出すんだろうな。

最後に、蒲田駅のかまたえんで観覧車に乗った。同じくアンケートで、「夕焼けの観覧車がお勧めですよ!」とメッセージをいただいたのだ。

夕の光。
観覧車が見えてきた。
かまたえん、幸せの観覧車。
一人で乗っていく。
キラキラだ!
ゴンドラのガラスで、より夕焼けっぽい色に染まる。

一人で乗った観覧車。水平線へ沈みかけた夕日は、どこからとも言えぬ侘しさを秘めながらも、いつも以上に美しかった。これもまた、いい思い出だ。

(今日は終わりです。ありがとうございました!)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは
    いつもかつおさんの写真と文章を楽しく堪能しています。
    蒲田駅は妹が住んでいて、今でもしょっちゅう行く駅です!
    かつおさんの目を通して知る蒲田は、私の知っている蒲田とは少し違う景色で、それがまたとても好きです(^^)
    かつおさん、今日訪れていたんですねー
    今後、あちこちの駅に出没するかつおさんと、街中でバッタリ会えることがあったらいいなぁ
    これからも、気をつけて旅を続けてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me