最後の夢、『ふるさとの手帖』が本になる日。

最後の夢、『ふるさとの手帖』が本になる日。

ずっと、夢見ていました。全ての市町村をまとめた、いままでに見たことのない本を。

いつか、本にできる日まで、旅の日々を残しておきたい。そうしてこの「ふるさとの手帖」というサイトが出来上がりました。最初から最後まで、一生懸命に旅を残してくれて、ありがとう。もうすぐその思いを、一冊に綴じるよ。

『ふるさとの手帖』が、本になりました。

スーツで出版社さんへ売り込もうと。

本にできるかは、分かりませんでした。今までに二度、自費出版で本をつくっています。ありがたいことに販売もさせてもらい、書店にも並びました。ただ、大好きな本を自分で真剣につくって、「市町村一周の本は、最後の夢だけど、一人ではつくれない。」と感じていました。規模はまるで違い、どんな本になるか、想像すらつかなかったからです。

一冊目『僕とひがしひろしま』
二冊目『日本よはじめまして』

だからもし、いつか旅を終えることができたなら、スーツを着て、出版社さんに「本をつくりたい」と売り込もうと思っていました。どうすれば話を聞いてもらえるだろう。営業のコツも素人なりに調べて。いっそあたって砕けてしまえ。そうしなければ、最後の夢は叶いません。
クラウドファンディングもさせていただきましたが、その文章にも、

「全ての市町村が載った写真集を作りたい!だって、誰も作ったことがないから。」

と、無邪気に書きました。
ですから、市町村一周の旅が無事に終わって、もう一度スタートだと。旅のあとがきに記したように、過去より前を向いて進まないと。その矢先、出版社さんから声をかけていただいたのです。本当に、ありがたく感じています。いろいろな出版社さんに、声をかけていただきました。図々しく断ってしまい、本当にごめんなさい。早いタイミングで声をかけていただいた編集者さんに、「お願いします」と全力で挨拶をしました。夢は、いつ叶うか分かりませんでした。屋久島にいましたし…。

そうして旅が終わった1月から、あっという間に半年。編集者さんやデザイナーさん、本当にたくさんの方々にお世話になりながら、ついに、最後の夢が叶ったのです。

市町村を一冊に込めた『ふるさとの手帖』

本のタイトルは『ふるさとの手帖 あなたの「ふるさと」のこと、少しだけ知ってます。』

内容は至ってシンプル。日本にある1,741の市町村を、写真と言葉でまとめた一冊です。おおよそ、1,800枚の写真が一冊の中に入っています。

表紙【ふるさとの手帖 あなたの「ふるさと」のこと、少しだけ知ってます。】
裏表紙です。
見開き2ページ(とある広島県)
裏表紙の帯です。

「全ての市町村が載った本は、いったいどんな本なのだろう。」ずっと、ずっと思い続けてきた答えを、一冊に込めました。あなたの生まれたふるさと、育った場所、訪れた旅先、そうしたまちのひとつひとつが、この一冊をそっと支えています。

どのまちも、誰かにとってのふるさとであること。小さな日本という国に、1,741のふるさとがあること。そのことを、この一冊を通してほんの少しでも知っていただけたら、それだけで本当に嬉しいのです。それが、『ふるさとの手帖』という思いです。サイトから本へ『ふるさとの手帖』のバトンを渡しました。

ページ数は320ページ、大きさは横長のB5サイズ価格は3,180円、税込で3,498円。出版社はKADOKAWAさんです。自費出版の『日本よはじめまして』は、サイト販売で税込3,500円でした。ページ数は日本よはじめましての2倍ほどになり、サイズもひと回り大きくなりましたが、編集者さんにご無理を言って、なんとか2円、安くなりました。(実質同じ値段になりました。)

ページ数は320ページ。
サイズは横長のB5サイズ。
糸井重里さんに帯コメントを頂いたこと。

今回の本『ふるさとの手帖』の帯コメントを、ほぼ日の糸井重里さんから頂戴しました。このことが、一体どれだけ生意気なことで、大変なことをお願いしてしまったかと思うと、手がワナワナと震えてしまいます。手汗もべっとりです。もう、東京に足を向けて寝られません…正直わたしはまだ青二才すぎて、社会人としてもあまりに愚鈍者です。それを承知の上で、今回の話をやさしく聞いてくださり、コメントをいただいたことが、どれほど幸せなことかということを。若輩者として、感謝の気持ちでいっぱいです。糸井さん本当に、ありがとうございます。言葉を頂戴したときの感動を、ずっと忘れません。

予約や発売日について。

本の予約は本日より、Amazonから可能です。リンクはこちらから。

Amazonへ行ってみよう。

本の発売日は8月18日(火)です。

発売されましたら、立ち読みでも構いませんから、どうか見ていただけますと、心から嬉しいです。もし予約していただけましたら、発売日に一緒に読みましょう。日本の欠片を集めた1,741の物語が、一冊に詰まっています。


編集者さん、デザイナーさん、糸井重里さん、そして制作にあたり、本当に多くの方にお力添えをいただきました。特に編集者さんやデザイナーさんをはじめとする方々には、とりわけ大きなご負担をかけてしまったと思っております。想像すらつかなかった旅の最後の夢を、大切に汲み取ってくださり、そして形にしてくださりました。膨大で細かな作業も、ずっと丁寧にしていただき、心から感謝の気持ちでいっぱいです。直接のお礼すらできておらず、本当にごめんなさい。一人ではつくれない本を、本当にたくさんの方々に、つくっていただきました。この場をお借りして、何度も、心から感謝申し上げます。お世話になったみなさま、本当に、本当にありがとうございました。


4年間以上、ずっと願っていた最後の夢でした。
ここで、完結させたいと思います。
この一冊が、最後の夢など関係なく、
もし、何かを届けられるのであれば。
そう願って、やみません。
かつお|仁科勝介

『ふるさとの手帖』予約ページへ。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Like!! Really appreciate you sharing this blog post.Really thank you! Keep writing.

  2. I learn something new and challenging on blogs I stumbleupon everyday.

  3. Very good article! We are linking to this particularly great content on our site. Keep up the great writing.

LEAVE A REPLY

*

日本一周

最近の記事

夜の美観地区日記。

夜の美観地区日記。

明かりは夜が更けても消えないまま、いつも静かなオレンジ色をしています。昼間はなかなか歩く時間がない代わりに、夜になって、美観地区へ訪れる機会が増えました。夜とい...
4月のあとがき。

4月のあとがき。

気づけば4月は流れ去りました。雲ひとつなかった4月のあの日は、凪いだ海辺のように穏やかな昼下がり。窓ガラス越しに眺めたあの日は、地球がいつもより笑っているようで...

全ての投稿から探す

ひがしひろしまの旅

広島大学の位置する東広島市には、

合わせて47の地域があります。

2017年11月から約2ヶ月、

一つ一つのまちを巡った旅の記録。
旅について見る

【new 2018年3月20日現在】
写真集が完成しました!販売もしています。詳しくはこちら↓↓
写真集について見る

よく読まれているもの

【00】行ったことがある都道府県

【00】行ったことがある都道府県

目次ただ、個人的なこと。「日本は広いです。」 ただ、個人的なこと。いざ、日本一周をすると言っておきながら、これまでにどれだけ行ったことがあるんだろう。そう思って...

Follow me