ふるさとの手帖

Handbook of Hometowns in Japan

ハレとケ。

ああ、この世のハレとケよ。

あなたは私が生きやすように、

1年を365日に、

365日を1月から12月に、

ひと月を月曜日から日曜日に、

1日を朝から夜に、分けてくれました。

はじまりの不安も、ワクワクも、

おわりの感動も、悲しみも、

分けられた日々の中に起こる、

色んなハレとケが積み重なって、

生まれた気持ちなのでしょう。

私たちはその日々が、

心臓の鼓動のように、呼吸のように、

知らずしてあたりまえにやってくると、

思っていたり、思っていなかったり、

色々あったりするかもしれませんが、

そんなことよりも、

心臓の鼓動のような、呼吸のような、

赤子からたった今まで続けている、

小さな奇跡の繰り返しが、

あたりまえじゃないんだよって、

ハレとケの2人がいま、

手を取り合って、言っている。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

RANDOM ARTICLES

Follow me