世界が愛した「ケラマブルー」を求めて慶良間諸島へ。【市町村一周の旅】

世界が愛した「ケラマブルー」を求めて慶良間諸島へ。【市町村一周の旅】

こんにちは、かつおです。沖縄は12月を感じさせない穏やかな気候が続いています。僕としてはこれ以上ない気候条件でして、少しでも長く、少しでもタイミングよく海や空の便が荒れない程度の天気が続いて欲しいなぁと思っています。


今日までの旅メーター

旅で訪れた都道府県の数 【47/47】

47/47
100.00%
全ての市町村を訪れた都道府県の数【45/47】
45/47
95.74%
実際に訪れた市町村の数 【1,728/1,741】
1728/1741
99.25%

さて、前回は「伊平屋島」という島を巡りまして、「運天港」からの船便も無事に終えることができました。”①沖縄本島付近”の島旅としてこれから那覇が拠点となります。

”沖縄の離島旅、大計画” (赤色=クリア)
①沖縄本島付近

那覇「泊港」から:粟国、渡名喜、久米島、渡嘉敷座間味
本部港から:伊江島
今帰仁「運天港」から:伊是名伊平屋
その他:南大東、北大東
②宮古諸島
宮古、多良間
③八重山諸島
石垣、竹富、与那国


前回の訪問地、伊平屋島では日帰りができないため、1泊していました。翌朝の1便で伊平屋島から運天港へ戻ったのは10時過ぎ。


ここから今日は珍しく「当日プラン」を適応しまして、那覇に向かった後「座間味島」へ向かうこととしました。元々は那覇に戻るのみ、という予定だったのですが、今後の天気予報を考慮しながらの判断です。

目指すは慶良間諸島。
座間味島と、渡嘉敷島へ。

 

伊平屋島を結ぶ「運天港」から「やんばる急行バス」に乗って、那覇へ向かいます。
SAからの景色も綺麗。

那覇の泊港へ戻って来ました。

今日乗る船は高速船「クイーンざまみ」です。15時に出発して約1時間ほどの船旅。

クイーンざまみ。
高速船は波の上を滑るように進む。

 

水しぶきがとっても綺麗でずっと撮っていました。

慶良間諸島が見えてきました。

 

「慶良間諸島」とは那覇から西に約40kmの東シナ海に点在する、大小20余りの島からなる島嶼群です。主には「座間味島」と「渡嘉敷島」を中心とする島で構成されており、白い砂浜、多様な生物が暮らす透明度の高い海、緑美しい島々、これらは息を呑むほどの美しさ。南国リゾートの楽園として旅行者を魅了し続けています。

阿嘉島。

 

座間味島へ着く前に、阿嘉島に船が寄りました。同じく「座間味村」に属する島です。

阿嘉港。

 

阿嘉港からは高速船で10分ほど、すぐに座間味島が見えてきます。

座間味島が見えてきました。
めんそーれ!

 

無事に到着です。さて、今日は宿をどうしようかなぁと思ったのですが、名案、浮かびました。

なんだと思います?

そう、正解!

「キャンプ」です。

人生で一度は沖縄でキャンプしてみたいですよね。去年来た際もキャンプ泊はしていませんから、沖縄で初めてのキャンプになります。座間味島ではキャンプ場が1箇所、年間を通してキャンプすることができ、テントのレンタルも可能。天気は最高ですから、条件はバッチリ。

しかも今日は、ふたご座流星群の極大日です。なんということでしょう。

集落を歩きながらキャンプ場へ向かいます。

海外の人も多い。
マリリンの像。


映画「マリリンに逢いたい」で有名になった実在の犬・マリリン像。


そしてキャンプ場へ到着。テントの設営が終わると、歩いて30秒のビーチには日が沈みはじめていました。

今日の夕方も美しい。
シルエット。

子どもたち。
感動。

だんだん星が見えてきた。

冬空の代名詞「ふたご座流星群」。今回は前夜が「満月」ですから月明かりが強く、条件自体は良くありませんが、それでも沖縄の離島、砂浜というこれ以上ない素敵な日に、星を見ないことなんてことがあるでしょうか。

よく見ると、流れてる。
月が明るくなってきた。それでも綺麗な星空。
一番大きな流れ星。

 

肉眼でも、いくつか流れ星を数えることができました。1秒にも満たない時間が僕らに感動をもたらすのは、自然の神秘だからでしょうか。

月もとても美しかった。

 

白い砂浜にくっきり影が映るほどの美しい月光、これ以上ない月光浴でした。

ロマン溢れる流れ星と美しい月明かり、本当に、素晴らしい夜だったと思います。


翌朝、今度は淡く美しい朝焼け。

絵の具のように色を混ぜた空。

空に魅了されてしまう日々です。

 

テントを返却しまして、再び座間味港へ向かいます。

力強い。
座間味村役場。ホテルみたい。

港へやってきました。

 

今日は村内船のケラマ航路で、座間味から阿波連(渡嘉敷島)へ移動します。事前の予約が必要ですが、座間味村から渡嘉敷村まで800円で移動することができるのですね。

フェリーでも高速船でもなく、村内船。
海の透明度。
静かに、出航。
ありがとう座間味島。

島の人はみんな知り合い。
慶良間諸島の間を通っていきます。

渡嘉敷島が見えてきました。

渡嘉敷島「阿波連港」へ到着です。

 

渡嘉敷島の集落は「渡嘉敷」集落と「阿波連」集落、そして「渡嘉志久」集落の3つに分かれています。到着した阿波連は渡嘉敷島のメインビーチとして、夏には多くの観光客が訪れる場所です。

透明度の高い海。

紐が奥まで見える。

大きな岩がありますね。
奥には展望台があります。
クバンダキ展望台。
阿波連のビーチを一望できます。
逆光も美しい。
海と慶良間諸島。

 

展望台からの景色、大変美しかったです。

沖縄には赤色の花が似合う。

じーっ。
渡嘉志久集落を臨む。
緑と青のコントラスト。

渡嘉敷村役場。
渡嘉敷の港まで到着しました。ちょうどフェリーがやってきた。

 

もう1つ後の便で戻る予定でしたが、ちょうど港へ着いた時に1便早いフェリーがやってきました。

地元の方が集まります。

 

フェリーにそっぽを向けて、島の人たちが人だかりをつくっています。その先には新造船「マリンライナーとかしき」が。

マリンライナーとかしき。来週から就航開始予定の新造船。

 

新造船として、来週から運航開始予定のマリンライナーとかしき。どうやら予行演習として渡嘉敷島までやって来たようです。島の人たちにとっては初めてのお披露目ということで、皆さん気になって集まっていました。

新造船っていいですよね。

それではここで、渡嘉敷島ともお別れです。

美しい景色をありがとう。

これにて座間味村と渡嘉敷村、慶良間諸島2つの島へ行くことができました。天気にも恵まれ、本当に美しい景色を日々見させてもらっています。どれだけありがたいことか、本当に感謝してもしきれません。

沖縄で巡った島の数は6つ。まだ半分にも届いていませんがあともう少し、無事に旅が進められますように。

1,728/1,741、市町村一周まであと13です。

LEAVE A REPLY

*

日本一周

最近の記事

全ての投稿から探す

ひがしひろしまの旅

広島大学の位置する東広島市には、

合わせて47の地域があります。

2017年11月から約2ヶ月、

一つ一つのまちを巡った旅の記録。
旅について見る

【new 2018年3月20日現在】
写真集が完成しました!販売もしています。詳しくはこちら↓↓
写真集について見る

よく読まれているもの

【00】行ったことがある都道府県

【00】行ったことがある都道府県

目次ただ、個人的なこと。「日本は広いです。」 ただ、個人的なこと。いざ、日本一周をすると言っておきながら、これまでにどれだけ行ったことがあるんだろう。そう思って...

Follow me