ふるさとの手帖

市町村一周の旅

徳島の秘境、祖谷渓谷から香川県へ。 【市町村一周】

こんにちは、かつおです。今日は徳島県から香川県へ入って行きました。

徳島県も赤色に。

 

徳島県も全ての市町村へ行くことができました。

徳島県は山奥へ。
香川県にも入ってきました。

 

(徳島県)美馬市→つるぎ町→東みよし町→三好市→(香川県)まんのう町→綾川町

 

それでは振り返って行きましょう。

うだつの町並み。ー美馬市ー

最初にやってきたのは美馬市。ここでは「うだつ」の町並みが残っており有名です。

美馬市へやってきました。

うだつの町並みの方へ。

 

「うだつが上がらない」という言葉はご存知でしょうか。なかなか出世ができない、金銭的に恵まれる状況にならない、といった意味ですが、その元となっているのがこの町並みで見られる「うだつ」です。

うだつの町並み保存区。
この柱が、うだつです。

 

「うだつ」。もとは暴風・防火を目的につくられたものですが、のちに装飾的な意味合いが強くなりました。うだつを上げる(設置する)ためには費用が必要で、ある程度裕福な家でないとできなかったことから、出世できないことを「うだつの上がらない」と表現するようになったと言われています。

装飾の意味が大きくなったうだつ。
松ぼっくり。



江戸時代に近畿地方の商家を中心に、競うように上げられた「うだつ」ですが、現在町並みが綺麗な状態で残っているのは、岐阜県美濃市と徳島県美馬市の2ヶ所しかないそうです。

美しい町並みでした。

二層のうだつ。ーつるぎ町ー

隣の東つるぎ町は、美馬市と同様に「うだつ」の建物が残っていますが、「二層」のうだつを見ることもできます。

東つるぎ町。

 

うだつが二層になっています。
うだつの町並みもほとんどは商店街。

だんご

レトロな商店街と二層のうだつ、時代が融合しているようでした。

加茂の大クス。ー東みよし町ー

次は東みよし町へ。

東みよし町。

町役場。
加茂の大クスへ。

 

樹齢1000年、西日本最大の大楠。国の天然記念物で、源平時代からここに生えていたそうです。

大きいですよ〜。

 

広げた枝は東西で50m、肉眼で見ると本当に立派です。

のどかな町と、大きな楠木、なんだか心が落ち着きます。

日本有数の秘境の地、祖谷へ。かずら橋。ー三好市ー

徳島県最後は、日本三大秘境の一つでもある祖谷へ向かいました。

本当すごい場所にあります。

 

渓谷を走りに走って、かずら橋の場所まで到着です。

祖谷という地。
かずら橋の駐車場。

美味しそう。
ありました、かずら橋。

 

かずら橋は日本三大奇橋の一つ。シラクチカズラ(サルナシ)で作られたもので、3年ごとに人の手により架け替えが行われます。

スリル満点。
サルナシがぐるぐると。


大きな木に蔓が引っ掛けられています。


今までいろんな橋とも出会いましたが、やっぱりかずら橋はすごいなと思いました。日本の原風景のよう。

小便小僧像にも会いに行きました。


この子もいろんな人に見られて大変ですね。

三好市、また来たいな。

日本最大のため池、まんのう池。ーまんのう町ー

ここからいよいよ香川県へ入って行きます。最初にやってきたのはまんのう町。

まずうどん屋さんへ。
最高です。

 

まるで湖のような「ため池」

 

以前兵庫県で多くのため池を見ましたが、まんのう池はため池ではなく湖に見えます。

小学生もたくさん。

周囲約20km、貯水量1,540万tという規模。大きい。

まんのう池は空海が改修したことでも知られています。

隣にはまんのう公園もあって、モンバスにも行きたいなぁと、ぼんやり。

滝宮天満宮。ー綾川町ー

今日の最後は綾川町。滝宮天満宮へ行きました。

綾川町へ。
滝宮天満宮。

 

天満宮の祭神である菅原道真は886年から890年の間、讃岐守として讃岐国に赴任しており、まさに讃岐学問の神様の神社です。

ミニミニ撫で牛。

参拝しました。
菅原道真公。

 

もう少し記憶力があがるといいな。

田んぼと住宅街。
のどかな場所です。

 

綾川町も穏やかな町でした。大きなイオンもありますよ。

夕焼けが綺麗でしたね。

 

また明日もいい日になりますように。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me