ふるさとの手帖

市町村一周の旅

渓谷や湧水、由布市の自然を冒険していく。【旧市町村一周の旅(大分県|5月1日―391日目)】

渓谷や湧水、由布市の自然を冒険していく。【旧市町村一周の旅(大分県|5月1日―391日目)】

GW真っ只中の旅路ですが、悪天候で予定をなかなか決められず、朝、当日の宿を急いで取りました。そして、朝はまだ雨が降っていたので、出発時間を遅らせてのスタートです。今日は由布市の旧市町村を巡って行きました。それでは振り返って行きましょう。

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【86/171】

86/171
50.29%
訪れた旧市町村の数【996/2,094】
996/2094
47.56%
総計【1082/2,264】
1082/2264
47.79%

スーパーカブの総走行距離
26907km

旧挾間町→旧庄内町→旧湯布院町、の3つ。

今日の旅先のこと
  • 旧挾間町へ。
    旧挾間町へ。
  • 挾間庁舎。
    挾間庁舎。
  • 999日だ!
    999日だ!
  • 市街地を歩く。
    市街地を歩く。
  • 由布川渓谷を目指す。
    由布川渓谷を目指す。
  • トイレも渓谷だ。
    トイレも渓谷だ。
  • 一枚岩がダイナミック。
    一枚岩がダイナミック。
  • 水しぶき。
    水しぶき。
  • 雨で増水していて、進むのは断念。
    雨で増水していて、進むのは断念。
  • 自然がそのままだ。
    自然がそのままだ。
挾間町はさままち(由布市)(1/3)
最初にやってきたのは、旧挾間町です。大分市から進んで行き、旧挾間町に入ったところで現在の大分市と由布市、どちらのまちだと言われてもおかしくないような印象で、名前の通り挾間にいるような感覚になりました。市街地に入ると、「挾間町」と書かれた看板も多く見かけて、かつて挾間町があったことを確かに感じられます。
そして、市街地から10kmほど離れた由布川渓谷へ向かいました。駐車場からは渓谷へ長い階段を降りていくわけですが、徐々に沢の音が大きくなり、この音に吸い込まれていくようでした。一枚岩の岩肌がとにかく見事な渓谷で、川から谷のてっぺんを見上げれば、ざっと20mはありそうなほどの高さです
。ただ、渓谷のメインポイントまでは、雨で増水していたのもあり目指すのを断念。また、ゆっくり訪れてみたい場所です。

  • 旧庄内町に入る。
    旧庄内町に入る。
  • 由布市役所。
    由布市役所。
  • 庄内神楽像が建っていた。
    庄内神楽像が建っていた。
  • 険しい山と集落と。
    険しい山と集落と。
  • 男池湧水群の遊歩道を進む。
    男池湧水群の遊歩道を進む。
  • 清流が気持ちいい。
    清流が気持ちいい。
  • 水溜り。
    水溜り。
  • 男池湧水。
    男池湧水。
  • 静かに湧き上がる。
    静かに湧き上がる。
  • 岩と根が。
    岩と根が。
庄内町しょうないいちょう(由布(2/3)
今まで、庄内という地名を見ると山形県をイメージしていましたが、大分県にも旧庄内町が存在していたことを知りました。短いトンネルを抜けて旧庄内町へ入るとまちらしい雰囲気が広がり、由布市役所のそばに建つ庄内神楽像も印象的です。
ここからやや迷いましたが、「男池湧水群」を目指して進んでいきました。30分はかかりそうで、ちょっと遠いなあと思いつつ、それでも今が最も近くにいるのだと、どんどん山深くなっていく風景を眺めながら進んでいきます。雲が険しく山々に襲いかかるような様子がとてもダイナミックでしたし、しばらく山道を進んだあとに道がひらけると集落が現れたりするので、ここにも暮らしがあるのだなあということにも驚かされました。
いよいよ男池湧水群へ到着する頃には気温も下がり、肌寒く感じられます。同じ旧庄内町でも、市街地と山とでは気温も違うのだなと。曇り空ですが湧水群に広がる原生林やコケは素晴らしく綺麗で、青森の奥入瀬が脳裏をよぎりました。目的地の男池湧水では、静かに音もなく水が湧き上がっています。ぶくぶく、や、ぼこぼこ、じゃあないんですね。スーッと、わずかに泡が水面にぶつかる様子が見えて、確かに、ここが湧水池なのだと。自然本来の神秘さが秘められているようでしたし、さらに耳をすませば、沢のせせらぎと虫の声が聞こえてきました。

  • 湯気が雲に溶けていく。
    湯気が雲に溶けていく。
  • 湯布院のふつうの景色が好き。
    湯布院のふつうの景色が好き。
  • 湯布院はすごい賑わいだ。
    湯布院はすごい賑わいだ。
  • 和傘と。
    和傘と。
  • 風の流れ。
    風の流れ。
  • うっすらと霧だ。
    うっすらと霧だ。
湯布院町ゆふいんちょう(由布市)(3/3)
市町村一周の旅のとき、由布市では湯布院の湯の坪街道を歩きました。日本を代表する観光地のひとつです。ただ、そのとき以来の訪問なので、6年ぶりでした。もう、記憶も薄くなっていたので、再訪してみましょう。懸念していたGW中の駐輪も無事にできてホッとひと安心。湯布院へ向かう道中は霧雨が降っていて、気温も低く手がかじかんでいたのですが、湯の坪街道で早速「手湯」を見つけたときは、ほんとに助かったと思いました。手をじっと温めたのち、街道で友人用へのお土産を買ったりしながら、金鱗湖まで向かって行きます。金鱗湖はうっすら霧がかっているようにも見えて、うれしくなりました。見る方角によって光の入り具合も違って、それだけで湖の印象も違ってみえます。観光地を観光地として、堂々と歩けたことは、ちょっとした贅沢にも感じられました。湯布院ほどの大きな観光地へ訪れる機会は、この旅ではそれほど多くありませんから。

というわけで、今日の散策はここまで。湯布院から九重町に移動して一泊です。由布市では湯布院が特に有名ですが、ほかにもまちがあり、そこにある雄大な自然に出会えてとてもよかったです。
本日のひとこと
移動中、トラックがぼくのカブを追い抜いたあとにハザードをうってくれて、お礼にお辞儀をしたらもう一回ハザードをうってくれて、すごくうれしかったです。

旅を応援してくださる方へ

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

(終わり。次回へ続きます)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me