ふるさとの手帖

市町村一周の旅

上毛町からUターンして、筑豊の福智町へ。【旧市町村一周の旅(福岡県|11月27日―235日目)】

上毛町からUターンして、筑豊の福智町へ。【旧市町村一周の旅(福岡県|11月27日―235日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【74/175】

74/175
42.29%
訪れた旧市町村の数【650/2,094】
650/2094
31.04%
総計【724/2,269】
724/2269
31.90%

スーパーカブの総走行距離
19170km

旧新吉富村→旧大平村→旧方城町→旧金田町→旧赤池町、の5つ。

上毛町からUターンして、筑豊の福智町へ。(2023年11月27日(月)―235日目)

今日は上毛町(こうげまち)を訪れたあとにUターンして、筑豊地域を訪れた。福岡県の旅もまだまだ続く。それでは振り返っていこう。

旧新吉富村(上毛町)

泊まっていた行橋市から上毛町の旧新吉富村を目指す。雲も出ているけれど、おおむね晴れた空だ。東は海側で平野が広がり、西側に山々が連なっている。道中の看板で「大分市まで80キロ」とあり、今からでも行けるなあと思った。

「道の駅しんよしとみ遺跡前」に着くと、5年前の旅でもここに来たことを思い出した。しかも、目の前に「大ノ瀬官衙遺跡」という遺跡があって、ここではほろ苦い思い出がある。当時、少年たちが野球をしていて、それに混ぜてもらえることになり、1打席立たせてもらったら、会心の当たりがピッチャーの子のお腹に直撃したのだった。プラスチックボールなのでケガはなかったけれど、たいへん気まずい時間が流れたんだよなあ。あの子たち、今ごろは中学生かなあ。

もう一箇所、牛頭天王公園に向かうと、高台から見晴らしのいい景色を見渡すことができた。その先は山国川を挟んだ大分県中津市だ。大分県はあとから訪れる予定なので、近くて遠い存在に感じられた。

道の駅しんよしとみ遺跡前にて。

大ノ瀬官衙遺跡。豊前国の頃の、政庁跡。

牛頭天王公園近く。
おお。
牛頭天王公園から。中津市が見える。

旧大平村(上毛町)

次にやって来たのは、同じく上毛町の旧大平村。新吉富よりもゆるやかに木々に囲まれた地形だ。大平の物産店や温泉が並ぶ施設に行くと、大衆演劇の施設があった。ここで大衆演劇が観られるなんてすごいなあ。

大平支所に向かうと、地形の段差に石垣が積まれてあって、そこに家屋が建ち景観をつくりあげていた。

さわやか市や温泉の大平樂。
大衆演劇。
大池の景色が綺麗。

大平の集落。

大平支所。

旧方城町(福智町)

旧大平村から、40キロかけての移動。行橋市からみやこ町を通り、長い上り坂のトンネルを抜けて田川郡の香春町(かわらまち)に入った。法則性のない色んな形の山が広がり、炭鉱の気配が感じられる。旧方城町に入ってからは、伊方古墳や定禅寺を訪れた。道もうねうねしていて坂も多く、進む度に景色がどんどん変化していった。

旧方城町へ。

伊方古墳。弥生時代中期のお墓だそうだ。

坂が多い。
Y字路だ。

定禅寺へ。

藤が有名みたい。

旧金田町(福智町)

次に訪れたのは、旧金田町。福智町役場に着くと、下駄でコツコツと音を立てながら歩いているおばあさんがいて、ビックリマークが飛び出す。いやいや、きっと下駄を履いているのはこの人だけだろう。

金田駅前を訪れると、タイルの色がまちなみに沿って変わって、昔ながらの気配が感じられた。そして、天然温泉の「日王の湯」で温泉に入ることに。それぞれの都道府県で、一度は温泉に入りたいじゃないですか。湯船はまさに、地元のおじいちゃんたちの午後。どっぷりリラックスモードだった。ぼくも体がずいぶん軽くなった。

福智町役場。
合併の記念碑だ。初めて見た。

タイル調の道。

日王の湯へ。温泉って、生きる喜びに直結するよなあ。

旧赤池町(福智町)

最後にやって来たのは、旧赤池町。市街地の一角は昔ながらも整った区画になっていて、まとまりがある。上野(あがの)峡に向かって進むと、上野焼の窯がいくつか点在していて、紅葉の山並みの手前の窯の煙突にはとても雰囲気があった。

そして、白糸ノ滝まで目指して遊歩道を進む。細い山道で誰もいないので少し怖かったけれど、10分ほど歩いて滝まで辿り着いた。雨が少ないので水量も減っていたものの、落差25メートル、二段で流れる姿には風情ありだ。

旧赤池町へ。

上野峡へ。
白糸ノ滝。

雲が広がってきた。

というわけで、今日の散策はここまで。豊前や京築と呼ばれる地域から、筑豊に移動して、まちの雰囲気も大きく変わりました。夜は2日前にお世話になった鞍手町のご家族に、もう一度お世話になっています。地元の昔話もしてもらってすごく面白かった。子供の頃、初めてアスファルトの道路ができたときに、感動してその上で何度もゴロゴロした、とか。

本日のひとこと
夕方、エプロン姿で犬と散歩しているお母さんを見て、日本らしい風景だなあと思った。
 
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me