ふるさとの手帖

市町村一周の旅

舞台は秋田県へ。実りの田園風景を進もう。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月15日―162日目)】

舞台は秋田県へ。実りの田園風景を進もう。【旧市町村一周の旅(秋田県|9月15日―162日目)】

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【59/175】

59/175
33.71%
訪れた旧市町村の数【474/2,093】
474/2093
22.65%
総計【533/2,268】
533/2268
23.50%

スーパーカブの総走行距離
14650km

旧昭和町→旧飯田川町→旧天王町→男鹿市→旧若美町、の5つ。

舞台は秋田県へ。実りの田園風景を進もう。(2023年9月15日(金)―162日目))

昨日、厚真町の苫小牧東港まで進む。道中は土砂降りだったので、港に集まってくるほかのバイク乗りの人たちもとても疲れた様子だ。
 

船は秋田経由で新潟へ向かう便と、直行で敦賀へ向かう便がある。今回は秋田へ向かうので前者だ。港でパソコンを充電できない間、おじさんたちと相撲中継を見るしかなかった。

出港してからは、部屋に電源はあるけれど電波が弱くなる。この日は阪神のアレが決まるかどうかの日だったので、必死にネットをつなごうとするわけだが、試合速報が1分間に一度更新されたらいい方で、映像なんてもちろん流れない。

最後、かろうじてアレが決まったと結果がわかって、でもその瞬間も、胴上げも、もはや圏外になってしまったので、翌朝秋田港に着いてから、マクドナルドで見たのだった。

新日本海フェリー。
雨の苫小牧東港を出発。
翌朝、秋田に着いた。
おおきな船だったのでした。

旧昭和町(潟上市)

秋田県の旅のスタートだ。秋田県では59のまちを巡る。数も多いし、とても広いと心得ている。さらには天気もあまり良くないかもしれないので、落ち着いて様子を見ながら。

最初にやって来たのは旧昭和町。小さな暮らしの時間が流れていた。住宅の目の前にも田園風景が広がっていて、溢れんばかりの稲穂が輝いている。当たり前の風景かもしれないけれど、特別な風景だと思う。

旧昭和町へ。
住宅と田園風景。

文字も見つけた。

美しい実りだ。

大久保駅。
色が良い。

旧飯田川町(潟上市)

旧昭和町から、隣の旧飯田川までとても近かった。数キロといったところ。

飯田川出張所から、まちを歩いてみる。グラウンドでボッチャをしている地元のお年寄りがいて、公共のグランドだと思ったら、小学生たちも一緒に遊んでいる。それで、男の子の小学生がぼくに話しかけてきた。

「お兄さん、何してるの?」

ぎくっ。でも、怪しまれて聞かれたんじゃなくて、単純に怖がっていない普通の聞き方だった。子どもが好奇心で話しかけてくれるときは、たまにある。もちろん警戒心がゼロではないけれど、都会のそれとは全然違う。

「潟上市(かたかみし)を旅してるの」

「違うよ、潟上市(かたがみし)だよ」

ぎくぎくっ。読み方が違うと食い気味に怒られてしまった。

そもそも、お年寄りの方々がボッチャをしていたグラウンドが、どうやら小学校の運動場でもあった。あとでGooglマップでも確認したけれど、そういうことかあ。門もないし、いろいろと境界線がなかった。驚かせてごめんねえ。

「あの人だれ?」

と遠くから聞こえる女の子たちの声を聞きながら、スンとおいとまさせてもらう。

旧飯田川町へ。

まちの地図。

外に神棚だ。

集落の奥に、田園風景が広がる。

旧天王町(潟上市)

秋田市の追分駅からは、男鹿線と奥羽本線にわかれている。それを男鹿方面に進んで行った先が、旧天王町だ。

道の駅てんのうと併設されている天王グリーンランドを歩く。さらにスカイタワーに登ると日本海と田園風景を一望できて、遠くまで景色を眺めることができた。

道の駅では昼食に「稲庭うどん」を。本家は湯沢市だけれど、我慢できずに。細い麺でもコシがあるから、ツルッと喉ごしが良くて堪らない。すんごく美味しかった。讃岐うどんも好きだけれど、稲庭うどんも好きだなあ。

スカイタワー。

道の駅で昼食。
なめこや温泉たまごのぶっかけの掛け合わせ。細くてツヤのある麺と合わさって、天かすの食感も良くて、美味しさで目がひらいた。
鞍掛沼。
スカイタワーの上から。

出戸浜駅の近くにて、本やさん。

男鹿市

男鹿半島をどうやって巡るかは、いくつか定番のルートがあると思う。日本海側の端まで走ったり、なまはげ館を訪れたり。

今回は、寒風山回転展望台に向かってみることにした。草原の先に日本海も八郎潟の調整池も一望できて、とても気持ちの良い風景だ。八郎潟の池の形は自然の姿ではない。大干拓事業によって埋め立てられた土地だ。池の手前に広がる田園風景があった場所は、たった50年ほど前まで湖だったんだよなあ。

男鹿市へ。巨大ななまはげがお出迎え。

迫力満点だ。
緑が美しい。
男鹿市の市街地方面。

日本海の海岸線の円弧がきれい。

 

手前の田園風景も、元々は湖だった。

旧若美町(男鹿市)

最後に訪れたのは、旧若美町。元々の男鹿市と大潟村の間に位置していて、寒風山も見上げることができた。

そして、場所によっては稲刈りがはじまっているなあと思っていたけれど、稲刈りが終わって、その稲がズラリと干されている風景に出会った。杭に稲が等間隔で干されている。杭掛けの風景だ。たしか地域によって呼び方も干し方も違う。宮城県栗原市は「ねじりほんにょ」という干し方に加えて、同じ名前のマスコットキャラクターがいるぐらいで。

旧若美町へ。
干拓、あらためてすごい。
奥には寒風山。

野球場だ。
杭掛けの風景、美しいなあ。


今日の散策はここまで。ここから少しずつ、秋田県を巡って行けるようにがんばりましょう。

本日のひとこと
秋田県も広いですが、北海道よりも移動距離は短く感じられて、気持ち的に助かっています。
(終わり。次回へ続きます)

<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。
写真集の商品ページはこちら

二見書房編集部noteにて連載中です。

二見書房編集部noteのページはこちら
旅についての心境を、週に一度日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

日本加除出版noteにて連載中です。

日本加除出版noteのページはこちら
旧市町村で気になったまちのことについて、月に一度まとめています。本文は『戸籍時報』でも連載中です。

ストレートプレスにて連載中です。

ストレートプレスのページはこちら
トレンドニュースサイトのSTRAIGHT PRESS(ストレートプレス )にて、旧市町村をひとつずつまとめた記事を連載中です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me