ふるさとの手帖

市町村一周の旅

出発は雨上がりの午後に。【旧市町村一周の旅(茨城県・66日目)】

出発は雨上がりの午後に。【旧市町村一周の旅(茨城県・66日目)】
旧麻生町→旧玉造町→旧北浦町→旧大洋村→旧鉾田町→旧旭村、の6つ。
2023.06.11
  • L1001512
  • L1001519
  • L1001515
  • L1001522
  • L1001539
  • L1001542
  • L1001553
  • L1001568
  • L1001584
  • L1001608
  • L1001628

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【44/175】

44/175
25.14%
訪れた旧市町村の数【211/2,091】
211/2091
10.09%
総計【255/2,266】
255/2266
11.25%

スーパーカブの総走行距離
5200km

2023年6月11日(日)(日本一周66日目)

天気予報はいつも、同時に3つ見ている。

バランスを見て、うーん、どんな天気だろうかと考えるわけで、まあまあ当たる。

検討の結果、今日は一日中雨なのだろうと思っていた。

ところが、朝になって。

えっ、午後から止むの?

予報が変わっていた。急に変わるのはやめてくれよぉ、と思わないことはないけれど、まあ、変わりやすい天気だもんなあ。

そうなると、もともと停滞する予定だったのを、予定通り停滞するか、変更して進むか、二択を迫られる。

そして、明日以降のスケジュールをもう一度見直して、午後からできる限り進むことにした。

昨日。

麻生公民館と天王崎公園―旧麻生町(行方市)

行方郡麻生町
2005.09.02玉造町、北浦町と合併。
昼食後に鹿嶋市から出発して約1時間。最初に行方市の旧麻生町にやって来た。
 
まず、やっぱり最初に言いたいのは、「行方」を「なめがた」と読むこと。海外の人に、「どうして行方をなめがたって読むの?」と聞かれても、そうだから、としか答えられる気がしない。
 
富山県の滑川市を、「なめりかわし」と読むのも、埼玉県の滑川町を「なめがわまち」と読むのも、まだギリギリかろうじて読める気がする。
 
しかし、行方(なめがた)の行方(ゆくえ)は其処とも知らず、である。

というわけで、旧麻生町にやって来た。行方に気を取られて、麻生という地名も珍しいことを忘れてはならない。
麻生公民館辺り。
起こしてしまいました。

食事処から4人組のマダムが出てきて、「どうも〜、たのしかったです」とランチの感想を投げかけ合っていた。良いことや。

路面ヨシ!!

安全運転しよう、ってやつ。

よみがえります。
ポニー。良いな。
いつの間にか、稲も成長しているなあ。
天王崎公園に行くと、何やら賑わっていた。

車のプレートナンバーも、大宮、名古屋、豊田、足立…みたいな感じで、遠方から遥々だ。

ボート関連の、趣味の集まりかな?
大会ではなさそうで、おじさん方が談笑しながら、戻ってくるボートを眺めたり、自分のボート? をいじったりしていた。
 
趣味があって、同じ仲間がいると、たのしいでものだ。
 
ガヤガヤ明るくやっているのを見ると、
 
公園で将棋を指してたおじさんとか、朝から太極拳やってたおばさんとか、パラグライダーで「人生変わります」って言ってたおじさんとか、バイクも、自転車も、釣りも、サーフィン好きの人とか、たのしそうにやっていた人たちの背中や表情が浮かぶ。

西蓮寺と道の駅たまつくり―旧玉造町(行方市)

行方郡玉造町
2005.09.02麻生町、北浦町と合併。
合併の2005年までは、「玉造出身です」と言って、
 
「わあ、素敵な温泉街ですね」
 
「いえ、島根の玉造温泉じゃありません」
 
という会話が、きっとあったに違いない。
 
さて、その旧玉造町では、西蓮寺というお寺と、道の駅たまつくりを訪れた。
西蓮寺の駐車場辺りに、いろいろあるようだ。
看板や魚や石焼き芋や、いろいろあった。
「チベットの仏像です」名札をぶらさげいらっしゃる。
お寺は静けさ。
西蓮寺は、イチョウが有名だ。二本あって、どちらも大変立派だった。秋は絶対に素晴らしいと思う。
そして、道の駅へ移動中。玉ねぎが干してあった。

「あっ玉ねぎ干してあるな」と思いながら通り過ぎて、

「あの玉ねぎ、良かったな…でも、玉ねぎを撮る…?」

という葛藤を経て、Uターンして原付を停めて、ただ玉ねぎの写真を撮って、再出発している。

たまね…あ、道の駅たまつくりに着いた。
なかよく、人と自然。
霞ヶ浦大橋。

土浦方面につながる霞ヶ浦大橋。おおきな霞ヶ浦の中でも、地形的にちょっと狭い部分に橋がうまく架かっていて、よく出来ている。

鹿行大橋と北浦体育館―旧北浦町(行方市)

行方郡北浦町
2005.09.02麻生町、玉造町と合併。
次にやってきたのは旧北浦町。行方市の中では唯一、霞ヶ浦に面していない。けれど、一方で名前の通り、「北浦」という湖に大きく接している。
 
ちなみに霞ヶ浦と北浦は、お互いに少し離れているけれど、北浦は霞ヶ浦を構成する一部らしい。「チーム霞ヶ浦」って感じかな。
北浦へ。
向こう側は鉾田市だ。
温泉あるんだ、いいな。今回は我慢。
鹿行大橋。「ろっこう」と読む。
遠くから鹿行大橋。
北浦体育館辺り。
体育館が、格好よかった。
中に入ってみたくなった。

波崎海水浴場―旧大洋村(鉾田市)

鹿島郡大洋村
2005.10.01鉾田町、旭村と合併。
ここから、鹿行大橋を渡って鉾田市にやって来た。
 
ぼくの鉾田市のイメージは、完全にメロンだ。茨城の人も、「メロンと言えば鉾田だよね」と仰っていた。
 
実際、今日いくつか巡ってみて、いろんなところでメロン推しであった。
 
そして、鉾田市は野菜の生産量が日本一になるほどの、野菜王国であることも同時に知った。
 
さて、最初は旧大洋村へ。とっても明るい名前だ。
畑を見ていても美しい。
武道館だ。
中学校。車の位置が良い。
大洋駅へ。
ひらがな表記、キラキラ。

県立鹿島灘海浜公園―旧鉾田町(鉾田市)

鹿島郡大洋村
2005.10.01大洋村、旭村と合併。
次に訪れたのは旧鉾田町。県立鹿島灘海浜公園は、おおきな公園でもあり、道の駅のようでもあり、海も近いといういろんな要素が組み合わさった場所であった。
看板に書かれた「海と森の郷」は、確かにこの一帯をうまく表現している。
バス乗り場にメロンマーク発見。
今日、メロン祭りがあったらしい。間に合わなかった、残念。
鉾田の誇り。カミナリさんだ。
美味しそうだなあーー。

一人で買っても、どうしようもないので、買っていない。

でも実は、龍ケ崎のおうちに滞在しているとき、一回鉾田のメロンをいただいた。

ふふふ、「鉾田のメロンを食べた」という美味しさだけで、十分なだも。

海が見える展望台もある。
ツバメがいっぱい飛んでた。
展望台から。
野菜生産額No.1だ。

サングリーン旭と旭総合支所。―旧旭村(鉾田市)

鹿島郡旭村
2005.10.01鉾田町、大洋村と合併。
そして、最後に訪れたのは、旧旭村。
 
千葉県にも旭市があるし、海の近い場所では「旭」という地名も生まれやすいのかもしれない。
 
直売所と、総合支所辺りを巡ることにしよう。
サングリーン旭。
お手洗いもメロンだ。
おおきなスイカだ。
喋るメロン。
旭総合支所。
 
よく見たら手塗り…?
ヤマト運輸ののぼりにも、メロンだ!

興奮した。だって、初めて見たから。

あさひサンサン音頭。

二番の歌詞にも「メロンの甘さ」ってある。いいなー。

というわけで、今日の散策はここまで。

曇り空も相まって、絶景という絶景に出会ったり、キラキラと映えるような場面には遭遇しなかったかもしれない。

でも、そもそも、旧市町村すべてに、絶景らしい絶景は存在しない。

外から訪れるときは、観光の視点を持ちがちだけれど、観光産業がなくても、成り立っているまちはごまんとある。

だから、外に知られる機会が少なくとも、同じように暮らしがあるというわけである。

たとえ「なにもない」と言っても、そこには、暮らしが「ある」。

本日のひとこと
どこかで、蛍と出会えるといいな。むつかしいかもしれないけれど、今ごろ飛んでいることを想像している。

(次回へ続きます)


<旅を応援してくださる方々へ&関連ページ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旅をはじめる前に、自費出版の写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは旅の活動費として、活用させていただきます。

写真集の商品ページはこちら


二見書房編集部noteにて、「旧市町村日誌」も更新中です。

旅についての心境を、日記形式で書いています。ブログにまとめきれなかったことも残せたらと思います。

noteのページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me