ふるさとの手帖

市町村一周の旅

那須塩原市から那珂川町まで、最後の栃木県の旅。【旧市町村一周の旅(栃木県)】

那須塩原市から那珂川町まで、最後の栃木県の旅。【旧市町村一周の旅(栃木県)】
旧西那須野町→旧塩原町→旧黒磯市→大田原市→旧黒羽町→旧湯津上村→旧小川町→旧馬頭町、の8つ。これで、栃木県も最後です。
2023.05.02

今日までの旅メーター

訪れた政令指定都市の区の数 【10/175】

10/175
5.71%
訪れた旧市町村の数【133/2,091】
133/2091
6.36%
総計【143/2,266】
143/2266
6.31%


2023年5月2日(火)

昨日よりも、キンキンに冷えた朝5時半。栃木県の旅も最後になる。今日は那須塩原市や那珂川町まで、焦らずしっかり進んで行こう。

旧西那須野町(那須塩原市)

那須郡西那須野町
2005.01.01黒磯市、塩原町と合併。

最初に訪れたのは那須塩原市の旧西那須野町。黒磯市、塩原市と合併したまちで、西那須野駅や野木神社を目指した。

新幹線が通るまち。
西には山並み。ここも含めた一帯は那須野ヶ原と言われる。
西那須野駅。

駅の近くと銅像。

乃木神社へ。道中の木々が綺麗。
乃木神社へ。

名前の通り、乃木将軍夫妻を祀る神社だ。近くには別邸があり、この土地で過ごした時間も長いという。

東京だけではなく、栃木にも乃木神社があるのだなあ。
家紋がかっこいい。
次は烏ヶ森公園へ。

朝日がきらきら。
まちなみ。

旧塩原町(那須塩原市)

那須郡塩原町
2005.01.01黒磯市、西那須野町と合併。

今度は旧塩原町へ向かう。山並みのある西の方角を見て、雲も多いし、寒そうだなあと思いながら。まずは竜化の滝を訪れた。

滝への道を15分ほど歩く。
道中の岩の形が特徴的。

滝へ着いた。
高さがあって、モーグルみたいに交互に流れ落ちていく。

今回の旅では滝を見る機会も増えた。出会うごとに似ているようでそれぞれ違っていて、毎回音を聞くと、深呼吸したくなる。

那須塩原市、塩原支所。レンガ調でかっこいい。
温泉街も少し歩いた。
塩原温泉郷は、箒川沿いにできた温泉街なのだなあと。
湧き出る水で、地元の方が水やりをしていた。

塩原は、那須野ヶ原の自然に包まれた土地だ。温泉も泊まってみたいな。

旧黒磯市(那須塩原市)

黒磯市
2005.01.01西那須野町、塩原町と合併。

もう一度塩原から東に進んで、今度は旧黒磯市方面へ。

やっぱり独特な景色だ。
道の駅「明治の森・黒磯」。ちょうど今、建て替え工事を行なっていた。
しかし、自然は健在。駐車場。
木々と、奥に菜の花畑が。
旧青木家那須別邸。かっこいい。
そして、菜の花畑が広がっていた。

黒磯駅近辺を歩く。
黒磯駅。

とても渋い。
建物に惹かれて、和菓子屋の明治屋さん。
温泉まんじゅうをいただいた。
ほんのり甘くてやさしいおまんじゅうだった。

クスリクスリ。

黒磯駅周辺は昔ながらの建物が点在していた。時折通り過ぎる、新幹線のゴォという大きな音とのギャップを感じながら。

大田原市

次は大田原市へ向かう。大田原市は、旧黒羽町と旧湯津上村と、大田原市の3つにまちがわかれていた。

大田原市役所。
隣の鶯谷公園。ちょうど、ウグイスも鳴いていた。

中央通りを抜けて。
道の駅、那須与一の郷へ。

那須与一は、平安時代の後期から鎌倉時代にかけて活躍した武人だ。有名なエピソードは屋島の戦いで、平家の扇の的を射抜いたこと。(平家物語に載っているこの話の信憑性は、完全にはっきりとしているわけではないらしい)

那須与一といちご。

道の駅の裏にある、那須神社。
参道の木々が素晴らしかった。

いろんな神社の参道があるけれど、その中でも自然体な上で整っていて、とても印象深い風景だった。

そばには水田。
国指定名勝とあって、深く頷く。
楼門も風格がある。
赤、緑、青の配色。なかなか見ない。
本殿も素晴らしい。

寛永19年(1642年)の灯籠だそうだ。すごい。

抜群に知名度のある神社ではないかもしれないけれど、ぼくはこの神社をとにかく素晴らしいと思った。

旧黒羽町(大田原市)

那須郡黒羽町
2005.10.01湯津上村と、大田原市へ編入。

次に訪れたのは、旧黒羽町。同じ大田原市とはいえ、先の大田原市の市街地とは違って、山並みに囲まれた景色に変わる。そして、温泉やお寺が有名な場所である。

まちを進む。

シャッターの魚は鮎かな。
水田は風が吹けば波立つ。
黒羽温泉五峰の湯。

昼間だけれど、他県ナンバーの車もたくさん駐車あって、賑わっていた。入りたいなあと思いつつ、ここは我慢。

原風景に感動しながら、雲巌寺へ。
着いたとき、朱色の橋を見て「来たことある!」と思った。

意識していなかったけれど、前回の旅でも雲巌寺に来ていたのであった。だから、4年半ぶりになる。

階段は急だ。

立派なお寺。
中にはピアノも置かれてあった。

旧湯津上村(大田原市)

那須郡湯津上村
2005.10.01黒羽町と、大田原市へ編入。

黒羽町の次は、旧湯津上村を訪れた。今回は下侍塚古墳と、栃木県なかがわ水遊園へ。

那珂川はやっぱりいいなあ。
下侍塚(しもさむらいづか)古墳へ。

考古学発祥の地だそうだ。東京の大森も同じく発祥の地という記載があって、同時期なのかな。
栃木県なかがわ水遊園。

淡水魚水族館の、栃木県なかがわ水遊園。GWということもあって、家族連れで賑わっていた。ぼくも水族館の中へ。

鯉のぼりではなく、「鮎のぼり」だ。那珂川らしさを感じる。
母なる那珂川は、水戸やひたちなかを通って太平洋へ流れ出る。
いろんな川魚と出会った。

なまずかな。
あら。

面白かったのは、鬼怒川水系や渡良瀬遊水地の魚など、今までの栃木県で訪れた地域の魚も見ることができたこと。上から川を眺めることはできても、水中までは見ることができなかったから。栃木県の小さなまとめをしているようであった。

旧小川町(那珂川町)

那須郡小川町
2005.10.01馬頭町と合併。

巡るのはラストは二つ。まずは那珂川町の旧小川町へ。

小川公民館。建物が洒落ている。
タイムカプセル。
空いていなかったけれど、郷土館も。
小川温泉神社へ寄った。

鎮守、温泉神社。
まほろばの湯 湯親館。日帰り温泉で入ることができる。まだ、我慢。

旧馬頭町(那珂川町)

那須郡馬頭町
2005.10.01小川町と合併。

そして、最後は旧馬頭町だ。温泉街や馬頭広重美術館が知られている。その中でも、行きたかった「もうひとつの美術館」へ訪れた。

もうひとつの美術館へ。

アールブリュット、アウトサイダーアートを主なテーマに掲げる日本で最初の美術館。旧小口小学校の校舎を再利用し、2001年に開設された。
今のテーマは花の風。
校舎と、校舎に差し込む光も素晴らしかった。

展示には番号が振られ、手元の資料で名前などを確認できる。

展示は圧倒的であった。相当なインパクトで、完全にくらってしまった。何より、展示作品をつくっている方々の若さに驚いた。ぼくより若い方もいた。年齢に関係なく緻密で熱量に溢れ、生き生きとした力強さがあった。

自分ももっともっと撮ろう。と思った。

そして、最後に観音湯さんへ。

というわけで、旧馬頭町の観音湯さんで日帰り入浴した。ぬるぬるした泉質は美肌効果があるとされ、露天風呂には午後の光が差し込んで、温泉の心地良さと美しさが印象的だった。

那珂川町役場。ここでおしまい。

栃木県、ありがとうございました。

今日の散策はここまで。そして、栃木県の旅もここまで。35ある旧市町村をなんとか無事に、巡ることができた。大きなまち、小さなまち、観光地のまち。それぞれにかつてのまちの姿の名残があった。前回訪れたときよりも数倍、栃木県のことが好きになった。知らない土地にも誰かの暮らしがあり、歴史がつながって、今日がある。


<旅を応援してくださる方々へ>

「どこで暮らしても」の商品ページに飛びます。

今回の旧市町村一周の旅をはじめる前に、自費出版で写真集「どこで暮らしても」を製作しました。東京23区を1200kmほど歩いて巡り、撮影した一冊です。売り上げは今回の旅の活動費として、活用させていただきます。よければ是非、読んでくださるとうれしいです。

写真集の商品ページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me