ふるさとの手帖

市町村一周の旅

雨の初日。【旧市町村一周の旅】

雨の初日。【旧市町村一周の旅】

日記を書こうと決めてはいるものの、どうせ、初日は気合が入って長くなりそうで、ずっと嫌だった。あとで無理がたたって続かなくなるのも嫌だし、結局、たいしたことも書かないのだし。「今どんな気持ちか」にしても、疲れた、ほっとしている、まだまだ先は見えない、どうしてこの旅をはじめたのだろう、とはいえやりますやります‥‥、と感情はどこにも定まらず溢れ出る。だから、何も定まっていない。今唯一はっきりしているのは、雨に濡れて靴下が冷たい、ということである。

12時に止む予報だった雨が、16時まで止まなかった。霧雨のような降り方を見て、これは進んだ方がいいと思ったので、13時半には実家の倉敷から出発した。だが雨脚はめっぽう元気で、初っ端から屋根のあるところで原付を止めて、合羽を着た。止むかもしれないと思って出発したのに、逆だったわけだ。旅の初日はぼくの鬼門なので、とにかく怪我をしたくない一心であった。下りの大きなカーブに差し掛かったとき、後続車が近くて、前回の旅の初日で転倒したシチュエーションとまったく同じだったので、3年前のそのシーンがはっきりよぎった。しかも、今日は雨だし。後続車に会釈をして、白線側ではなく車道の真ん中を、とろとろとゆっくり走った。天に試されている気がした。怪我だけは‥‥。それを越えられたので、すごくほっとした。

港に着いて、船に2回乗る。岡山県玉野市の宇野港から香川県の直島へ。直島からは高松港へ。今、四国へ原付で渡るには2回船に乗る必要があるのだ。そして、船の乗り場はヨーロッパの人々ばかりでたまげた。地元の人の何倍も多いではないか。自分が海外に来たのかと一瞬錯覚するほどの、完全アウェー。日本人は今、せっせと働いているというのに、瀬戸内海では、ヨーロッパからの旅行者がジャパンをたのしんでいるのか。と、せっせと働いていないぼくは多方面に申し訳なくなる。

それでも。直島から高松へ向かう船で、空が一ヶ所だけぽっかりとひらけた。太陽は見えないが、雨の鬱憤を晴らすように光が差し込み、そこを見ていればどんよりした気持ちを忘れさせた。ヨーロッパからやってきた旅行者たちも数人、じっとそれを見ている。彼らは空をどう解釈するのだろう。ぼくは一緒に同じ空を見て、「進んでいいのだな」と解釈した。初心を忘れずに。まずは出発することが大切だったから。

午後からのスタートだったのに、普段の何倍も長く感じる1日だった。明日も船に乗る。午後からは電波がないので、明後日以降更新できたら。無事に関東へ着けるように。

岡山県玉野市の宇野港にて。
船がやって来る。
乗った。

直島へ。
少しだけ直島散策。ヨーロッパの人が雨でもサイクリングをしていた。ガッツがある。
直島町役場。お洒落。

子どもたちも元気。
彼はベルギーから来たと。

直島から高松へ。
ようやく雨も止んだ。
風に負けず。

旅がはじまった。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. たむらはるよ

    安心しました。出発しないと着かないですからね。これからの長い月日をかつおさんを見ながら生活できる幸運に感謝します。

  2. かつおさん、初めまして!
    倉敷生まれ&在住の者です。
    今、ホラン千秋さんのラジオを聴いて検索して読ませてもらいました。
    倉敷出身のかつおさんのご活躍を知り、素直にすごいなぁ!と思いました。
    どうか無事に旅を終えて、帰郷してくださいね。
    倉敷でも写真展をして下さるとうれしいです。
    全国のステキな写真を待っています。

  3. 初めまして!ラジオ聴いてくださったとのこと、とても嬉しいです✨
    はい、少しずつですが、終えられるようにがんばります!ほんとうにありがとうございます。

  4. ありがとうございます。はい、少しずつしっかり、進んでいけたらと思います。ぜひ記事も一緒に追っていただけると嬉しいです。

  5. ラジオを拝聴してとても興味がわきました
    楽しみにしています
    お体と事故にはくれぐれもお気を付けください

  6. ひらおか様
    ラジオを聴いてくださったとのこと、ありがとうございます。はい、安全第一で、進められたらと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me