ふるさとの手帖

市町村一周の旅

香川から徳島へ。そして、長距離フェリー。【旧市町村一周の旅】

香川から徳島へ。そして、長距離フェリー。【旧市町村一周の旅】

2023年4月8日(土)

朝6時、外に出ると想像していたよりも肌寒くて、ダウンを着込んで高松から出発した。太陽はすでに建物を軽々越えたところにいる。気づかないうちに、日の出が相当早くなっていることに驚いた。こっち(高松)は経度の違いで、東京よりも日の出が24分遅いにも関わらず。

香川から徳島へ向かう道中、何度か原付を停めて写真を撮った。黒い瓦の屋根が点在し、休耕中の畑に生えた草と景色が馴染んでいる。それとプリンのような小高い山を見つけると、香川県にいることを実感する。あのこんもりした可愛らしい形は、日本中を探しても少ないのではないだろうか。

想像していたよりも曇り空だったけれど、順調に徳島港へ到着した。受付は高速道路の料金所みたいなゲートで、窓を開けたお兄さんに予約済みだと伝えると、お兄さんはムッとした表情でぼくの名前を聞いた。まもなく「和歌山行きですか?」と聞かれて、フェリー乗り場を間違えたことに気づいたのであった。そうか、徳島からは和歌山行きの船もあるのか。たまに迷い込む人もいるのだろう。お兄さんはやれやれといった表情で、目的地のオーシャン東九フェリーの乗り場を教えてくれた。

オーシャン東九フェリーは、海外にでも行きそうな巨大な船だった。長距離フェリーは確かに大型のイメージがあるが、久しぶりだからか一際大きく感じる。とはいえ今回の「フェリーびざん」に乗るのははじめだ。「東九」の名前の通り、東京と北九州を結んでいる。その間に、徳島を経由するわけだ。このびざんに乗って、約14時間後に東京を目指す。

そして、実は出航前に、知り合いのご家族がお見送りに来てくださった。ぼくが写真館を辞めてすぐの頃に、撮影の依頼をいただいたご家族だった。だから、お会いするのも2年半ぶり。タラップを渡るのを「5分なら」と乗組員の方が許してくださったので、わずかながら話をすることもできた。奥さんと旦那さんは変わらずお元気そうで、お子さんたちは一気に成長していた。ずっと、それぞれの場所で、生きているのだなあ。あたりまえのことかもしれないが、そのあたりまえが、この世界にはあふれている。ご家族は最後までお見送りをしてくださった。

翌朝、東京に着く。

朝6時。高松にて。
徳島へ向かう。
こんもりした山が可愛い。

徳島港へ。
フェリーびざん。
徳島市には「眉山(びざん)」という山がある。

to 東京。ぼくは一番後ろのカブ号。

大きくなったんね〜!
仲良くなったご夫婦。とても素敵だった。うれしいなあ。
行ってきます!
ありがとうございました。四国にも、また帰ってきます。
海は雨の影響なのだろうか?(違うのかもしれない)不思議な色だった。
ようやく日差しが。甲板はスカッとしている。
海を見る。電波のない世界。
ぼくは一番安いドミトリーの部屋。
シーツは先に敷く。あとから敷くと、面倒くさいから。
フェリー飯だ。
船の夕焼け。

それでは明日に備えて、おやすみなさい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me