ふるさとの手帖

市町村一周の旅

朝の池袋から、豊島区の旅へ。【23区駅一周|2022年7月】

朝の池袋から、豊島区の旅へ。【23区駅一周|2022年7月】

今日までの旅メーター

訪れた23区内の駅の数 【435/490】

435/490
78.57%
歩いた距離(目標2,000km)【1089.91/2000】
1089.91/2000
54.50%

青く囲んだ線です。

朝の池袋から、豊島区の旅へ。

池袋、と聞くと、名前の存在が大きすぎて、普段から通勤していたり、通っていれば、気にすることもないと思うのですが、なかなか行くのが怖いという印象がありました。ただ、そんなことばかりを言っていても仕方がないですし、今回は池袋をはじめとした豊島区を中心に、巡りました。それでは、行ってみましょう。

池袋駅

まだ、朝も早くて、人出の少ない池袋駅。やはり全体をぐるっと回ってみようと思った。

西口側にいけふくろう。
不思議な晴れ方。

薄い雲が太陽にかかっていて、それでも晴れていて、不思議な空だった。

Dream Coffeeさん。

アンケートの中におすすめとして書いていただいていた、ドリームコーヒーさん。営業時間に、またお伺いしよう。

立教大学だ。

一度も見たことがなくて、立教大学の前まで歩いた。広々としていて、緑に囲まれていて、圧倒された。

すごいなあ。

そしてまた戻る。

少し離れると、空も広い。

橋を渡って、今度は駅の東口へ。

吸い込まれそうだ。

淡い青空に映えるパルコの建物に、吸い込まれそうであった。

すごい建物だなあ。
池袋駅。

もう少しだけ駅周りを歩いた。

サンシャインシティの方。

人の流れも、サンシャインシティの方角へ動いてるようだった。

そして、そろそろ駅から離れて、次へ。
東池袋駅

次は東池袋駅へ。有楽町線が通っている。

東京福祉大学。
東池袋駅。
四角い雲だった。
豊島区役所。

東池袋辺りにある、豊島区役所。施設内に展望台があるみたいで、訪れてみた。

南東の方角がよく見える。
深い緑は雑司ヶ谷霊園だ。

東池袋四丁目駅

そして、展望台を降りて、次は東池袋四丁目駅へ。

東池袋四丁目駅。

ここにも都電が通っているのだなあと思った。地図でも確認して、向原や大塚とここで繋がっているのかと。

夏の花たち。

では、雑司ヶ谷の方面へ。
都電雑司ヶ谷駅

都電雑司ヶ谷駅のそばには、雑司ヶ谷霊園が佇んでいる。夏目漱石や永井荷風など、著名な方のお墓もある。

霊園の方へ向かって。
霊園では写真を撮らずに、出てきた。

撮りたいと思うか、思わないかは、そのときにも寄るけれど、見てみて、やはり撮らずに歩こうと思って、そのまま霊園を出た。緑に囲まれていて、お墓参りをする人ももちろんいらっしゃった。

晴れてきた。暑い。
都電雑司ヶ谷駅。
区役所が見える。

最後に看板だけ撮った。
何語なんだろう。
鬼子母神前駅

そして、次は鬼子母神前駅へ。その前に、鬼子母神へ参拝に向かう。

鬼子母神、立派な境内で驚いた。
時代が止まっているよう。

境内の左手にある上川口屋さんは、日本で一番古い駄菓子屋と言われている。おばあちゃんから、ビッグカツとタラタラしてんじゃねーよを買った。時代がそのまま止まっているような空間であった。

右手を進むと、鬼子母神に着く。

おすすめしていただいていた、Chachatさん。

アンケートでおすすめとしていただいていた、Chahatさんに入った。かき氷がメニューに合って、非常に厳しい暑さとの戦いだったこともあり、いちばん良いメニューを選んだ。

メロンのかき氷だ!
体が、幸せのまま溶けていく。

かき氷はもちろん、サイドについているメロン本体が、すんごく甘くて、冷たくて、幸せだった。幸せだと思っていたら、かき氷の下から、追加でメロンの実が出てきて、悩殺された。

ごちそうさまでした。

店主の方と、「暑いですねえ」と言い合った。夏である。

ひと休憩を経て、駅前へ。
鬼子母神前駅。
雑司が谷駅

鬼子母神前駅とほぼ同じ場所に、雑司が谷駅がある。こちらは副都心線だ。

雑司が谷駅。

警備員さんもお疲れ様だ。

歩くとどんどんまちが好きになってゆく。
のぞき坂。

まさに、のぞきたくなるような、とっても急勾配な坂。降り切った先には、都電の学習院下駅がある。

雑司が谷、またゆっくり来たい。
早稲田駅(都電)

ここからは、都電の早稲田駅を目指していく。早稲田駅が都電の始発駅だから、あとは戻ろうという計画。雑司ヶ谷の方から早稲田に降りるときには、いくつもの坂があって、台地なのだなあと強く感じた。

一気に坂を降りる。左側ね。

公園にぽつり。

もう一度逆走して、登る。

目白台運動公園に行きたくて、逆走した。

目白台運動公園。テニス、いいなあ。

マッチョな大学生もたくさんいた。体格的にラグビーかアメフトっぽかった。

家族の夏休み。
肥後細川庭園。

無料で入ることのできる庭園。立派に整備されていて、蝉の声をたくさん聞いた。

神田川だ。
早稲田駅(都電)。

「早稲田駅」という名前は2つあって、今回の都電荒川線と、もうひとつは東西線だ。そして、場所がかなり離れているので、別々の駅として訪れている。ふたつの早稲田駅の間に、早稲田大学がある。

早稲田大学近く。
早稲田大学さん。

ひゃ〜〜。

東西線の早稲田駅の方には、次回行こう。

面影橋駅

次は荒川線に沿って、面影橋駅へ。

大きな道のそばも緑が豊かだ。

面影橋駅。
すぐそばに、面影橋がある。名前は諸説あるみたい。
素敵な名前。

学習院下駅

そして、次は学習院下駅へ。

いい景色だなあ。


学習院下駅。
奥にシャツ。

そして、最後に目白の方へ。
目白駅

目白駅は山手線の駅で、南に高田馬場、北に池袋がある。二つの駅とはまるで違う雰囲気があった。

荒川線を見おろす。

目白駅。

目白駅の隣には学習院大学の入口もあって、迫力があった。そして、駅の周辺を巡りながら。

目白庭園へ。

住宅街にひっそり佇む目白庭園。

青と緑。

大きな鯉だった。
素敵な時間。
志むらさん。

先日、ほぼ日の甘味手帳さんで紹介されていて、堪らなかった。今日は定休日。

いろんな発見があった1日。

グーグルマップで、いままでその場所を何度か見たことがあったとしても、それはやっぱりグーグルマップの世界で、その場に立って実際に感じられる印象は、ものすごくリアルで、息遣いがあって、今日もそういうような散策で、歩いてよかったと、思うばかりだった。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me