ふるさとの手帖

市町村一周の旅

今年のはじまりは上野から。【23区駅一周|2022年1月14日】

今年のはじまりは上野から。【23区駅一周|2022年1月14日】

今日までの旅メーター

訪れた23区内の駅の数 【107/490】

107/490
21.84%
歩いた距離(目標2,000km)【307.3/2000】
307.3/2000
15.37%

23区おすすめアンケートを募集しています

主に台東区です。(中央の3つの線の、一番上。)
上野→京成上野→湯島→上野広小路→上野御徒町→御徒町→仲御徒町→新御徒町→稲荷町→入谷→鶯谷→根津、の12駅。

今年のはじまりは上野から。

今年に入ってようやく、旅をはじめられた。できるだけ継続的な旅のためにはどうすればいいか、と対策を練っていた。なんだかSDGsみたいだけど、「行程を無理しない」ということが、今のところの大きなポイントである。

本当にしばらくぶりの再開で、どこからはじめようかと考えたが、上野駅から歩くことにする。ひとつの大きな玄関口だし、いろんな人生の起点になっている気がして。

上野駅
正面の上野駅。

正面ってこんな感じだったんだ。知らなかった。

上野公園付近は鳩がたくさんいる。
水仙。
寛永寺清水観音堂。

寛永寺は東の比叡山と呼ばれている。他のお堂は戦争で焼失してしまった建物が多いけれど、清水観音堂は寛永8年の建立。寛永8年は1631年だから、つまり、もうすぐ400年の歴史が迫っている。すごいよなあ。また、清水とは、京都の清水寺のことである。

京成上野駅

京成上野駅は、上野駅のすぐそば。成田駅まで直通だ。逆に京急は羽田空港に行けるから、「京成」と「京急」って一緒なのかなと思ったら、違う会社だった。電車網は細かい。

京成上野駅。
不忍池辨天堂。

辨天堂は、不忍池の真ん中にある。ここを通ると、上野だなあと感じる。

不忍池の蓮は相変わらず凄い。

不忍池の蓮は、夏は夏、冬は冬で、一種の芸術に近いものを感じる。

ボートたち。部活の集合みたいだ。
ぷかぷか。
おっす。
湯島駅

今度は湯島駅へ。まず目指すは、湯島天神さんだ。

団地と、地上に郵便局。時代と社会。
湯島天神さんって、高い場所にあるんだな。
湯島天満宮。

湯島天満宮は太宰府天満宮に並び、学問の神様として有名だ。菅原道真公が祀られている。訪れるのは、2回目かな。どうか頭が良くなりますように。

近くには時代を残す建物も、いくつか残っている。
湯島駅。
スナックやバーがたくさんあった。

凄い形だ。
上野広小路駅

湯島から、上野広小路の方角へ。ほとんど同じ場所に、上野御徒町駅もある。2つの違いは路線で、上野広小路駅は銀座線、上野御徒町駅は大江戸線だ。

この辺りは初めてだなあ。
お水なお店がたくさんあった。

そして、上野広小路駅。
上野御徒町駅

上野と御徒町の間には、有名なアメ横がある。ただ、すぐ隣にも商店街があって、そちらは上中、つまり、上野中通り商店街。食料品のお店通りというより、衣料品やかばん屋、あとは靴とスポーツ用品がとても多い。どちらも近いので、ぐるっと歩いた。

上野中通り商店街。

アメ横と上中。

戻ってきて、上野御徒町駅。
御徒町駅

似た名前が多いけど、御徒町駅は、JRだ。

御徒町駅前通り商店街。
横からこんにちは。
駅のガード下。
駅前の広場に、シャオシャオ、レイレイ。

御徒町駅で一番広い広場だったけど、『おかちまちパンダ広場』という名前だと知った。日本人は、パンダが好きだなあ。でもぼくも、「駅前のパンダ集合ね」っていう待ち合わせ、いつかやってみたいな。

御徒町駅。
野菜が安い、朝採れの収穫時間が早い、農家さんには頭が上がらない。

御徒町にはショッピングモールもあって、暮らしの便利さも感じられる場所だった。

仲御徒町駅

御徒町シリーズの駅名はつづく。仲御徒町はかつての町名で、そもそも「おかち」って読めないけれど、それは江戸時代の下級武士「御士(かち)」に由来する。

仲御徒町駅。

ほどよく町並みが残っている。

昭和かな。残っていて、いいなあ。

新御徒町駅

今度は仲、から新、へと目指していく。新御徒町駅は大江戸線全通時の2000年に開業した駅だ。ただ、一方で町並みには歴史が残っている。

年中無休でラジオ体操。健康的だ。

佐竹商店街。日本で2番目に古い商店街なんだって。

知らなかったなあ。1番は金沢の商店街らしい。ということは、佐竹商店街は東京では一番古い、ってことだよね。と思いながら。でも、閑散としているわけではなく、とても雰囲気のある商店街だった。アメ横とはまた違う魅力がある。

新御徒町駅。

稲荷町駅

ここでようやく、上野や御徒町の地名を抜けて、次の駅、稲荷町駅へ。

駅が見えてきた。
稲荷町駅。

ちょっとレトロな感じがする。

いつか入ってみたい、寿湯さん。

稲荷町の由来でもある、下谷神社。

かつては下谷稲荷社、と称していたことから、稲荷町と呼ばれていたそうだ。立派な朱色の鳥居をくぐって、参拝した。

お焚き上げがいっぱい。
分かれ目。

入谷駅

次は、入谷駅へ。広い道でも行けますが、1本奥に入ったような道を、進んでいく。

ブワっ。
室外機がいっぱい。

もうすぐ入谷駅。かわいい。
道の境界線。

入谷駅。

入谷では、『グーテ・ルブレ』さんというパン屋さんに立ち寄って、お昼ご飯のパンを買った。

友人オススメの、グーテ・ルブレさん。
カレーパン、クリームパン、そしてごぼうエビ。めっためた美味しかった。
鶯谷駅

あともう少し、入谷から鶯谷へ。

よく分からないけれど、鶯谷、という感じがした。

奥にはラブリーなホテルがたくさんあった。甘い香りさえした。
鶯谷駅。
いろんな路線が、ずらーっと。

懐かしさ。

萩の湯も、今度入りたい。

そして根津に向かう道中、寛永寺に寄った。

寛永寺。

たとえば昔の寛永寺も、現存する神田明神も、鬼門に対して建てられているんだなあと思うと、江戸時代のまちづくりって、徹底してるよなあ。

根津駅

そして今日の最後は、根津駅へ。

言問通り。時折昔の建物が残っている。

手ぬぐいやさんに入ってみた。写真もOK。
トマトのふきんを買いました。

根津神社。

根津神社は実に7年ぶりだ。高2の修学旅行で訪れた以来なのだ。修学旅行? と思うかもしれないが、班別行動においてぼくらだけ、根津や柴又を散策した。他班は当然、渋谷や原宿、秋葉原ばかりだった。根津に行きたいと言い出したのも、柴又の寅さん記念館に行きたいと言い出したのも、全部ぼくの差し金だった。高2のときのぼくは、ませていたのかもしれない。

参拝できて、嬉しかった。

窓からキラキラ。
根津駅。

根津駅の近くに、ワンマン電車があることを知った。
ぽつんと交番。

久しぶりの散策。20kmで結構バテてしまった。上野や御徒町は、知っているようで全然知らない景色をたくさん知った。入谷や鶯谷、根津は、上野や御徒町とは違う雰囲気だったなあ。やっぱり歩いてみると、それぞれに違いがあって面白いものだ。どんな場所にも、その土地の歴史と、暮らしがある。全てをつまびらかに知ることはできないけれど、まずはその場に立って、何かを感じられたらと思う。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 母の実家は佐竹商店街の洋品店でした。今はもう廃業してビルにしてしまいましたが、木造三階建ての縦に細長い店舗県住宅。夏休みに泊まりに行くとそれは暑かったです(笑)
    近所の子達と竹町公園で遊び、お昼は好きなものを買っておいでとお財布を持たされ、商店街のパン屋さんへ。焼きそばパンとコロッケパンが好きでした。
    佐竹という名前は秋田のお殿様のお名前だそうで、そのご縁からか夏祭りには秋田名物の竿燈やなまはげが催されました。なまはげが怖くてお店のショーケースの陰に隠れてやり過ごしたり、ものすごく明るい竿燈を見上げたり、行商のおばちゃんが持ってくる朝もぎとうもろこしを茹でてもらってかぶりついたり。
    私にとってこの界隈は亡き祖父母と昭和の夏の記憶が沢山詰まった思い出の場所です。

  2. よしみ様
    佐竹商店街がお母様のご実家だったのですね。商店街や公園での思い出も、とっても素敵です。秋田のなまはげや竿燈に関する催しが、ここでもあったのですね。そのような日々が詰まっているということを感じながら、是非機会があればまた歩いてみたと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me