ふるさとの手帖

市町村一周の旅

凛太朗くんと歩く練馬区の暮らし。【23区駅一周|2021年11月04日】

凛太朗くんと歩く練馬区の暮らし。【23区駅一周|2021年11月04日】

今日までの旅メーター

訪れた23区内の駅の数 【58/490】

58/490
11.84%
歩いた距離(目標2,000km)【173.6/2000】
173.6/2000
8.68%

23区おすすめアンケートを募集しています

左上にある2本の線のうちの、下です。
光が丘→練馬春日町→平和台→氷川台→豊島園→練馬→桜台→新桜台→江古田→小竹向原の10駅

凛太朗くんと歩く練馬区の暮らし。

どうも、凛太朗くんのファンです。金本凛太朗くんは2つ年下の写真家で、ぼくには撮れない鋭い写真の視点を持っている。故郷が岡山、広島と近いこと、共通の知り合いもいて、仲の良い友だちだ。

というわけで、今日は1日凛太朗くんと練馬区を歩いた。電車を乗り換え、スタートは都営大江戸線の「光が丘駅」から。

少し眠い凛太朗くん。
光が丘駅

電車を乗り換え、光が丘駅へ向かう。「都営大江戸線って、ものすごく遠いんですよね」と凛太朗くんが言ったかと思えば、駅のホームが地下のとても深い場所にあって驚いた。電車内ではサラリーマンが「大博打」と書かれた本を読んでいて、そわそわした。

なぜ、光が丘駅からスタートしたかというと、お互い大きな公園と団地群に、興味があったから。高島平の大規模団地も信じられない規模だったけれど、光が丘も大きな団地群として知られている。

光が丘駅に着いた。
団地群が見えてきた。
写真には到底収まらない。
朝の光。
光が丘公園。太極拳だ。

駅に到着して、「光が丘公園」へ向かった。地図上で見ても、ひときわ存在感を放っている公園。アンケートの中でもおすすめしてもらっていて、ずっと行ってみたかった。朝の光差し込む、素晴らしい時間が流れていた。

スケボーだ。

光が丘公園は、スケボーのできる公園だ。2人の若いお兄さんたちが7時半から滑っていて、ものすごく美しい風景だったから、思い切って話しかけた。

「夜勤明けなんです」

話を聞くと、お二人はなんと夜勤明け。都内でイルミネーションの装飾をしているとのことだった。

「表参道のイルミネーションってあるじゃないですか。あれ、俺らがやってます」

ええ〜!本気でビックリした。

「夜勤明けでそのまま滑って、このあと寝るんです。それで今晩は、池袋のイルミネーションを付けます。あれも俺らなんで、見にきてくださいね!」

めちゃくちゃかっこいいなあ。正直に言えば、もし二人に話しかけなければ、やんちゃで、怖いイメージを持ったままだったと思う。それは良くないことだ。身勝手な先入観だから。ちゃんと話をしてみて、全然そうじゃないことが分かって、胸がギュンギュン響く。僕らが寝ている間に汗を流して、好きなことをやって、スカッと寝て、また汗を流す。誰よりもかっこいい生き方なのに。

気になった人には、断られてもいいからちゃんと話しかけよう。とあらためて思った。この旅の、大事な要素が詰まっている気がする。

飛んでる瞬間を撮らせてもらった。
お兄さんたち、今日も滑ってるのかなあ。
イチョウも見頃だ。

公園を出て、住宅街も歩いてみたけれど、ひとつの大きなコミュニティが、団地というエリアで完成されていた。窓から見える洗濯物の先には、誰かの暮らしがある。どこかから、ヤカンで湯の沸いた音が聞こえてくる。想像しただけでも、人が生きるということは不思議だなあと、何度でも思う。

練馬春日町駅

光が丘公園から、そのまま大江戸線に沿って、練馬春日町駅へ。

小さな公園の光。
バス停の光。
練馬区は畑が多い。すぐ隣は住宅街だったりする。

練馬春日町駅。
駅近く。

缶コーヒーを飲みながら、しかし写真を撮りたい凛太朗くん。
平和台駅

今度は大江戸線から路線を越えて、副都心線、有楽町線の平和台駅へ。

住宅街を進んでいく。
本日終了致しました。
ゴルフ場だ。
ゴルフ未経験(25歳)
平和台駅。

そら。
この前植えたんだなあ。ホーレン草。
お布団干し日和です。
氷川台駅

次はそのまま線路沿いに進んで、氷川台駅へ。

ポスト。
レインボーだ。
ガードレールの隙間。
それなりに歩いたので、カフェ休憩。凛太朗くんは作業を惜しまない。
迫力がある。

駅の近く。
氷川台駅。

側には石神井川。
豊島園駅

今度はもう一度大戸線へ戻っていく。豊島園駅。

普通の住宅街。でもそれがいい。
いとしい人を思いだす。
豊島園に着いた。
草が生えていくと、自然に少しずつかえっている気がする。
豊島園駅。
お昼休憩。珈琲午後さんへ。やさしいピアノ曲が流れている。
ハンバーグカレー。

ハンバーグカレー、熱々でじゅわぁっと、口の中で化学反応が起きて、絶品だった。豊島園は閉まってしまったけれど、近くのお店はこれからも、続いて欲しいなあ。

ちなみに凛太朗くんは、ご飯を食べるのがとても早いと分かった。

練馬四郵便局。
練馬駅

練馬駅には市町村一周のときにも訪れた。3年ぶりの訪問。だけど、感じる印象はまるで違う。だけどだけど、3年前の写真が結構良くて、驚いた。やっぱり写真は経験も大切だけど、たくさん歩いて、写真をしっかり撮るという行為が、何より大切かもしれない。こういう旅であれば、何より。

それはそれは大きな木を見つけた。
商店街。
誰かが今日も生きている。

オールウェイズ、五丁目の朝日。好き。
練馬駅だ。

3年前は、練馬駅を断片的にしか理解できなかったけれど、いまは大江戸線があって、西武線があって、それらが新宿や池袋につながっていて、だから暮らしが広がっていて、ということが、以前より分かる。大した話ではない、でも僕にとっては小さな感動だった。

桜台駅

練馬駅からすぐ近い、桜台駅、新桜台駅と向かう。

桜の碑。
桜台駅。

新桜台駅

新桜台駅は大きな幹線道路、環七沿いに面していた。

新桜台駅。
まち並み。

江古田駅

江古田には撮影で訪れたこともあるし、日大の芸術学部があって、写真学科の学生さんを何人か知っているから、親しみのある町だ。

放課後。

商店街の雰囲気がとても良かった。
江古田駅。

駅前。暮らし。
小竹向原駅

最後にやって来た駅は、小竹向原駅。いろんな路線のハブ的な要素を持っている。静かな住宅街が広がっていた。

ピーポくん、かわいい。

ちいさな神社も、誰かにとっては心の支え。
小竹向原駅。

昔の団地が解体されていた。

誰かが、誰かを支えている。

小竹向原駅でゴールしたあと、家で凛太朗くんと一緒に作業をした。貴重な時間をありがとう。彼とぼくはスタイルが全く違うけれど、学ぶべきことは本当にたくさんあった。彼は自分で見たものを、先入観を持たずに写真にする、信念を持っている。そして凛太朗くんと似ている部分もあった。十字路の分かれ道を選ぶときの基準は、全く同じである。凛太朗くんは言った。

「こっち行っていいですか。光、ありそうなので」

(読んでいただきありがとうございました。次回に続きます。)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 通りすがり

    Twitterから飛んできました。
    約20年前、日芸に通っていて小竹向原と新桜台に住んでいました。東京とはいえ、あのあたりはあまり変わっていないようですね。懐かしい空気を感じました。
    温かい写真をありがとう!

  2. 通りすがり様

    コメントありがとうございます^^日芸に通っていらっしゃったのですね。はい、とても穏やかな時間が流れていました。こちらこそ読んでいただきありがとうございます!

  3. こんにちは。twitterを見て、こちらの記事が更新されるのを待ちわびておりました!
    アンケートで、光が丘公園をお勧めさせていただいた者です。
    いちょうの季節にいらしてくださったんですね。足下は危険(笑)ですが、ほんとうにきれいないちょう並木です。
    かつての私の生活圏、写真を追いながら、道筋が頭の中の地図に浮かぶようで、とても安らぎました。

  4. アンケートで光が丘公園をお勧めさせていただいた者です。公園、行ってくださってありがとうございます。
    しかも、いちょうの季節にいらしてくださったんですね。足下は危険な状態(笑)になっているのですが、写真に撮ってくださったような、ずらーっと続くいちょう並木の風景は、今も脳裏に焼き付いています。
    ちなみに、桜の季節もいいですよ。そこら中に桜の木が植えられているので、光が丘に住んでいた頃には、わざわざお花見に行く人の気持ちがわからないとさえ思っていたくらい、普段のお散歩や買い物・通学で十分に桜を満喫できます。
    東京生まれの東京育ちで、「ふるさと」という言葉にはさほどグッと来たことなどない私ですが、ちょっとしんみりとした気持ちになりました。
    これからも、楽しみにしていますね。お気をつけて。

  5. まぐろさま
    仁科です。コメントいただきありがとうございます。そして光が丘公園をお勧めいただいたのですね!とても素敵な空間でした^^
    はい、イチョウ並木はちょうど見頃で素晴らしかったです。
    桜の季節も素敵とのこと、それぞれの四季で訪れたいですね。
    ふるさとという言葉も、東京にだって本当はあるのかもしれません。

    はい、引き続き頑張りたいと思います!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...
大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

大分県と九州本土最後の旅。国東半島を駆け抜けよう。【旧市町村一周の旅(大分県|5月9日―399日目)】

いよいよ、九州地方の旅も最後になりました。奄美大島と沖縄県が残っているため、完全なラストではありませんが、今回の旅において、九州地方で訪れたまちは400を超えます。ひとつずつ、訪れていった結果なので、こうして旅を進められ...
4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

4年ぶりの再会もあり。宇佐・国東半島の山あいを進みながら。【旧市町村一周の旅(大分県|5月7日―397日目)】

GWの明けた朝、6時半の電車で地元の倉敷市を発ちます。中高生もたくさん乗っていて、みんな朝早くて偉いなあと。その後、9時半には中津駅へ到着し、旅を再開しました。大分県で残っている地域は、およそ国東半島です。今回は宇佐市の...

Follow me