ふるさとの手帖

市町村一周の旅

夜の美観地区日記。

明かりは夜が更けても消えないまま、いつも静かなオレンジ色をしています。

昼間はなかなか歩く時間がない代わりに、夜になって、美観地区へ訪れる機会が増えました。夜というのはいいもので、人はさほどおりませんし、歩いた先の目的地がとくにないわけですから、その日の気分で道を選べるのです。そうしてさまよう先々で、オレンジ色の街灯はいつも変わらずまちを照らしていて、その変わらない色がこの土地を守っているようにさえ感じられます。

ここ最近は雨も多かったですから、美観地区の中心を流れる倉敷川も水かさが増したり、薄暗くても「おや」と思えるほどに茶色く濁っていたり、似ている景色のようでその日の特徴が現れるものだなぁと、旅をしていた時とは違う感覚で景色を感じている気がしています。雨の日でも散歩をしますが、大粒でなければ深緑の柳並木は雨を吸い込むようで、しっかりと耳を済ませなければしとしと、という雨音は大きく聴こえません。
夜という断片的な時間に散歩をしていますが、撮る写真は不思議とあまり同じになりません。いい写真を撮りたい、という気持ちはもちろん持ち合わせていますが、そのためだけに散歩をすると、どこか心に小骨が刺さったようで、またそれをわたしが主張することはおろかでもありますが、おおよそ、その日の心の状態に近い写真が撮れるのではないかな、というのがいまの印象です。


今日の日記は、「そういえばしばらくこの街を歩いたなぁ」と思いまして、とりとめのないことではありますが、観光もしづらい社会情勢ではありますし、そもそも夜の美観地区を歩こうと思えばこの辺りで宿泊するか、そこそこ近くの生活圏でなければ行けないわけですから、そのそこそこの生活圏を利用してそっと残しておけたら、というわけです。

終わりに。
倉敷川には白鳥が2羽いまして、わたしが近寄ると「くわっ」と鳴きながら近づいてきます。おおよそは食べ物をもらえるかもしれない、という理由のためだろうと思っていますが、もちろん餌は与えませんから、数分経つと諦めるようにその場を去っていきます。それでも最近になっていつも通り「よっ」と挨拶をすると近づいてフリフリとお尻をふってくれるようになって、もしかするとわたしのことを覚えてくれたのかもしれません。そうなれば、今まではただ自由で呑気で可愛いと思っていた白鳥にもわたしを認識する感情があるということでして、「なにを考えているのかな」としばらく眺めているうちに、その気づきと同時に、白鳥が少し寂しそうな目をしていることに気づきました。どうして寂しそうだったのかは分かりませんが、白鳥が態度をへんげさせたのではなく、自分と白鳥との関係がほんの少し変わったことで、見えている世界が変わっていました。

白鳥だって、人生はいろいろです。そのことに気づけて、良かったと思います。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私は夜の美観地区マニアです。倉敷出身で岡山市に住んでおります。広大卒でもあります(だいぶ先輩です)。
    ちょっと有名な観光地でありながら、意外なほどに夜が静かで、日が暮れてから散歩すると、何か得した気分になります。
    先日、巣ごもり時間を利用して(電子書籍ですが)写真集を出しました。立ち読みもできますのでよろしければお立ち寄りください。
    https://www.amazon.co.jp/Kurashiki-Nights-%EF%BD%9E%E5%80%89%E6%95%B7%E7%BE%8E%E8%A6%B3%E5%9C%B0%E5%8C%BA%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%EF%BD%9E-%E5%92%8C%E6%9D%9C-ebook/dp/B08BHKYCLJ/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E5%80%89%E6%95%B7%E7%BE%8E%E8%A6%B3%E5%9C%B0%E5%8C%BA&qid=1596703674&sr=8-1

  2. 高村様
    お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません。そしてコメントをいただきありがとうございます。仁科と申します。広島大学の先輩なのですね…!
    美観地区の夜はとても静かですよね、、わたしもこの時間はとても好きです。
    そして写真集を出されていらっしゃるとのこと、ぜひ拝読させていただきます!長年かけてお写真を取られていらっしゃるとのことで、わたしは足下にも及ばない思いです…。貴重なお話をありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me