ふるさとの手帖

市町村一周の旅

「ふるさとの手帖」開設から2年が経ちました。

旅から1ヶ月、瞬き一つで曜日は日々変わっていく。「ご飯はいつだってちゃんと噛んだ方がいい。」とご近所さんに言われたばかりなのに。

「ふるさとの手帖」を開設して今日で2年が経ちました。2018年2月4日「立春」に合わせて開設したのは冬を経て、春の訪れを告げる梅のように、新しい希望に軸足を預けたかったから。

小さなこの手帖が少しでも皆さんのふるさとへ近づけたのであれば、これ以上なく幸せです。本当に、ありがとうございます。

あの時の梅は今年も咲くでしょうし、今年も散るでしょう。


そして僕は、まだ足りないものばかりです。

地に足をつけ、”今年は暖冬だから”と油断していた心と体にもう一度、季節の巡りを染み込ませなければなりません。2020年、立春の今日から寒くなるのは、あれから2年経った今年の「立春」への新しい答えであるような気がするのです。

まだまだ僕の経験は浅く、言葉は薄く、奥行きがありませんから。


はい、ということで一歩ずつ半歩ずつ、これからも前へ進みます。今後ともよろしくお願いします。

2020年2月4日、梅の花。

御堂筋線と、新宿駅の出口を覚えたいなぁ。

かつお|仁科勝介

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Like!! I blog quite often and I genuinely thank you for your information. The article has truly peaked my interest.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

RECENT ARTICLES

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

自分の脚で巡るということ。【旧市町村一周の旅(山口県|光市 - 周防大島町|5月17日―407日目)】

朝、さっぱり爽やかな青空が広がっていて、気持ちのいい出発です。今日は光市から周防大島へ。周防大島は、ぼくが好きな民俗学者・宮本常一のふるさとでもあります。だからといって自分が大きく変わるわけではないかもしれないけれど、惹...
工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

工場群の市街地と、山里の清流と。【旧市町村一周の旅(山口県|周南市 - 光市|5月16日―406日目)】

朝はしっかりと雨が降っていて、いつもよりも遅い10時半に出発しました。まだ、北の空には分厚い雲が見えるし、冷たい西風がちょっと痛い。それでも、雨雲の心配はなさそうなので、進んでいこう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

須佐や田万川から阿東、徳地まで。広い萩市と山口市を巡る。【旧市町村一周の旅(山口県|5月15日―405日目)】

秋の日のような鱗雲が広がる朝、萩ゲストハウスrucoを出発し、萩市から山口市へと進んでいきました。途中は仮眠を取って、体力を回復させながらの散策でした。それでは振り返っていきましょう。今日までの旅メーター訪れた政令指定都...
瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

瀬戸内海が見えてきた。美祢市から山口市の小さなまちへ。【旧市町村一周の旅(山口県|5月13日―403日目)】

昨日の前線が抜けて、朝はまだ曇り空が広がっていましたが、雨の心配はもう無さそう。今日は美祢市から、山陽小野田市や宇部市を通り、山口市へ向かっていきます。午後には晴れてきて、眩しい瀬戸内海にも出合いました。それでは振り返っ...
舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

舞台は山口県へ。下関市に広がる海と里を巡ろう。【旧市町村一周の旅(山口県|5月10日―400日目)】

いよいよ舞台は中国地方の山口県へ。ここから、どのように中国地方を巡っていくか、正直かなり迷っていますが、山口県は一度にすべての旧市町村を巡れたら、と思っています。まずは関門トンネルをくぐり、下関市へ入りました。それでは振...

Follow me